12.02
Fri
実家の母は昔から、床にモノが散乱しているということは嫌いで、
私の実家での部屋をみると「足の踏み場もない部屋だ」と言っていました。
過去記事にもふれておりますが、実家での私の自室は埃が少々積もろうが、
気にせず床に本が積み重なっても気にせず・・といった状態でした。
なので、そういう娘の部屋を見るたびに汚い部屋と嘆いていたわけです。

では母の片付けはどうだったのか?と言えば、
確かに洋服やモノがそのまま置きっぱなしということはなく、
押入れや洋服タンスにきちんと収められていました。
爪切りや文具類も私がテーブルに置きっぱなしにしたら、
「元の場所に戻しておいてよ」と必ず言うほどでした。

一見モノがきちんと仕舞われていてきれいな部屋だっと思います。
でも基本モノが捨てられない人なので、よほど壊れてしまった、
割れてしまった、破れてどうしようもない、といった状態でなければ、
使っていなくても、また何かの時に使えるかもという考えを持った人でした。

根本的にそういった考えがあり、たまたま物置や収納するスペースが
あったということも重なって、とりあえず仕舞っていたという感じです。
なのでモノが多いわりには、モノが溢れてそのへんに散らかることは
なかったので、片付いているかのように見えました。

でも過去記事に書いていますが、今も食器棚には必要以上に
食器が仕舞われています。(コチラ
押入れも万事がそんな感じで、モノがギッシリと詰め込まれていました。
なので押入れには新品のタオルが箱入りのまま何年も眠っていたり。
何かの折に箱の中を開けると、年代を感じさせるタオルであったり、
いくら押入れに仕舞っていたとはいえ、日焼けというのでしょうか、
どことなく色が褪せた感じがあったり。
母は、タオルは買うものじゃなく頂きもので十分と思っていたと思います。
私が結婚してからもまだまだ使い切れていませんでした。

いえ、もちろんお家にあるものを使うことは良いのですが、
それも限度があります。子供が小さい時には学校行事やらなにかで
使うこともあると思って置いていたモノでも、子供が成長するとともに
モノを見直ししなければなりませんよね。
それができていないから、処分せずに溜まりっぱなしでした。

なので母はいざ使おうとした時に、モノが多すぎて
「確かあそこに仕舞って置いたはず」と取り出すまでに時間のかかることが
起きるようになったわけです。

整頓はできても、整理ができていない 

そんな親の元で育った私なので、かつての私も捨てられない人でした。
一念発起して自分の暮らしを変えようと、辿りついたのがシンプル生活。
親の遺伝子が受け継がれているので、私も整理が苦手な方です。
親を反面教師にして、役目を果たしていない、必要としていないモノの
処分はしてきたつもりですが、まだまだ使いやすく快適には遠く(笑)
格闘している最中です。気に入ったモノを使いたいという名目のもとで、
逆にモノを増やしている部分があるんじゃないか?と思うことがあったり、
シンプルの解釈の仕方も変わってきたところもあります。
これについては改めて書きたいと思っています。

整理整頓・・言うは易く行なうは難しですね。

ohana-l.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 18 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/686-7708315c
トラックバック
コメント
整理整頓、わけて考えたことなかった~
でも、考えてみても
整理も整頓も苦手ってことにきずいた・・・

それでも結婚してからはましになったほう。
実家のころは部屋を掃除しようっていう
考えすらなかったもん。
あれはなんでだろね?
やっぱり部屋は整理も整頓もされてるのが
1番!!

sukemarumon | 2011.12.02 13:39 | 編集
整頓と整理。
なるほどー、と思いつつ文章を読みました。
うちの母も物が捨てられない人で、どんどん荷物は増える一方です^^;。
昔の人って、ホント物を大切にしていたのかなーとも思いますが、
使えてないと、逆にもったいないですよね。。

↓豆苗くんに花が咲いている!
ココリンさんすごい♪すごい♪
読みながら、「きゃーきゃー」言ってしまいましたよ。
ここまで育てられるとは感動です☆
bee | 2011.12.02 14:27 | 編集
整理整頓。よく耳にし口にする言葉ですが、整理と整頓は別物なんですね。
あまり深く考えたことがなかったです。
自分は出来ているんだろうか、って考えると、うーん 
出来ているつもりでも、自分でも気づいていないところが整理できてないのかもしれません。
年末の大掃除シーズン、改めて家の中を隅々までチェックして整理整頓を頑張ってみようかなと思います♪
奈緒 | 2011.12.02 15:02 | 編集
整理整頓・ってよく言われるよね~。
でも違うんだよね・・。

結婚したら自分がしないと誰もしてくれないしね~、
実家だと最悪(実際してくれるかどうかは別でも)
母親がしてくれるかもしれないっていう思いが
あるんだと思うよ・・きっと^^;
キレイに片付く部屋は気持ちがいいよね^^


ココリン | 2011.12.02 21:48 | 編集
そこそこに片付けられているように見えても
モノが多すぎると使いこなせないですもんね。
モノを大事にする世代なのかもしれませんが、
それがシアワセなのかどうか・・。

豆苗クン、花を咲かせてくれました^^
本当に見捨てなくってよかったです♪
さて次も・・期待してしまいます(笑)
(^_-)-★

ココリン | 2011.12.02 22:10 | 編集
・・だと思います。
小さい頃から学校でも「整理整頓」って言われますもんね。
奈緒さんのお家の様子を思い起こせば、
きちんと片付けられている印象しかありませんよ~^^
でも暮らしていると変化がありますしね、
チェックするのもいつまでもきれいにしておく秘訣かもしれませんね~。
(*^_^*)
お元気ですか?無理をされずにお過ごしくださいね。
ココリン | 2011.12.02 22:16 | 編集
ココリンさんがかつてはモノを捨てられない方であっただなんて、
何だか信じがたいのですが、記事を拝見しなるほどーとも思いました。
「整理整頓」と言葉にしますが、
本当に生理と整頓は異なりますね・・。
私はどちらかというと、
ココリンさんのお母様に近いかもしれません!(苦笑)
| 2011.12.02 22:31 | 編集
そうですね。私の母も(きっとココリンちゃんのお母様よりもっともっと歳なので、余計に捨てられない率高いと思います)そうなので、ココリンちゃんのお気持ちがよくわかります。

この1年、私もゆる~~いながらも、洋服、靴、食器、子供のおもちゃ、電化製品、などなど家に存在するすべてのものについての見直しをしてきました。

あわせて実家にも出向いた時には少しずつ整理してあげてきました。

いきなり雑誌や、ネット上のすばらしいお宅のようにはならないけれど、少しスッキリできた1年だったかな・・・

物がなくなると、家事も楽になりますよね。掃除も洗濯も食器洗いも、しまうのも、簡潔にできるので。

だから、引き続き、母の今まで生きてきた道が傷つかない範囲での「思いやり断捨離」をしてあげていこうかとおもいます。
これは母と、娘の関係でしか、できないお掃除ですよね~

片づけしながら、ほっこり、想い出話でもしながら、たのしく整理整頓できて、老いた母達も助けられるといいですね~~
おきょうさん | 2011.12.02 22:54 | 編集
こんばんは。

そうなんです。捨てられない人でした(苦笑)
狭い我が家をよりいっそう狭くしてました(-_-;)
でもモノを捨てたからといってきちんと整理ができてるか?と
言えばそうでもないところが親譲りです^^;
ムズカシイです・・まだまだこれからです^^
ココリン | 2011.12.02 23:04 | 編集
ココリンさま

まるで私の実家と母を描写されているのかも…と思うエントリに、驚いています!!

そうなんです、余白恐怖症?と言いたくなるくらい、すき間があれば何かを入れないと気がすまないくらいで、引き出しを開けたらびっくり箱のごとく、中身が飛び出してくることも。

当然、使うときになかなか見付からなくて探し物に時間はかかり…

私の場合、母からみると至らない家事はたくさんあると思うのですが、母が疑問視していない、下手すると収納得意とか、始末して暮らしているなどと自信すら抱いているかも~という部分を受け継いでしまって困っていて、何とか抜け出したくてもがいています。

ココリンさんのブログ、いつも励みになります!!
cocue-cocue | 2011.12.03 01:55 | 編集
ココリンさんは私のお掃除の先生です。発見しました!浴室とトイレの換気扇ですが、取説をみてびっくり!なんとカバーが外せるんですね!カバーの縁に指をひっかけ下に引っ張ると、バネが二本ずつあります。二本のバネを外側から片手でぎゅっと握り絞って下に引くと外れます。両手で、夫々のバネをぎゅっと絞って下に引き抜くといいのかもしれませんが、ひとつづつでもOK。バネの入る溝があるんですね。装着する時も、開いているバネを溝の巾にぎゅっと握って押し上げると入ります。)外してびっくり!中にファンがあって、すごい綿ぼこりで羽が見えません。 
歯ブラシで羽のほこりを取りました。お風呂は、しめった黒い塊(きっとカビも)で。カバーも丸洗いできれいになりました。トイレはすごいほこりが舞うので、メガネ・マスク必需です。ぼろぼろ落ちてくるので大きめの洗面器やバケツ等で綿ぼこりを受けます。ご存知でしたらすみません。
とおりすがり | 2011.12.03 10:13 | 編集
「思いやり断捨離」素敵な言葉ですね。
そうですね、母には母の今まで生きてきた道がありますね。
それを自分(私)の価値観で処分してはだめですね。
暮らしやすいようにしてあげたいと思う気持ちが
先走ってもダメですが、残しておいても子供は
喜ばないってことも知っておいて欲しい部分もあります^^;
おきょうさんも、お家のあるものを見なおされて
スッキリできた1年だったのですね。私も行きつ戻りつが
あったりしますがこれからも引き続きチェック機能を
働かせたいと思っています(^^)
ココリン | 2011.12.03 12:40 | 編集
余白恐怖症・・思わず「それ!」と叫んでしまいました。
そうです、隙間があれば何かをいれておかないとって感じです。
そんなにためて使い切れないじゃないのか?って思います。
本人も使い切れないって言ってるくらいです(笑)
始末するということも悪いことではないけれど、
年齢を考えると、始末ばっかりして使いたいものも使わずに
どうするの?って思うことがあるんですよね・・(-_-;)
cocue-cocueさんもお母様を見て、自分が影響を受けていると思われる事が
あるようですね。私も良い部分と悪い部分も含めて影響大アリだと思います。
抜け出したいと必死なところもあります^^;
一緒に頑張りたいです(*^_^*)
ココリン | 2011.12.03 12:58 | 編集
こんにちは。 コメントありがとうございます^^
換気扇のカバーの部分ですね・・。とおりすがりさんのところは
取説があるのですね。
我が家はないのですが、何度か外そうと試みたことがあります。
が、構造がわからず壊しそうな感じがしてやめた経緯がありました。
なので棒で拭いたり、浴室の換気扇は洗ったりする程度なのです。
でも、本当は中の羽根を掃除したいんです。
そういう方法で外すのですね^^ナルホド。φ(..)メモメモ
ありがとうございました!!やってみようと思います。
もしこれからもお気づきのことがありましたが、教えてくだされば
とっても嬉しいです<(_ _)>
ココリン | 2011.12.03 13:03 | 編集
必要なもの!と思い込んでいて
実はいらないものだったり・・・。
まだ気付かないものを今少しずつ探しています。
整理はなかなか難しいですよね。
rionn | 2011.12.03 13:47 | 編集
ありますねー必要なものだという思い込みで
仕舞っておいたら使っていなかったってこと。
今まで必要だったものでも必要なくなっていたり。
時々チェックは必要ですね。
整理をする・・・簡単ではないですねぇ^^;
ココリン | 2011.12.03 16:25 | 編集
ご丁寧にお返事ありがとうございます。写真を拝見するとどうも同じ機種のように思えて、おせっかいにもコメントさせて戴きました。取り外しは思ったより簡単でした。我家取説・・MITSUBISHI VD-10Z4・10ZJ4・VD-10ZSJ4・13Z4・15Z4・15ZP4 の機種対応です。
「3ヶ月に一度はカバーを外して羽の掃除をして下さい」とありました。私は何と10年放置したままでした。ここりんさんの掃除編をお手本に今月より大掃除です!
お風呂の入り口もここりんさんのおかげで、ぴかぴか!本当に気持ちが良いです。感謝!感謝です。
とおりすがり | 2011.12.04 10:12 | 編集
わざわざご丁寧にありがとうございます。
型番を調べてみましたら、廃盤になっていたのですが、
後継商品の取説をDLして見ました。
思わず「お~」と叫んでしまいました!!
我が家も浴室はともかくトイレの換気扇が気になって気になって・・。
外して丸ごと洗えたらどれだけ良いか!
トライしてみたいと思います。
本当に感謝感激でいっぱいです(*^_^*)
ありがとうございました。また今後とも宜しくお願いいたします♪
ココリン | 2011.12.04 14:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top