01.16
Mon
以前、モノへの執着心は親譲りで、そこから脱却するのに時間がかかった事を
書いた時、どのようにシフトしていったか?モノとの向き合い方について、
ご質問をいただきました。
そんなことを考えてみたことがなかったので、すぐにお返事ができなかった
のですが、どうだったのか?を考えてみました。でも本当のところ、
こうだったと言い切れる確かなことはないんです・・・m(_ _)mゴメンナサイ

親の影響というのはものすごく大きく、モノがあることで安心感、満足感が
かなりありました。ただ、モノが多いから部屋が片付かない、だから
モノを捨てて(くどいようですが、ゴミとして捨てるということではなく、
リサイクルも含めてモノを処分、手放すという意味です)ということだけで、
モノを減らしたいと思ったわけでなく、正直なところ、
「これだけモノを持ってどーするの?」
って思ったんです。使わないモノを持ち続けてもデメリットの方が大きく、
見ていると虚しい気持ちさえでてきました。
モノに左右されてころころ好みがかわったりして、自分がブレブレでした。

結果的にモノが少ない方が掃除もラク、片付けもラクとは思います。
でもモノが多くてもきちんと片付けができて、お部屋がきれいな人も
いるので、モノがあることだけが片付かない原因だとは言い切れない。
他人から見れば不要なモノでも、その人にとっては必要なモノだったり。
でもあきらかにモノの持ちすぎでキャパオーバーだよ・・・という場合も。
この話しは横にそれてしまうので、本題にもどります。


一度に全て手放せたというわけではありませんが、
憑き物がとれたという感じなのです。

好きで買ったハズの洋服でも、着倒すことなくくたびれ感のない洋服を
見ていると、いかに愛着がなかったんだなーと感じました。
毎日出勤していた時でも、やっぱりよく着る服とそうでない服があり、
さらに着にくかったり、パッと見で買ったはよいけど着心地が悪く、
出番がなくなった服。サイズが変わった洋服なのに、「そのうち痩せたら」
ってそんな淡い期待を抱きながら持ちづづけていました。
でも、そんな服を見た時に「これからも着るのか?」って思ったら、
「絶対に着ないよね」。
でもそんな洋服でも、値段が高いと余計着なくても手放せなかった。
洋服に支払った代金を考えると、「あぁ、もったいない」でした。
もちろん自分でお直しとかできれば、着たものもあったかもしれません。
でも、本当にそうしてまで着たい服なら、代金を支払ってでも
お直しをしただろうと思いました。
以前の記事にも洋服について書いたことがありますが、
繕ってでも着たい服は着るんです。

そう思うと、自分が着たい、本当に愛着がもてるモノだけを持とう。
そう思いました。それと、「もったいないから今は使わない」ということも
なんて馬鹿げたことだとも思えるようになりました。
「今使わないでいつ使うの?」
母が祖母の遺品を整理した時に、母が祖母に贈ったモノが大切に
仕舞われたいたのを見て「使わないで新品のまま置いて置くなんて・・」
なんてぽつりと言ったことがあったんです。でもその母でさえ、
私が贈ったモノを「なんか使うのがもったいないから」と言って
使っていなかったことがあり、同じ事を繰り返しているじゃないのって
思ったことがありました。
たとえ新品でも年数が経つと、どこか古ぼけて見えます。
せっかくその時代のモノ、旬のモノを使わないでどうするの?
そういう思いがどんどん強くなってきました。

それと、数が多すぎて使い切れなかったということがあります。
かつては、数がたくさんあることが幸せだと感じていたところが
ナキニシモアラズでしたが、モノの数で思ふものでもないことに気づきました。

モノは使ってこそ。もちろん見て楽しむコレクションもありますが、
私は使う、着る、履くためのモノは、最後まできちんと使いたい。
とことん使いたい、着たいと思うようになりました。

モノが多すぎて見えていないことがありました。
モノへの依存が強かったこともあります。
これは手放したいと思いつつなかなかふんぎりがつかないモノは
生活しているとでてきます。右から左へと流れ作業のようにはいきません。
ふんぎりつかないモノがでてきたら、とりあえず別なところににどけて、
時間が少し経ってから見直すと、グジグジしていた自分が
あっさりと手放せる時もきました。

手放せないのはまだその時期じゃないかもって思うのもひとつ。
手放した後のすっきり感を思い巡らせて、バッサリするのもひとつ。
だと思います。でもモノを捨てて後悔したモノは少なからずあっても、
それを引きずることもない。人間って便利にできているなあって
思いました。その時は酷く悔やんでも忘れるようにできている。
目を奪われるモノは次々でてくるのですから(笑)


044.gif

ご質問のお答えになっていないかと思います。
上手く言葉にできず歯がゆい思いもします。
おそらく私の中でモノへの執着が薄れたのかもしれません。
なんとなくそういう時期がきた・・という感じなのです。
本当に的を得たお答えができずごめんなさい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 10 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/719-fa98cafc
トラックバック
コメント
断捨離でのモノを捨てること、わたし勘違いしていたようです。
丁寧にお返事書いて下さってありがとうございます☆

手放す時期ってありますよね~。
今は捨てられなくても、後々になってやっぱり要らないや!と思えたりする。
逆に、やっぱり捨てなくてよかった~私には必要だったわ、なんてことも。
どうしても迷った時には処分しないで保留にしておくのもいいのかも。


奈緒 | 2012.01.16 17:51 | 編集
そう、目を奪われるものは次々と・・・
本当にその通り!
どれだけ物を少なく。といっても
これから生涯何も欲しいと思わずに
何も買わない人なんていないはず。

だからこそ、もう使わないものは
ばっさり切るべきなんですね。
勉強になります!

sukemarumon | 2012.01.16 19:14 | 編集
ココリン様、
こんばんは。「瓜二つ」のcocue-cocueです(笑)。

今回のエントリも、激しくうなづきながら拝読しました。
親の影響があまりにも強くて、特に物不足の時代を経た両親の「物がたくさんあってこそ、豊か」の言動しか知らなかったこともあって、ものをたくさん持っていること自体がいいことなんだ、と信じて疑わなかった気がします。

ココリンさんご指摘の通り、モノを山のように持っていると、回転率が下がるからなかなか痛まない。使えるものは手放さない、と思っていると、皮肉にも長持ちする数多くの品は滞留したまま…
新品があっても、なかなか順番は回ってこない。
そもそも、新品を下ろすこと自体が、もったいなく思えて、ずっと保管しておきたくなる。

そうやって結局、日々使っているものが、本当に気に入っているものとか、最新の性能のものとか、ありがたく頂戴した心のこもったものではない、というのが最大の問題だと思うのですね。

こればかりは、徐々になのか一気になのか分かりませんが、本人が気がついて、どこかに手をつけない限り、ずっとモノまみれ生活(でも充実感がずれている)ままだと思うのです。

断捨離とか、ときめきとか、いろんな考え方というのは結局、何らかの形で刺激するきっかけになるものかな、と私は考えています。

長々とすみません。
思ったことを、綴らせていただきました。
cocue-cocue | 2012.01.16 21:09 | 編集
奈緒さん、断捨離について私も本を読んだことがないので、
私の解釈が違うかもしれません^^;
ただ私も 「断捨離している」と言いながら、
新しいモノと置き換えているのを見聞きすると、
それは違うのでは?と思ったりします。
迷いがあるのを無理する必要はないと思います。
でも、「いつか・・」と思っていたものは、
ほとんどないような気もします。
難しいですね。迷いつつも時には潔く・・^^
ココリン | 2012.01.16 21:47 | 編集
そうなんだよね~。これから先なにも買わないんだったら
増えもしないだろうけれど、そんな人いるわけない。
何も買わないなんてそれこそ、経済的にもどうよ・・って
話しだしね(笑)

使わないものを置いていて肥やしにしても
どーしようもないって思うのよね・・。

ココリン | 2012.01.16 22:03 | 編集
こんばんは。

本当に親の「モノが多いことが豊か」って刷り込まれていたと思います。
そうなんですよね、モノが多ければ多いほど消化しきれない。
そんでもって意外とどうでも良いものが長持ちする・・。
悪循環なのですよね。モノまみれの現状でも何も思わないか思うか。
結局自分で行動を起こさねば、何も変わらないんですよね・・。
そうですね。きっかけになるものかもしれませんね。
きっとそれで「これでは良くない」って気づいたり・・。
またそういうモノ捨てに疑問を投げかける人もいらっしゃるし、
それぞれのやり方でやれば良いと思いますねー(^^)
ココリン | 2012.01.16 22:26 | 編集
こんばんは♪
ちょっと慌ただしくしていて、数日読み逃げしてしまい失礼しました。

モノが多すぎて見えていない事ってありますよね~。
自分の事を振り返ると、若い頃は特にそうだったような・・。
外で働いているときは特に、洋服はとっかえ引っ替え必要ですものね(苦笑)
年齢を重ねるうちに量よりも質にこだわりを持つようになった気がします・・。
Apfel | 2012.01.17 01:02 | 編集
昔話の、物につく、つくも神さんのお話が、子供心にず~と残ってた!
全く、使う事なく、ただしまっておくだけなら、祟るぞ~!
って話なんだけど・・・
うまい事、昔話になったと思います(・∀・)

うん!ほんと、物の数や、服の数が、豊かさの証!みたいな時代を経験し^^;)
まさに、その象徴がバブル期だったわけですけど・・・
その頃から思ったら、今の自分が、こんなに質素になるとは思わなんだ~(^◇^)

でも、全然後悔はないの(^^)その時は!それでよかってん♪
少ない数でも、心が!十分充実するって事を!ココリンさんのブログを通して、日々実感しています(^▽^)b
おくさまっち | 2012.01.17 09:30 | 編集
こんにちは^^

Apfelさんのコメント欄も閉じてらっしゃったので、
お忙しいんじゃないかと思っていました・・。

そうですね、外で働いているといないでは、
状況も違いますよね。それでも無駄買いをしたことが
多々あります(-_-;)
そういう苦い経験も今に役だっているのでしょうか^^
Apfelさんも量より質にこだわりを持たれるようになりましたか・・。
質・・これも一口では難しい部分でもありますね♪

ココリン | 2012.01.17 14:47 | 編集
なんかいい表現がみつからず、
「憑き物がとれた・・」と書いてしまいました^^;
でもスーっと、そんな感じです。

バブル期というのは、どこか狂っていた時代な気がします。
昔のようなモノのない時代で、モノが裕福の象徴とされた時代も
あるし、時代の流れですね・・。
モノがある現代で、シンプルに暮らすことは、
すごくモノ選びが重要になってきますよね・・(*^_^*)
ココリン | 2012.01.17 14:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top