04.18
Wed
幼い頃からずっと実家の母から「もったいない」を聞かされ育ちました。
そして「モノを大切にしなさい」とも言われた気がします。
祖母も、母もずっと「まだ使えるから」と言いながら、
よほどのことがない限り、捨てずにモノを持ち続けていました。
それはそれでモノが増えて厄介なことになるのですが、
今日はそこは突っ込まずに、スルーして(笑)

祖母や母の育った時代は、今ほどモノがなかった時代。
モノがない時に、家にあるモノを大事に使うことは、ごくごく自然なことで、
親に言われるまでもなく、モノを大切にしていた
のだと思います。

それに比べて、今は次から次へと新しいモノが溢れています。
子供でなくても大人でさえも目移りする状態。
モノが豊富にある時代で、
「モノを大切にする」ということがいかに難しいか。

もっているモノがくたびれたり、壊れたりしたら新しいモノに取り替える。
古くなったから新しいものへ新旧交代。
これはごく当たり前な事ですが、時には傷んでいなくても、好みの変化や
気に入らない、使いにくいといった理由で買い替えることもあります。
また、種類も豊富なので、持っていても別なものを持ちたくなるのも
いたしかたない気がします。

以前の私は、独身時代からほぼ変わらぬ状態で、
自分の持ち物に関してはかなり貪欲でした。
洋服や化粧品などは典型的で、持っていても更にもっと欲しくなり、
買い続けていました。化粧品など消耗品はまだしも、
洋服なんて袖を通さぬままシーズン超えというのがあったりして、
本当に無駄にして大切にしていなかった気がします。

そのことに気づいたなら本当なら、お家にあるモノを使いきったり、
洋服も着倒したりすれば良いのですが、収集がつかない、片付かない、
自分の持ち物、どこにどれだけのモノがあるのかすらわからない。
そんな状態でしたので、まず処分してリセットすることから始めました。
おかげ様で、モノの数を減らしてやりやすくなりました。

そこからスタートできたのかもしれません。
「まだまだ使えるのなら、使いきる」
結局は、祖母や母の言っていた「モノを大切にする」「もったいない」という
精神は同じなのです。でも一つ違うのは、
「もったいない」という理由だけでモノを持ち続けるなら、新たにモノを増やさない。
もう少し人間ができていれば、モノの誘惑に負けずにいられるのですが、
「新しいモノ」にも手が出ます。そんな時は潔く処分。
でもできるだけ、長く大事に使い続けたいと思うモノを選びたい。

そして、もったいないの心は、モノを大切にあつかうことなのかなと・・・。

sakura.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 10 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/813-ed883823
トラックバック
コメント
ココリン様、

書いておられたとおり、貪欲に所有した結果、どこに何があるのか分からなくなったり、探せなくて間に合わせを買い直してみたりして…
いつのまにか、ものを大切にするのと正反対になっていること、ありますよね(ココリンさんの場合は過去形ですね。)

今はものも情報も過剰に流通しているので、うまくせき止めないと、自分の許容範囲を超えて津波のごとく押し寄せてきてしまいます。
母や祖母の時代は、それこそ日照りの土地に降った雨を大事に水がめに貯めるように、ちびちび使ったり、保管できるものなら取っておいたのでしょうが…

周りの環境が大きく変わったのに、従来と同じ行動パターンのままではいけない、ものを大切にする姿勢を保ちつつ
そのためにできることは昔とは異なることを、頭だけでなく身体で理解したい、自戒の念をこめて感じました。

さあ、私も一旦持ち物リセットしなくては…
cocue-cocue | 2012.04.18 13:41 | 編集
片付けする気力も起きないとはまさにこのことです(笑)

時代の変化はあるので自分の家のキャパを考えての
モノ所有は大事ですよね。
ただ、親を見ていると、なんでもかんでももったいないと言い、
あまりに古過ぎて新品であっても黄ばんだ感じがあるタオルなどもあったり。
それはイカンのと違う?って思うんですよ。
cocue-cocue さんがおっしゃるとおり、従来と同じ行動パターンの
ままではいけないですよね。
油断すると、いつでも逆戻りしかねないので
持ち物チェックは事あるごとに(笑)
ココリン | 2012.04.18 14:43 | 編集
ココリンさん、こんにちはぁ(^-^)

もったいないって、いい言葉ですよね(^-^)
使い方によって、あまり言意味に受け取れない事もあるけれど、ものを大切にしようって気持ちの表れのはずですから(^-^)
ものが溢れるほどあって、選ぶことさえ困難なほど、いまの時代は何でも手に入りますね。 だからこそ吟味しないといけないのでしょう。 なかなか出来てないけど~(^-^;)
好きなものを大事に、丁寧に。 ここからスタートしてみようかなぁ。。。
ふぅこ | 2012.04.18 15:38 | 編集
ふぅこさん、こんにちは。

「もったいない」ってなんでも置いちゃう実母のは
なんだかなーって思うんですけど、ふぅこさんのおっしゃるとおり
気持ちの表れですね。
なんでも手にはいる時代だからこそ、モノを吟味してこそですね。
丁寧に扱って大事に使う・・そうありたいと思います(*^^*)
ココリン | 2012.04.18 16:55 | 編集
そうですね。
物だけでなく食べ物にも通ずるものがありますよね。
冷蔵庫いっぱい買い込んでも腐らせてしまったり
賞味期限を切らしてしまったり
整理できていれば防げるかもですね。
持ち物の把握って
大事ですね!

…こうして食べ物を思い浮かべるとこが
食いしん坊なあたしらしいなと
書いて笑っちゃった
ゆるまま | 2012.04.18 18:39 | 編集
食べ物以外のモノでも
賞味期限みたいなのがあれば良いのに・・。
ってふと思っちゃったんですけど(笑)
ないから自分で判断しなきゃなんない~。
持ち物の把握は、大事ですね・・。

ゆるままさんらしいコメント、
ありがとうございます(*^^*)
ココリン | 2012.04.18 21:51 | 編集
私も冷蔵庫を今日、ちょこっとだけお掃除して、
またまた、けっこういろいろな処分品を出してしまったので、自己反省でした。

みえるところに、とりやすいところに、
パンパンにはつめこまずに、
おいしいものを保存
食べたいものを保存
残念だったお味のものは保存ではなく処分

おいしいものはためらわず、残さずたいらげる。
(案外おいしかった瓶づめとか、すこーし残ったまま
冷蔵庫の奥で干からびていることも多い)


なんだか、冷蔵庫にあてはまるものが、クローゼットでも食器棚でもあてはまるような気がしてきたわ~~

でも、春って、
新しいものをふんだんに取り込んで自分をリセットしていきたい季節でもあるのよね~~
そういうエネルギーもある意味、生きていく上では必要なパワーのようなきがするわ~~


おきょうさん | 2012.04.19 00:06 | 編集
冷蔵庫って詰めすぎない方が良いって言いますもんね(^^)
同じなのかもしれませんね。
詰めすぎて奥の方が見えなくなって忘れた存在になるって
ありますよね・・ほどよくスカスカ気味が良いのかも(笑)

今まで処分するのにためらっていたものでも、
この時期、新たなスタートを迎えるぞー!って
気分になっちゃいますもんね。
エネルギーを温存しすぎないようにするのもいい時期かも。
ココリン | 2012.04.19 13:17 | 編集
私も、若かったころは洋服やら雑貨やらに相当使って
部屋中モノで溢れてました(゜Д゜)
でも確かに、そういうことを経てきたからこそ…って
いうのはありますよね^^;

自分の好きなものを知ることや物を選ぶ目を持つことも、
モノを大事に長くつきあうために必要なことですよね。
なかなか…それも難しいですけど^^;

ココリンさんは、お母さまの言葉、ちゃんと心に留めて
暮らしてて感心します^^良い娘さんだわ☆




ORIERIO | 2012.04.22 00:52 | 編集
そうですね。一概にそういったことを無駄とも言い切れず。
気づかせてもらったことってありますよね。
でもずいぶんモノをもったいないことをしたかもしれません^^;

昔と違って直したりすることが逆に割高になったりして、
つい買い替えに走る時代。また買い替えることでエコにつながったり、
「もったいない」といって持ち続けることが1番とも言えないですが、
難しいですよね。

良い娘でしょうか・・(笑)反面教師にしている部分が多々ありますが(uu*)


ココリン | 2012.04.22 11:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top