01.26
Thu
実家に居た頃、洋服でもモノでも数が増えて処分しようかどうか
迷いが生じたりしたら、母が決まっていう言葉がありました。
「捨てようと思えば、いつでも捨てられるから急いで捨てなくても良い」
「置ける場所があるんだから、なにも慌てて捨てる必要がない」と
母はそう言っていました。

でもそういうことは、自分の持ちモノの管理ができる人が言うことだと
思います。母のような人がそんな風に思っていても、絶対に捨てられない!
捨てる時期を逸してしまいます。実際、何十年も持ち続けているのですから。
ただ母は、以前にも書いた通り、整頓はできても整理ができない人。
モノは部屋に散らかることはなく、隙間があらばそこにモノをいれ、
ところ狭しと収納をしているので、本人は片付けられていると勘違いしている。

だから余計厄介なんです。なまじモノが散乱していたらいい加減その汚さに
自分でも気づくでしょうから。いやぁ 実家での私がそうでした(笑)
そんな母にそういうふうに言われると、モノを処分するという学習が
できていません。そりゃそうです。だから捨てられない人でした。

でも「いつでも捨てられるんだから・・」ってもっともらしいことを言っても、
結局は捨てることを先延ばしにしているだけですから!

部屋が片付かない、散らかる原因がモノが収納場所からはみ出ているなら、
それは容量オーバー。数を減らせばそれなりに収まる。
でもそれはただそこに収まっただけで、整理はまた次の課題になりますよね。

モノが多くて処分しようと思ってもなかなかできなければ、
ムリする必要もないとは思います。
でもあきらかに着ない服、使わないモノをためこんで、新たなモノを
買っても収納できない、なんとかしたいと思うなら、
やっぱり処分するしかないと思います。

でもやっぱりそんなに簡単に捨てられないわって思うなら、
モノ置きがあって収納場所に困らなければ、モノを把握してそこに仕舞い、
生活空間をそれなりに確保できればいいんじゃないかと思います。
それもひとつの方法かもしれません。
自分が納得できる方法ですれば良いのではないかと思います。

よく言われる、サイズが合わなくなった洋服が捨てられないのは、
その洋服を着ていた頃の自分が好きだからかもしれません。だから
「痩せたらあの頃のように着られるかも」って淡い期待を抱いてしまう。
痩せたらって思うなら、必死にダイエットして着るくらいの根性がなければ、
ただ「いつか着るかも」ではほぼ着ることはないと思います。
数年経てば痩せても似合わなくなっているかもしれませんし。
今日より若い日はないんですから^^;

「いつでも捨てられるから」って捨てられない人の「いつでも」って
「いつか捨てられるから」じゃないかって思ってしまいます。
 
 「いつか」っていつ? 自問自答してみるといいかもしれませんね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 18 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/730-44cbf396
トラックバック
コメント
>数年経てば痩せても似合わなくなっているかもしれませんし。
今日より若い日はないんですから^^;
いや~ん!さすがココリン様、良いことおっしゃいます!
今年こそダイエットがんばろう!
痩せてみても似合わなかったら潔くお別れできますもの!
痩せないことにははじまらない^^
みるみる02 | 2012.01.26 16:00 | 編集
昔の洋服・・・・
その時の自分が捨てれない・・・
本当にそうかも~
すんごい納得した!!

きっと過去の栄光に(?)すがってるのかもー
そんな服着られへんちゅうーに。
とつっこみつつ・・・

そうそう、もう今より若くなることは
ないんやもんね・・・・(涙)

sukemarumon | 2012.01.26 16:53 | 編集
うーん。自分に置き換えてよーく考えなくては。
収納場所があると、そこに仕舞って、ハイオッケー!っていうのついやりがちです。
いや、いつも「そこに収まるだけ」と思っているのでよく見直したら
実は捨てるべき物が仕舞われているかもしれない。
家の中の整理、一からやり直してみたほうが良さそうです。。。
奈緒 | 2012.01.26 16:57 | 編集
そうなんですよね~。
今日より若い日なんてどなた様もないんですよね。
みるみる02さんのおっしゃるとおり、
痩せてみて似合わなければ潔くさよならできますよね。
なにはともあれやってみてから(*^_^*)
ココリン | 2012.01.26 17:19 | 編集
捨てられないには思い出だったり、訳があるんだよね。
いずれ着るかも・・じゃなく今着ればいいじゃない?
でも着られないってことなんだよね(;´д`)トホホ…

明日は今日より年とってるんだからね~(笑)


ココリン | 2012.01.26 17:21 | 編集
モノを仕舞えるとあたかも片付いた雰囲気に
なるのですが、暮らしているとやっぱり
モノって増えるんですよね。
捨てても良いものでも、結構不要になっていたりするもんです^^;
見直ししてみるのもいいかもしれませんね(*^_^*)
ココリン | 2012.01.26 17:26 | 編集
ココリンさま、

今回も我が母の話?を取り上げて頂き、ありがとうございます。

そう、捨てるのはいつでもできる、よく聞かされました♪なら、今捨ててしまえば良いのに、絶対にそうはしないのです。

書いておられた通り、いつでもできるから、先延ばし~が関の山ですよね。

あと、我が母だけかもしれませんが、意外にも新しいものの方が手放しやすいように見えます。
古いものは執着が強くなるのかどうか…

母の場合は持ち物に対してのみならず、行動様式として先送り、後回しになりがちでもありました。
今できることは、今する。
それがまさに、断捨離でもあり、今をいきることかな、とふと感じました(*^^*)
cocue-cocue | 2012.01.26 17:52 | 編集
初コメントです!(^^)!
ココリンさんに色々と共感するところがあり過去の記事も読ませて頂きました。
私は結構捨てる派です。
一つ増えたら同じアイテムの古くなった物を処分するようにしています。
それから収納場所は増やさないようにしています。
そんな私も食器類の多さに反省してます。
いつか減らさなければ…(~_~;)
fukufuku | 2012.01.26 17:54 | 編集
うちの母は戦中生まれで
あまりに幼いころ貧しかったので、
たぶん捨てるということを知らずに育ったのだと思います。。。
たぶんモノが少ないことが、強烈にみじめなんだろうなあ。。

洋服ならまだしも、空き箱空き瓶まで捨てられないんですから!!
たしかに、いつでも捨てられると思いがちですが、
健康な体があるうちですよね。自分で捨てられるのは!

私は、母にはモノが少ないほうが、けがしにくいよ。。
っていつも伝えるのですが。。今を元気にご機嫌で
生きてほしいモノですよね☆☆!
よゆみみ | 2012.01.26 20:51 | 編集
こんばんは。

cocue-cocueさんのお母様の話しです^^; なんて。

やはり同じ文言を聞かされていましたか。
そうなんですよね・・いつでもできるならすぐに捨てれば良いんですが、
それは絶対にしない・・本当に洗脳され続けてきました(笑)

古いものに執着ですか・・・思い入れが強いのでしょうか。
うちの母は新しくても古くてもかな・・。

どうせするなら今できるなら今する!これが1番なんですよね。
昨日でも明日でもなく「今」優先かな。
ココリン | 2012.01.26 20:58 | 編集
初めまして。

遊びに来て下さった上にコメントまでいただけて、
どうもありがとうございます(*^_^*)
過去記事まで読んでくださるなんてとても嬉しいです♪

fukufukuさんは捨てる派なのですね。
1つ増えたら1つ処分、それが増やさないコツですね。
収納場所が増えたらそのぶんモノも増えがちになりますもんね^^
食器・・・多いですか・・そのうち見直しをぜひ( ̄▽ ̄)

よろしければぜひまたお越しくださいね(^^)



ココリン | 2012.01.26 21:25 | 編集
こんばんは。
そちらは雪で大変ではないでしょうか?

よゆみみさんがおっしゃってるそのとおり。
健康な体があるうちにしか、自分で捨てられない。
まさしく老前整理。
年老いてくると余計モノが少ない方が、
怪我の予防にもなりますよね。
本当にご機嫌さんで生きて欲しいと思いますよね。
(^^)★★
ココリン | 2012.01.26 21:32 | 編集
サイズが合わなくなった洋服が捨てられない理由、
耳がとても痛いです。
洋服はサイズだけではなく、
その時々で流行も変わるわけですから、処分しなくてはならないのですが、
なかなか捨てられない者の一人です。
先日10年前に買った服が捨てられない・・
と話していた友人に別の友人が、
10年着なかった服をいつ着るの~??
と質問していた友人がいて、
ハッと我にかえったところです・・(苦笑)

夕食会前のトイレは満足度80%程度で
(やはりどうしてもカルキが全部落ちませんでした 涙)
今回は間に合わず挫折してしまいましたー。
今夜は和食コース5品でおもてなし予定です。
日本女子を代表し頑張ります(*^_^*)

Apfel | 2012.01.26 23:16 | 編集
と、ガツンと思い、行動できる日と、

明日でもよいことは明日で・・・
と、逃げて自分を甘やかしてしまう日と、

その時の体や心のコンディションなどで、ずいぶんと違います。
うまく波に乗れた日は、ものすごく色々な物を処分できちゃうのだけどね~~
のれない時は、レシート一つ、手にしたまま結局テーブルの引き出しにしまっちゃたりして・・・

いつか、また、考えよう・・・・そう思ったものは90%くらいの確率で、考えたときに処分でよい気がしますね・・。

ここにきて、子供部屋にベットをいれることになり、さまざまな配置換え、模様替えを余儀なくされるので、また、もう一歩ふみこんだ断捨離もどきをしなくてはいけなの・・・。

でも、部屋は極力スッキリ暮らしたいから、頑張って「いつか」の時間軸を「今」に戻して、物と向き合っていこうと思います。経過、ブログで報告してまいりますので、応援してくださいませ~~
おきょうさん | 2012.01.26 23:36 | 編集
ココリンさんのブログに出会って~♪はたと思い立ち、「結構、高かったから・・・」という理由だけで、捨てられなかった、バブル時代の服!!!
これを捨てたら、もう、今!の自分に合ってない、思い出の服なんて、どんどん捨てていく決心がつきました(^▽^)
時々、義母からも、義母が着られなくなった、昔の服をもらう事もあるけれど、もらっても、一度も着ないまま、内緒で処分したのもあります^^;)

っていう事は・・・義母も、私にくれたくらいですから、洋服を処分する気はあるような気がするけど・・・
サイズが合わなくなっても、着心地が悪くても、何故置いておこうとするんでしょうね(+_+) 
義母、若い頃は、34㎏だったそうです。そんな人が、今!70歳をこして、50㎏になったら、もう痩せない!と思うんですけどね^^;)
まず、洋服の整理整頓ができるようになったら、他の事も、できるきっかけには、なると思うんですが・・・
ココリンさん!お母様の説得に成功した、暁には!是非、その方法をご伝授くださいね(^人^) 
おくさまっち | 2012.01.27 09:48 | 編集
Apfelさんのご友人のおっしゃるとおり、
「10年着なかった洋服いつ着るの・・」
まさにそのとおりだと思います^^
着ないなら捨ててまた新たな洋服を手にするほうが
良いと思います。
(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
手放すと新たに手にしやすいこともありますから♪

トイレ掃除満足度80%、良かったですね。して大正解ですね。
和食コース5品・・どんなかすごく気になります^^;
きっと楽しいひとときだったことと思います。
ぜひまたブログでご紹介してくださいね(*^_^*)
ココリン | 2012.01.27 14:04 | 編集
確かにその日の体調などで違ってきますよね。
すぐにできる時とできない時。
今できることは明日でもできるという考え方もアリです。
状況にもよりけりですが、なにが起こるかわからない世の中。
できるときはしてしまう、そう思うことで、
行動しやすいこともあったり(*^_^*)
おきょうさんも仕事をしながら、模様替えと忙しいですね。
ムリせずでもすっきりした暮らしぶり、楽しみにしています。
(^^)
ココリン | 2012.01.27 14:13 | 編集
バブル時代の洋服も、今となっては思い出のものかもしれません。
いざ今着られるか?と問えば、サイズはともかく、
やはり時代を感じてしまって着られないものだと思います。
お義母様からいただいた洋服も同じことなのでしょう。
やはり流行りというのがあるので、着られるものと着られないものが
ありますよね^^;
お家にある洋服をすべて集めて、これどうするの?って
聞いてみるのはいかがでしょうか?(笑)
ココリン | 2012.01.27 14:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top