09.07
Fri
暮らしをシンプルにしていくと気づくことが色々。
それまで足し算ばかりしていた暮らしだったことにも気づきます。
あれが足りない、これが足りないと我が家にないことを
残念がるだけでなく、時には不平を漏らしたり・・。
足らないモノを買うことで満足感を得ることもあります。
ただ、捨てる時のことを考えずに手にいれたせいで、
その「モノ」の存在が疎ましくなる時もでてきます。
必要以上に増やした部分もあります。

必要なモノだけに絞っていくと、
少し足らない、不便だなと思ってもよほどのことがない限り、
代用できるものですますこともできます。
でもここで勘違いしてはいけないこと。
自分のお家で必要ないモノと烙印を押したものでも、
よそのお家ではなくてはならないモノがあるということ。
代用できる、しているからそれがシンプルの基準でもなく、
それはただそのお家のスタイルに過ぎない。

色々な価値観があって、家族構成、暮らし方があるので、
必要なモノって違うと思うんです。
例えば、キッチンで使う保存容器だって、
食器で代用できると思う人からすれば無用なモノでしょう。
環境のことを考えラップを使う、使わないとか、
ジッパー付きの袋でほとんど保存するとか、しないとか、
自分が作るもの、暮らし方で必要なモノが違ってきます。
それを選ぶには、選ぶだけの理由がそのお家にあるんですよね。

じぶんの暮らしを見つめなおすのも良いかも。

時には引き算してみるもの良いかもしれないですね。
今まで積み上げてきたもの、それまでの習慣、
使っていたものを一度にやめたりはできなくても、
できること、やってみようかなって思うことをしてみると、
意外に自分のお家のスタイルに合ったりすることも
あるかもしれません。

モノによって癒されたり、心温まる時があります。
でも自分の軸だけしっかりしておけば、モノに頼りすぎて、
モノがあることで安心してしまうことはないような気がします。

P1010618.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 14 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/967-fb49f713
トラックバック
コメント
タイトルにグッときます。そして記事内容にドキッとします。

おうちの整理がいつも中途半端なのは、自分自身の引き算ができてないのかなぁと考えました。足し算はすぐに取り入れちゃうのになぁ。

この記事を読んで、引き算だけでなく(っていうか、それ以前に)、今一度「私なりのおうち方程式」を探したいと思いました。正直、何が自分に心地よいのかが、まだ全体的に、正確に掴めてない状態です。まずは、自分自身を見直すためにも、これからゆっくりと、おうちのことに、つき合っていこうと思いました。

若かりし時は、全然、そんなこと気にもとめなかったのですが・・・年齢を重ねるに連れ、身体と生活全般を再確認して、自分そのものも見直して、これから私なりの快適ライフが送れたらいいなぁ〜と。

ステキな記事を、ありがとうございました。
sammy | 2012.09.07 15:51 | 編集
こんにちは。

自分への戒めも含めてです^^;

私も随分回り道した気がします。それでもやっぱり色々と惑うこと
ありますー。ざっくりとこういう感じで落ち着きながらも、
振り返ってみると、いっぱいムダにしたことがあって。
sammyさんのおっしゃるとおり、「自分なりのおうち方程式」って
あるんですよね、自分のお家と向きあって(嫌なとこも好きなとこも
直視して・・)急ぎすぎ見つけるのは大事ですよね。
人と同じなんてないんですもの、自分と家族が居心地よく暮らすために。

読んでくださってありがとうございます<(_ _)>
ココリン | 2012.09.07 16:34 | 編集
私の親は戦争を知る世代なので、足し算が当たり前の暮らしでした。なぜなら、戦後はいろんなことが不足していたから。

いまはもう、マイナスの部分は埋め尽くされ、過剰なものにまみれているのに、あのときの欠如感から抜けられないようです。
もう、穴埋めなんて要らないのに。

少し話がそれますが
妊婦の痩せすぎが日本で問題になっています。
妊婦の痩せすぎは胎児の栄養失調につながり、そんな胎児は生まれてから、栄養の吸収率が上がりすぎて、肥満や生活習慣病になりやすいから、です。
足りなかったものを埋めようとする生き物の本能が、結果的に健康を損なうので、飢餓状態に近いものはよくないそうです。

ものが豊かな現在、引き算は欠かせないですが、栄養失調の胎児みたいに育つと、もっともっと、と思うのでしょうね。
cocue-cocue | 2012.09.07 17:40 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.09.07 17:42 | 編集
ココリンさん。こんにちは。
記事を読んで、我が家は足し算ばかりの気がしました。そして、考えなく足したものこそ、不要になりやすいんですよね。
我が家にはテレビがないのです。
「え~」ってかなり驚かれます。色々あって、元々あまりテレビを見なかった我が家なのに、地デジ移行の時に思い切って買い換えたんです。録画もできるし、いつでも見られるし、画像はきれい。だけど、今まで子どもに絵本を読んであげていた時間も、家族で話をする時間もうんと減ってしまって・・・。買ったばかりのテレビは今、夫実家倉庫に預けたままです。かなり奮発して買ったのに・・・(涙)
地デジ=買い替え。は当たり前と思いこんで?いました。
元々テレビを見ないので、もっと考えて、
しばらく「テレビなし」生活を試したら、無駄にはならなかったかもしれません。
(買うとしても、うんと安くて小さいものにしたかもしれません)
テレビではなくて、スマホや、テレビが見られる携帯に買い替えでも良かったな。と思います。
(今、スマホなので)
テレビが無いと不便でしょう?と尋ねられますが、我が家の場合は、そうでもないんですよね。
「自分の軸」だけしっかりしておけば・・・いう言葉。ちょっぴり耳が痛いです。(笑)
それが、シンプルに暮らす原点なのかな。と、シンプルを一応目指している私としては、反省です。(笑)
ついつい、足せば良い。と、物に頼ってしまうので、
もう一度、自分の軸を見直したいと思います。
くろくろ | 2012.09.07 18:26 | 編集
こんばんは。

モノのない時代に生きてきた世代とそうでない世代とでは
違うのでしょうね。また生まれた時からモノがあって
ふんだんに色々与えられて育った世代は、
あって当たり前で、もっとあらたなものを求めてしまったということも
あり得るのかなーと思ってもみたりします。

妊婦さんの痩せすぎですか・・。
昔に比べて太り過ぎないようにとお医者様の指導が
あるのかと思っていたのですが、それ以上に太らない人が多いと
いうことなんでしょうか。なんかこの時代で栄養失調って、
「え?」って思ってしまうのですが、そんなことがあるのですね・・。
ココリン | 2012.09.07 21:18 | 編集
こんばんは。

わざわざありがとうございます。
私の方こそお礼にあがらねばなりませんのに・・。
あらためてお伺いさせてくださいね。
<(_ _)>
ココリン | 2012.09.07 21:20 | 編集
くろくろさん、こんばんは。

くろくろさんのお家はテレビがないのですか^^
地デジの時は、もう世の中買い替えしましょうモードでしたものね。
テレビがなくなって、子供さんに絵本を読んであげる時間、
家族との会話が増えて、きっとくろくろさんのお家では、
子供さんもテレビのないことに不平不満がないのでしょう。
なくても十分楽しめることがわかっているのではないかと。
楽しいお家なんだろうなーって。

そう冒頭の「考えなく足したものこそ、不要になりやすい」
うん、そう思います。ただそういう失敗があって気づいて、
次に繋がるのでムダにはなっても無意味じゃないと思います。
ものすごくモノを手にするときに、考えて慎重になりすぎると、
タイミングを逃すこともでてきますけど^^;
それはそれで・・と思うことにしています。
ココリン | 2012.09.07 21:36 | 編集
楽天のマラソンで存分に突っ走っちゃった私には耳に痛いお話でした^^;
いえ、もちろん日用品とか子どもが学校で使う物を中心に買ったのでそれほど不必要な物を追加したわけではないのですが、正直「あのワンピースは余計だったかな~・・・」とか、思わないでもないですw
今ある洋服でも十分着回し出来ていたけれどちょっと欲が出ちゃったかな~・・・と^^;
気を付けているつもりですがダメですね。
「引き算」を常に考えながら!ですね。

あ、下の下の記事に遅レスです。
犬の散歩で朝晩出ていますが、風向きによっては朝は洗い立ての洗濯物の柔軟剤の匂いでくしゃみが止まらなくなり、夕方は各家の換気扇からのお風呂の匂いでくしゃみが止まらなくなることもあります。
シャンプーやリンスの匂いも意外に強烈なんですよ。
でも、きっと芳香剤を使わない我が家はペット臭が非道いんだろうな~・・・と思います。
匂いって各家で違うんですよね。我が家も気を付けないと人を不快にさせちゃうんだろうな~。。。と、心に留めてるつもり・・・なんですが・・・
掃除がままなりません^^;
花喃 | 2012.09.07 21:48 | 編集
本当だね、
その家庭によって必要なものって絶対違うよね。

いらないものが、他人にとっては必要なもの。
必要なものが他人にとっては不要なもの。

自分には何が必要かを探すのが大切だよね。
引き算は・・・できてないわ(汗)

sukemarumon | 2012.09.07 22:10 | 編集
世の中の経済のしくみを考えれば、
ちょっと誘惑にのせられて買うということも必要なのかもしれませんね。(^^)
買い物がストレス発散になっていい具合になる時もあるので、
いつもいつも我慢しても心身ともに悪いですが、
でもちょっと「待った」をかけてみるのも良いのかもしれません。

匂いだけは悪臭が出ない限りどうしようもないですもんねー。
多種多様の香りがあって、好みも様々。
難しいですよね・・。他人は気づいても意外と本人は気づかないってことが
あるかもしれませんし。花喃さんのお家も芳香剤を使わないのですね。
香りでごまかさないので、ペットのニオイがよくわかって、
お風呂にいれてやる、洗ってやるという頃合いがよくわかるのでは?
芳香剤はいい香りがしますが、本当の臭いに気づかない時も
でてくるんじゃないかなーと思います(^^)



ココリン | 2012.09.07 22:38 | 編集
ね、絶対に違うよね。

だからフリマとかリサイクルショップが
成り立つのかなって思っちゃう。

自分にとって本当に要るもの、
でも時々脱線することはあっても、
枠を決めるのもいいかも。

暮らしのスリム化も時にはいいかもよん(*^^*)


ココリン | 2012.09.07 22:43 | 編集
引き算の暮らし、足し算の暮らし・・・
うんうん、と深く頷きながら読みました。
納得・・・
いろんな人間が居ていろんな家族があり、どんな暮らしをしたいかも人それぞれ。
何が正解なのかも人それぞれ。

モノがあふれている義実家に不満がいっぱいあって、なんとかしたい!と夫とともに思って来たけれど
そこで暮らす義母がそれで良し!としているなら私たちには口を挟む予知はない。
義母がなんとかすっきりさせたい!と思っているのならいくらでもお手伝いするけれど^^

私自身は、自分の軸をしっかり持って、モノに頼りすぎること無く、シンプルに丁寧な暮らしをおくりたいです。
奈緒 | 2012.09.08 06:19 | 編集
こんばんは。

色々な暮らし方があるんですけどね~。
それをふまえた上でも、実家の母のモノの多さは、
年を取るとやはりつまづいて怪我とか心配ですし、
モノを探す時間の効率とか、考えると少しずつですが減らしていくことは
必要だった思いました。
奈緒さんのお義母さまの様子、奈緒さんのやきもきされる気持ちも
すごくわかりますよ。そこは義理がはいるとダイレクトに
言えない部分もありますしね。ただ今後ますます年齢がいけば、
モノの出し入れに不便さがあっったり、賞味期限等々のことは助言されても
いいんじゃないかなーとも思うんですけどね^^;
難しいですね。親子といえどもなかなか・・ね。
ココリン | 2012.09.08 21:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top