11.07
Mon
実家でみつけたモノですが、
後生大事に箱に仕舞われた食器がいくつもありました。
中をあけてみると、ウエッジウッドのカップでした。

wedgwood1.jpg

ウエッジウッドのコロラドシリーズです。
すでに廃盤になっているものだと思います。
ふだんに使うのがなんとなくもったいなかったのかどうかわかりませんが、
こんな感じでいくつも、箱に仕舞われていました。

wedgwood2.jpg
 ウエッジウッド(Wedgwood) コロラド


使っていたのかどうか不明ですが、見たところ柄がはげ落ちた箇所も
見当たらずでなんともいえませんが、

wedgwood3.jpg

ああ、もったいない!
使っていないことが、非常にもったいないと思いました。

実家の食器棚にはガラクタのように使われていない食器が山ほど。
そしてこのように使わないで箱にしまったままのものが多数。
ふだんに使うのは景品の食器だったり(笑)景品の食器が悪いというわけ
ではありませんが、せっかくあるのになぜに使わなかったの?

来客用は他にもあって使わなかったのかもしれません。
そして普段に使っていて割れたら揃わなくなるといった思いが
あったかなかったかは定かではありませんが、
普段に使うにはなんだかもったいないって思っていたのかもしれません。
お家でアフタヌーンティーを楽しむような家ではなかったので(笑)
こういった「カップ&ソーサー」イコール来客用という固定観念が
あったようにも思えます。そして更にブランドモノだったからかな?
わかりませんけどね・・。

そんな実家に育った私も、その影響はかなり受けました。
なのでかつての私は決して嫌いではない、むしろ好きで買ったものなのに、
めったに使わない、着ないものがありました。

お家に居るだけやちょっと近くのお買い物に行くのに、
この服もったいないな~って大事にしすぎて袖を通す頃には、
ちょっと時代遅れになりすぎたモノものもありました。

なのでそれをやめて、着心地の良い服はいつも着たいと思うこと。
これに気づいてからどんどん着るようになりました。
もちろんなんでもかんでもということではありませんが。

食器に対しても、もし結婚当初から自分の好みの食器があって、
ちょっと奮発して買ったお気に入りの食器があれば、
大事にして普段には登場させなかったかもしれません(笑)

でも今は、まあ我が家の狭さもありますが、
高い、安いにかかわらず使いたいものはどんどん使う。
大事にしすぎて古いだけがとりえにならないように。

ずっと昔、亡くなった祖母の家を片付けに行った母が
「使わずじまいでもったいない」と祖母のしまい込んだものを見て、
そう言ったのに、母も同じようなことをしています。
再三私は「生きているうちに使いよ~」と言っていますが、
口では「わかっている、持って死なれへん」と言います。
だいぶわかってきたようですが、それでもまだまだ。

故人のモノを家族が片付ける時に、箱にはいったままの食器やモノを
片付けるということが、片付ける身にとってどれほど虚しいことか。
使っていたんだなあと感じてもらえる方が絶対にイイと思うのです。

使わないなら手放せば良いのですが、それもできないから、
こうして残ったままになるのですよね。
存在さえ忘れていたかもしれませんが、この食器に愛着があるとは
到底思えません。完全に執着ですね。

あくまでもモノは、モノ。
それにとらわれることなく、好みでないなら手放す潔さを持つか、
使いたおしてやろう、ぐらいの勢いで使った方が良いと思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 12 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/663-4206d363
トラックバック
コメント
なんとまあ、もったいない!!
ウェッジウッド大スキー!!
大事な食器は使うべし!!せっかくだから!
もしくは大事にとっとくなら、きちんと
普段から眺めれる場所に飾るべし!
食器好きなのでつい力がはいった(笑)

とはいえ、どーでもいい食器のほうが
ごちゃごちゃな我が家・・・・(反省)

う~ん、整理しないとなぁ。
捨てるのも思い切りがいるよね・・・・(汗)

sukemarumon | 2011.11.07 13:20 | 編集
素敵な食器!!!使ってないなんてもったいない!!
と言いつつ、我が家 カップ&ソーサーはここ何ヶ月も使ってません。
お客様が来ても、マグカップで出しちゃうし(笑)
食器棚の最上段に置いてありますが、高くて脚立なしでは取り出せないし
そんなにかしこまったお客様の訪問もないので使わずじまい。
でも、例えば家庭訪問で学校の先生とかがいらしたら使うかも?なんて思って
処分は出来ずにいます。
せっかくあるんだから使わなきゃもったいないですよね。

主人の実家も1人なのに、相当な数の食器があふれかえっています。
私たちが遊びに行っても使う食器はいつも限られてる。
でもやっぱり処分するって出来ないみたいです。
モノはモノ。使わないともったいない。
ほんとにそうですね。
我が家も考え直さないといけない事柄がまだまだあるなあと感じました。
奈緒 | 2011.11.07 13:58 | 編集
ココリンさん!こんにちは~(^0^)
ああ~~~(;´Д`) 私も、もったいない!と思います!
せっかくの、いい食器!使わないなんて、食器も可哀相。。。

前に、義母の物を片付ける機会があった事を言いましたね^^;)その時に!!!
箱にしまってあった、食器という!食器!全部出して、(またしまい込んでしまわないように!)箱も捨てたった~!
という、鬼嫁!
今・・・考えたら・・・よくそんな事、当時はできたものだと思います^^;)
それから、「また片付けて!」とお声がかからない所をみれば・・・義母としては、迷惑だったのでしょう。。。

でも、ほんと!どんなに高級であろう物でも、使わずにしまって置くだけなら、ゴミと同じだと思うんです。
そんな執着捨ててしまえ~ヽ(`Д´)ノって思うんだけど・・・なかなか、物のない時代を生きてきた世代の方には、それが辛い選択なのかしら?!とも思ってみたり。。。

なかなかね^^;)人の意識を変えるのは難しいから・・・
せめて!自分だけは、あんまり執着のない暮らしをしていこうと思っています(^^)
おくさまっち | 2011.11.07 13:58 | 編集
もったいないでしょw
箱なんかに仕舞っていたら眺めるどころか、
忘れる元だよね~。
sukemarumonさん、食器好きなんだね~。
気迫が伝わってくるわ~^^

うんうん、捨てるのには思い切りがいるよね~。
捨てる前にどけておくのも一つの手かも。
(*^_^*)★
ココリン | 2011.11.07 16:46 | 編集
ありがとございます・・ほんと使わないとって思いますよ・・。
実家の食器の多さもさることながら、
箱にしまったままというのはいけませんね(-_-;)

丁寧にお茶をいれていただくのも良いかもしれませんよ♪

奈緒さんのお義母さまもお1人だと、使う食器は限られて
くるんですね。ほんとどこもそうかも^^;
この食器だって、もし見つけられなかったら、
きっと処分する時までそのままだったかもしれません。
やっぱり使ってやらねばと思いましたよ~。
使ってこわれる方が良いですもんね(*^_^*)



ココリン | 2011.11.07 16:53 | 編集
こんばんは。

でしょでしょ・・もったいないでしょ・。

そうでしたねお義母様もたくさん抱え込んでましたね。
いやほんと、箱にしまったままというのがイカンのですよね。
目にしないからよけいにためこんでしまう(-_-;)
やっぱり世代的に捨てるというか手放すことがもったいなく
感じられるのかもしれませんね・・。
でもねこれ、絶対に後々、家族が困るんですよね。
ほどほどにモノを持つのが良いんじゃあないかと(*^_^*)
ココリン | 2011.11.07 17:03 | 編集
私の実家もまったく同じですよ。

頂き物のウェッジウッドのティーセット、大事にしまいこんでいて、阪神大震災で木っ端微塵になりました。
「形のあるものはもう集めない」と、不思議な方向に発想が向かった挙句、母が愛用するのは従来の「お酒屋さんやパン屋さんにもらった景品」に加えて、100円ショップの頑丈なお皿ばかりです。

食器に限らず、アクセサリーもまったく同じ。
出掛けに「あのパールのネックレスを出さなきゃ」などとやっていると、「出すの大変だから、別に今日は良いじゃない」というんですね。
何でもかんでもしまいこむから、いざというときに取り出せない、使えない。
じゃあ何のために持っているんだか…

あの「持っているだけで満足」という発想は、物不足時代を経た世代ならではなのでしょうかね?

私が断捨離やらお片づけやらに取り組んで「今日はこんなにたくさんの○○が出てきたから、処分したよ」なんて報告すると、すごく嫌そうな口調で返すんですよ。
「そうやって、いるものだけにして、要らないものは捨ててしまえば良いじゃないの」って。
それの何が間違ってるの?快適なのに?
非難がましく言われて、こちらがいや~な気持ちになってしまうのはですが、これはうちだけでしょうか?

「使いたおす」素敵な言葉です!座右の銘にしようかな(^^)
cocue-cocue | 2011.11.07 17:20 | 編集
しばらくご無沙汰してしまいました。
昨夜(日本時間深夜)無事にスイスに戻りました(*^_^*)

とても素敵なウエッジウッドのカップですね~♪
よいものはなかなか手放せませんが、
大切にしまっていると使う機会を逃してしまいがちですよね!

我が家では特別なお客様がいらした時に使用したいと和食器などもそうなのですが、
そうそう特別なお客さまもみえないので、食器棚の中に眠ったままです(苦笑)
勇気を持って普段使いに使用してあげると、食器達も嬉しいのかもしれませんね。

Apfel | 2011.11.07 18:12 | 編集
cocue-cocueさんと同じですよ。
まずもったいないが先にきちゃうんですね、きっと。
だからいくら自分が使っていなくても、使えるものを
処分するとなると、すごくこちらが悪いことをしているかのように
言われちゃう^^;
しまいすぎてしまった場所が思い出せず、「今日はまあいいか」って
実家の母も言ってましたね~(笑)

ほんと使いたおす、これです!( ̄▽ ̄)ニヤリ
ココリン | 2011.11.07 20:49 | 編集
Apfelさん~おかえりなさい!
日本滞在は楽しまれたでしょうか。
「あなたは世界で何番目の人」しましたよ~^^

実家の母がためこんでいたのですが、
しまいこんだらだめですね~。

時々は使ってあげた方がいいですね(*^_^*)
特別から普段にもってね♪そう思いますデス^^;

ココリン | 2011.11.07 21:12 | 編集
今までのもったいない、と
これからのもったいないは、変わってきそうですね。

物がない時代と、使い捨て時代、そしてこれからの時代。

考えることがいっぱいありそうです。

小豆 | 2011.11.07 22:35 | 編集
使わないのももったいない、使えるのに処分するのももったいない。
もったいないにも色々ですね。
ほんと、モノがなかった時代から変化してきて、
モノがありふれた時代を経て、これからどのようになっていくのかしら。
生まれた時代によって、モノとのかかわりかたも違う気がしますね。
(*^_^*)
ココリン | 2011.11.07 23:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top