06.05
Tue
トイレ掃除も便器や床などは行き届きやすいけれど、
手洗い部分というのは、汚れという汚れがなさげで、
トイレ掃除のついでに・・・という程度の感覚です。

でも、キッチンのシンク同様水アカは絶対についてくるんですよね。
ただ、キッチンシンクのステンレスと違って、手洗い部分が陶器だと
あまり水アカの汚れが目立ちません。
おまけに、我が家のトイレ、電球色なので黄色っぽい色で、
白色灯のような白っぽい明るさではありません。
なので、手洗い部分の水アカやザラツキが少々ついてもわかりづらい。

蛇口はもちろんですが、蛇口の根元、隅の部分、内側手前の面も、
汚れていないようで汚れているものです。
そして、⇔部分。キッチンシンクでもこういうカドの部分を磨くだけで、
水がサーっと流れて、美しく見えます。
手抜き掃除をしても、こういうところだけでもしっかり押さえて
掃除をするだけで、光って見えるのできれいに見えます^^;

tearai1.jpg
築年数が経ったそっけない、オサレにほど遠いトイレタンクです(笑)

通常のお掃除ではスポンジやウエスでこすり洗いですが、
時々、100均で購入するスポンジの裏に傷がつきにくい研磨剤が
ついたもので磨きます。カットして使っています。

このスポンジは水だけでもきれいになりますが、
重曹をふりかけてこすると、タンクの中の汚れにも効く感じがします。
以前記事にもしましたが、トイレタンクの中、入居した当初に比べれば、
ずいぶんきれいになりました。ここは掃除の限界を感じたところですが、
重曹で掃除をした成果はそれなりにありました。
月1くらい、寝る前に重曹を1カップくらいいれてそのまま放置。
翌朝、普通に使用しても問題ありません。こんなこともしながら、
トイレタンクはそれなりにきれいに保っています。

tearai2.jpg

掃除が終わったら一応水気は拭き取りますが、
そうはいってもトイレですから、使用すれば水滴はついたまま。
だから、水アカも目立たないだけでつきやすいところなのです。
時々、手洗いの陶器をツルツルにしておくだけで、
埃もたまりにくく、汚れもつきにくいと思います。

tearai3.jpg


我が家は過去記事でも書きましたが、トイレの芳香剤は使っていません。
柑橘系のトイレ芳香剤(床に設置タイプ)を置くと、
便座との隙間についた汚れ、縁裏などについた汚れのニオイなど、
目立ちにくい部分の汚れのニオイがわかりづらい気もして・・。

でも、気分転換にお香を置いてみました。
芳香剤と違って、トイレに入ったらプンプン香るということもなく、
かすかな香り程度です。

ちなみにタンクの後ろ側には、クエン酸をカップにいれて置いています。
トイレにはクエン酸が消臭剤になります。

kaori1.jpg

お香をいれている瓶、アップルジュースが入っていました。
Martinelli's アップルジュース
瓶が可愛くてジュースを買ったのですが、昔ほど瓶をためこむことも
なくなりいくつか処分していく中で、残した瓶です。
リンゴ型の瓶に葉っぱの模様が施されています。

kaori2.jpg

マルティネリってこん可愛い文字が書かれていると、
床置きでなく、棚に置こうかなって思ったんですよね・・・。
でも、最近頻繁にある地震を考えると、便器にあたったりすると
トンデモナイことになりそうなので却下しました。 ^^;

kaori3.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top