07.09
Mon
ずっとブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、
我が家は2人暮らしなので、食器もほとんど2客ずつしか揃えていません。
もちろん、食器棚が小さいこともありますが、日々の暮らしで使う食器を
考えるとこのサイズで十分か?とさえ思う今日この頃です。

以前は「大きな食器棚に買い替えしたい」と願っていたこともありました。
もちろんその頃は自分の好みの器でないものがほとんどでした。
いただいたものはそのまま使い、出番の少ないものもありました。
その後、自分の暮らし方を考え、多すぎるモノを処分し、
自分が使いたいと思うモノを必要な数だけに留めるようにしました。

その結果、少ない数でも気に入ったモノを選ぶ本当の意味もわかり、
モノを丁寧に扱う、長く使うことで愛着が持てること、
そして好きなモノが壊れた時に、残念に思う気持ちはあっても、
たくさん使っていることで、潔さもでるということ。

でもお客様をもてなすということで、
十分なセットを持ちあわせているわけでもありません。
ちぐはぐな食器でもてなされるより、揃った食器でもてなされる方が
見た目も美しく統一感があって心地良いかもしれない・・と思いつつ、
まあ我が家で気を遣うような来客があるわけでもなし、と
納得させている部分と余分に置けるスペースもなしと
諦め半分な気持ちも正直言ってありました。

そんななか、とあるブロガーさんがお客様をおもてなしするのに、
来客用は限られた食器なので、お客様の人数がいつもと違い、
ありあわせでテーブルコーディネイトされたことを書かれていました。
とはいえ、とっても素敵なコーディネイトと工夫が施されて、
統一感がないなんてみじんにも感じられず、
センスの良さがなんともいえず、ただただうっとりするばかり。

また交流させていただいてるブロガーさんが、パン教室に
通われていて、そちらの先生宅にお邪魔してすぐ、
冷たい紅茶でおもてなしされ、その時の器がそば猪口だったこと、
そしてそれがとても素敵だったことを書かれていました。
その時の状況がよくわかりませんが、きっと来て下さった生徒さんに
気を遣わせすぎることなく、少し喉を潤してくださいなー、的な、
そんな感じではなかったのではないでしょうか。
普通、紅茶ってカップ&ソーサーでって固定観念があったりしますが、
逆にある意味、とても粋な感じがしました。

専用のものがあってもその場の雰囲気で別なものを使ったり、
洋食器でなきゃだめ、和食器でなきゃだめというような感じで
決めつけるでなく、たとえなくても代用しても素敵な雰囲気を醸し出せる、
そんなふうなコーディネートができればいいな
と思いました。

遅咲きで自分のお気に入りの食器を選ぶようになって、選ぶ楽しみも
あります。でも使いこなす以上にデザイン違いで欲しくなったり、
数を揃えたくなったりで、何かにとり憑かれたように物色したりした時も
ありました。大きな食器棚がなかったことが幸いで、
キャパ以上に増えることもなく、増やすとなるといまひとつ考える時間を
持たなくてはなりません。

やたらと同じようなモノを持つより、あるモノを上手く使う、
そういうセンスを磨きたい
と思いました。

数が揃わなくても工夫すること、自由な発想で使いこなすこと
そういうことを気づかせてくれたような記事でした。

食器の数に拘らず、素敵な器づかいをしたいと思いました。

yamamomo.jpg
余談ですが、やまもも、美味しいのと美味しくないのがあって、
そのままいただくよりジャムの方が良かった気がしました^^;


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



trackback 1
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/900-1dfeb0ba
トラックバック
ずっとブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、我が家は2人暮らしなので、食器もほとんど2客ずつしか揃えていません。もちろん、食器棚が小さいこともありますが...
まとめtyaiました【食器の数に拘らず、素敵な器づかいをしたい。】 | まとめwoネタ速neo | 2012.07.10 12:52
back-to-top