04.13
Tue
先日の夜、うかい亭の、とうふ屋うかいに行ってきました。
うかい亭は、各店舗あって、お肉がメインなお店とお豆腐がメインなお店とあるのですが、
今回はお豆腐のほうで。

私の画像より、こちらのHPを見て頂いた方が、 
美しいと思いますので、ぜひ右記をクリックしてください。→ココ

DSCF1011.jpg

DSCF0981.jpg

DSCF1020.jpg


日本庭園の散策ができるちょっと小粋な風流あるお店です。
各部屋から庭園を眺めながらのお食事は、静かに時間が止まったようです。
色々なお部屋があるのですが、私が行ったのは、掘り炬燵の座敷の個室でした。

この日は「季節限定料理」を頂きました。


まず、胡麻豆腐

DSCF0986.jpg
奈良の高野山の郷土料理の胡麻豆腐より色が、淡い色でクセがなく食べやすい胡麻豆腐です。


次に「あげ炭火焼き」ですが、
油っぽくなくカリっとしてお土産処にある田楽味噌をのせて、みょうがと鰹節にお醤油をかけて頂きました。
お土産で買うつもりだった田楽味噌は早々に売り切れていて残念でした。

DSCF0988.jpg


DSCF0989.jpg



「季節の盛り合わせ」

桜があしらわれていて、季節を感じさせます。
その日は風で、桜の花びらが結構舞い散っていたので、ひとしお桜を愛でながら、

DSCF0990.jpg

鮎の焼き物、こごみの白和え、いくらのお寿司、山菜のおろし
どんな山菜か聞いたはずなのに聞き覚えのない山菜で、忘れちゃいました( ;^^)ヘ..

DSCF0991.jpg
こごみも煮物以外でこうやってあえて頂くのもいいですね。


「湯葉刺身」

yuba.jpg


湯葉って普通のお醤油でいただいたことがなかったので、酢醤油もおいしかったです。
子供の頃は、湯葉は苦手でしたが、大人になってから湯葉のおいしさが
わかるようになりました。



「くみあげとうふ」

DSCF0994.jpg
家で食べるお豆腐とはひと味もふた味もちがって、
何もかけなくても大豆の甘みがあってとってもまろやかなお豆腐でした。



「信田鍋」
大阪の信田という場所からとった名前の鍋だそうで。
油あげとアイナメというお魚とセリがはいっています。
アイナメは白身のお魚でメバルみたいなお魚で淡白なお味です。

DSCF0996.jpg

この後、「きしめん」を入れて、
「じゃこご飯」と「香の物」を頂くのですが、
じゃこご飯も、少し頂いてから、お鍋のおつゆをかけて、
お茶漬けのようにさらっといただくのも二度別なお味を楽しむことができました。

DSCF1001.jpg



最後は、「白玉ぜんざい」

DSCF1003.jpg
ほどよい甘さで、「もう少し食べたい」と思えるくらいがいいのかも。


じっくり2時間でこのコースが味わえるようになっていて、
ほんの少しのような量に思えるのですが、ゆっくり食べるせいか
おなかは満腹で、堪能しました。

うちの夫ちゃんは、すこ~しもの足りない感じでした。
いつもの食べ量からしたら、方言ですが、「さとや(砂糖や)のカド(角)走ったものみたい」と
言った感じでしょうか。
「砂糖屋さんでで少しだけ砂糖を食べた」というような、
物足りなさを表す意味ですが(笑)

でも本当においしゅういただきました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 2 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/70-1568a862
トラックバック
コメント
贅沢なひと時だね~♪
わたし、だんなさんと付き合いだしてからこんな風情あるとこ
行ったことあっただろうか(*¨) ....
何か記念日だったのかな?(うちはたとえ記念日でも何もないけど~)
うらやましい限り♥

あい | 2010.04.13 14:38 | 編集
あいちゃんへ

前に、主人が叔母にステーキの方のお店に
連れて行ってもらったことがあって、
おいしかったと連呼していて、
前から行ってみたかったの~。
でも、行き慣れないから落ち着かなかったわ(笑)
☆ありがと~
ココリン | 2010.04.14 11:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top