06.07
Thu
キッチンスポンジは色々ジプシーして、びこわこふきんに落ち着いて
1年が過ぎました。
びわこふきんと出会う前に使っていた「迷いがなくなった」と決めた
ふきんタイプのスポンジもありました。
スポンジからふきんタイプで食器を洗うという過程があったから、
びわこふきんに違和感もなく使いこなせたという点では大きい存在でした。

びわこふきんに至る経緯は過去記事にも書いています。
もしご興味のある方はコチラをお読みくださいませ。


キッチンスポンジも使っているとくたびれてくるので、
定期的に買い替えをしますよね。
我が家も夫ちゃんは、アワアワで洗いたい派なので、
(液体石けん洗剤についてはまた後日)
最近では自分でスポンジを選んでおりますが、
この1年でも買い替えしています。

ところが、私のびわこふきんは買い替えしておりません。
右側は、シンク拭き用として使っているもので、シンクを磨いた後こんな
感じで汚れてしまいました^^;

biwako1.jpg

過去記事でもご紹介しましたが、こうしてふきんの煮洗いをすると、

biwako3.jpg

きれいになりますし、タオルの煮洗い同様、
乾くと多少ふっくらした手触りにもなります。

biwako4.jpg

塩素系漂白剤を使うと、煮洗いせずとも真っ白にはなりますが、
生地を傷めます。長持ちはしないと思います。
通常は石けんでゴシゴシと手洗いして、時々煮洗いをしているだけです。

写真は2枚しか写っていませんが、
食器洗い用、テーブル拭き用、シンク拭き用と3枚使用しています。
食器を洗う時は、これに慣れてしまうと、隅々まで洗いやすい。
所詮食べ物の汚れなので、食べ終わったらすぐお茶碗にお水を張る、
油ギトギトのものは、事前に拭きとってぬるま湯で洗うと
ほとんど汚れは落ちます。それでも落ちない時は石けんを使用します。
お鍋を洗う時は汚れ具合によるので、びわこふきんで洗ったり、
たわしを使う時もあります。

びわこふきん、今のところ初期投資だけですんでいますが、水道代、
その他光熱費を考えると、驚くようなお得感がでたわけでもありません。
ただ、水道代が増えてはおらず若干減ったと思います。

洗剤を使わなくても落ちる汚れに、わざわざ洗剤を使うまでもなく、
これはキッチンだけに限らず住まいの汚れもですが、
湯だけ、水だけで落ちるならそれで問題ないと思っています。

なんとなく泡で洗うと、汚れが落ちた感や洗ってます感、安心感が
でるのかもしれません。


全て不使用というわけにはいかないので、石けんは使用しています。
合成洗剤から石けん(液体石けん含む)を使うと必ず、壁にぶちあたります。
それはまた別の機会に・・・・。

吸収力抜群 びわこ ふきん

オススメです(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top