08.22
Mon
実家の食器棚・・相変わらずぎっしりと詰まっています。
画像は途中で切れていますが、一人暮らしの食器棚とは到底思えません。

shyokkidana.jpg

前回の帰省の時にどれだけこのお皿を使うの?と言うくらいありました。
(その驚くべき模様はコチラ
その後、母が精神的、体力的にも不調であったので片付けもままならず・・。

お客様を大勢おもてなしするお家ではもうないので、
一度にたくさんの食器やスプーンなども使うことがありません。
でも、左下の隅にチラ見えするスプーンやフォークの数、
こんなに使わないってば~!

と今回は大型米びつの処分があったりして小物までは手が回らず状態で、
また後回しになってしまいました。

実家の食器の中に昔からあった景品のお皿がトンデモナイことに・・。

DSCF9424.jpg

母の食器洗いが不十分なのかもしれませんが、こういった波がうった
デザインのお皿は、裏の部分の凸凹部分に汚れがたまりやすいのです。
筋のようにうっすらと黄色っぽく汚れがついていました。
母が言うには「洗っても落ちない」と言います。
ならば、他にもお皿があるのだから他のを使えば良いのに、と思いましたよ・・。
たぶんこのお皿のように上に重なっているお皿だけを、ローテーションにして
使うから、下の方のお皿は結局使われないままなんですよね・・。

汚れがとれないなら捨てればよいものを・・・。
特別思い入れのあるお皿でもなく、何に執着しているのか?
捨てることにメンドクサイということでもなさそうで、

ただ、なんとなくそのまま使っている・・そんな感じかな。

母自身が思い通りにカラダが動かないはがゆさも抱えて、
ある意味仕方がない・・と悟った瞬間でした。

このお皿も普通に洗剤をつけてスポンジで磨いただけでは、落ちませんでした。
メラミンスポンジでこすって落としました。

DSCF9428.jpg

割れにくい素材ですが、汚れがつきにくいデザインの方が、
少し指先の力が劣ってきた母には、使いにくいお皿なのではないかと感じました。

景品のお皿が悪いということではなく、他に自分で選んで買ったお皿もあるのに、
無造作に積み重なったお皿をそのまま無頓着に使っている結果だと思います。
ほんと、使う食器を厳選してもよいかと思いました。
下の方に積まれたお皿・・・使ってないよね・・。
ガラス食器もこんなに要らないよ~。
普段使いの湯飲み茶碗、こんなにあるけれど誰が使うのさ~。

コーヒーカップもティーカップもセットものが数種類あるけれど、
今の母にそれだけの人数分、出すことはありえない・・。

やっぱりもう少し削ぎ落して、今の暮らしに合った数で
お手入れしやすいモノ、使いやすいモノ、そして、そして、

本当に必要な数だけにしようよ~。

食器棚の奥に眠っている食器なくそうよ~。必要最低限のモノで十分だよ~。

と今回も実家で痛感した私でした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 12 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/575-af05bc4e
トラックバック
コメント
記事に書かれている内容は
私なんぞからするとそのとおりなんですが、
本人の、暮らすことに対する考え方に
柔軟性が無いってことなんでしょうね。
頑固。頼んでもないのに指図されたくない!!っていう。 ̄ー ̄;
話し合っても直さないってことは
モノを減らしたい価値観になってないワケですよね。
減らすことが良いという価値観になってる人は、なにがなんでも減らしますです。
頑固な人には同じ減らしたほうがいいという話も
家族からよりも、親しい友達だったり、
本人が尊敬する人から何かの話のときなんかに不意に言われるほうが効くことがあります。
指図されたかんじがしないところが良いのかも。
ウチの夫や母は、私の話は右耳から左耳に抜けてますが、友達や会社の同僚の話はホイホイ信じて即マネや実行をしてますよ。
(家族からのしつこい助言はうざったい指図だとストレスに感じてる。--;)
腹が立ちますが、私もそういうところがあります。(笑)
ココリンさんの記事も肝心のお母上に効かないとしても、
読んでる不特定多数の人は共感していて
その人たちの老後には役立つと思うので、
頑張ってください。(笑)
梅松 竹子 | 2011.08.22 14:31 | 編集
我家の食器棚
実家や友人宅に比べると
かなり食器の量が少ないと思えるんだけど
こうしてココリンさん記事を拝見すると
まだまだ不必要な物があるんじゃなかろうかと 笑。

友人に「片付け手伝って」って言われても
手放すことを拒否されると
そこから私のヤル気も減退するの。
全然使ってないのにね。
それだから片付かないのよって!何度も言うんだけどね。

ココリンさんありがとう。
いつも片付けるきっかけを下さる^^
さ、食器棚の中 いま一度 確認!
ゆるまま | 2011.08.22 15:14 | 編集
そう、そうなんですよね。柔軟性がないというか・・。
固定観念があるのか、でも、「どこそこの何々さんが、
こうしていたからこうしてみる~」とか簡単に
試してみたりする時もあったり・・家族だと
聞き流されたり、意固地になっちゃうのかしら(笑)

何でも置きたがる親を見てきて、やはりもっと身軽で
いたいと思いますw。我が家のもう一人の置きたがり屋の
オット(-_-;) もう少し身軽になっていただきたいです~。

ココリン | 2011.08.23 11:27 | 編集
こんちわ~。

私、実家に帰る度に思うんです。
お客様が大勢訪れる家じゃないのに、
こんなに食器が必要か?って(笑)
家族の人数分+2、3組くらいで十分ではないかと・・。

ゆるままさんのおっしゃるとおり、
片付けを手伝っても「捨てられない」と言われると、
ほんと「それ使ってないってことはこれから先も使わないよ」って
ツッコミをいれたくなっちゃう。

家族の人数が変わらなくても、子供がおおきくなったり、
生活スタイルの変化や好みが変わったりして、
持ち物も再確認して使わないものはバッサリした方が
暮らしやすいと思うんですけどね( ̄▽ ̄)ニヤリ
って、我が家も見直しをしようと思っていますw
ココリン | 2011.08.23 11:33 | 編集
初めてコメントします。
いつも更新を楽しみにしています。

今回は、
私の実家の話かと思うくらい
何もかもおんなじで
思わずコメントしています。

我が家の両親は二人暮らしですが、
食器棚は天井までそびえたつ
開き戸が4つもある巨大なもの。
全ての棚と引き出しにはギッシリと詰まっておりますが、
好みの皿が見付かったと買い足し続けて
ついに小さいながらも食器棚まで買い足してしまいました…
実家に帰るたびに動きヅライ台所でウンザリです。
何年も前から減らす話をしているのですが、
身内の話はなかなか心に響かないようです。
みなさんのコメントを読んで、
気長に頑張ろうと思えました。
ありがとうございました。
ちあすけ | 2011.08.23 14:57 | 編集
もちろん実家の母も、同じです。。

物がない時代に育った世代の方々にとって、
処分することは、想像以上に抵抗があるようですね。。

実家も皿の数も多いし、洗い方もココリンさんの
写真以上に、キタナイ物もありますが、
(眼も悪くなってるんでしょうね)
皿は割らないので、不思議です。

私は、帰省のときに実家の台所を掃除して
不要なモノを処分していいか聞くのですが、
了解をとるときに、捨てる代わりになにか
良いものをプレゼントすると・・

あっさりと、自分で「あれもこれもいらんわ」
と言ったりします。
現金ですが、自分もそうかもしれないです(苦笑)☆☆!
よゆみみ | 2011.08.23 20:33 | 編集
はじめまして。
私は先日主人の実家に引越しをしました。
母が一人で暮らしていたのですが、少し前に脳梗塞で入院してしまい、母の住まいを私達が譲り受けることになったのです。が、その物の多いこと多いこと。
ココリンさんの御実家なんか可愛いものです。
結局赤帽さんに3往復して不要なモノを処理してもらい三万千円かかりました。
でもまだまだ出てきます。
あの引き出しからもこの引き出しからも。
山ほどのタオルや乾電池、切手、ハガキ、テレフォンカード。コロコロがごろごろ・・・5つも。ペンチ、とんかちがあっちからもこっちからも。
カビの浮いた梅酢、梅干。
庭には数え切れないほどの空の植木鉢。
駐車場からも食器が出てくる始末です。
本当に本当に大変でした。
そして心から自分は子ども達にこんな思いはさせたくないと思いました。いつもココリンさんのブログを見て自分を奮い立たせて元気をもらっています。
まだまだ処分の道は続きそうですが頑張ります!
みみりん | 2011.08.23 21:15 | 編集
初めまして!
ご訪問&コメントありがとうございます。
「・・楽しみにしています」なんて言われると
とても嬉しいです^^;

ちあすけさんのご実家も同じ感じですか・・。
そ、そうなんです。食器が増えたら、食器を減らさず、
食器棚を増やす・・。どうもそのへんのところが、
親と考え方が違うのですよね。
「捨てろ」でなくて「好きなものを残そう」と言えば
良いんでしょうか?ね?
何年も減らす話をそても響かない・・頭も固くなっちゃって
いるのかもしれませんが、めげずにお互い頑張りましょう!!
実家の様子が同じ感じの方がいらっしゃるかと思うと、
頑張れそうです♪
また、お気軽に遊びにきてくださいね(*^_^*)
ココリン | 2011.08.23 21:39 | 編集
こんばんは^^

確か以前にもよゆみみさん、そうおっしゃってましたよね。
やはり、世代的に「モノを処分する」ということに
ものすごいエネルギーがいるのかもしれませんね。

お~その手も良いですね。
捨てる代わりに良いものを贈る。φ(..)メモメモ
「古いものはいらんいらん」って私の母も言いそうですw
次回帰省した時に、その手を使ってみます(^^)/
★★
ココリン | 2011.08.23 21:44 | 編集
初めまして^^

ご訪問とコメントありがとうございます♪

みみりんさんは、お義母様と同居されたのですね。
赤帽さんに3往復ですか!それはスゴイ。
いや私の実家も本気で処分となるとそれぐらいなるのかしらん?
考えるとゾッとします(-_-;)
あ~でも色々なモノ、わかります。本当にあっちからこっちから、
モノがでてくるのですよね。お疲れ様でした。
私の母も、祖母の家の家財道具の整理をした時に、
「使っていないものが多すぎる」と言っていたはずなのに、
自分では同じようなことをしている・・なんだかなあと思います。
いずれ後に残されたものが始末をする時のことを考えて、
もう少しコンパクトに、少ないモノでも心豊かに暮らして欲しいと思います。
私も次回の帰省の時に頑張れそうです!
スゴク勇気づけられました^^
ぜひまた宜しければ遊びにきてくださいね(*^_^*)
ココリン | 2011.08.23 22:04 | 編集
はじめまして

いつもこのブログ「これからの暮らし」楽しみにしています♪
実はわたしもこの写真にある食器と同じモノを20枚持っておりました(過去形!)
入手経路はお母様と同じそして、状態も同じ(*^_^*)

以前から
この食器をなんとかしなくちゃと思っていましたが
好きなシリーズと20枚同じのがあればちょっと便利かなぁなどと
なかなか踏ん切りが付かず、、
このブログを見て決心!大学に寄付いたしました。
学園祭の模擬店で使用するそうです。

話がちょっとそれましたが
この景品の食器は私毎年毎年楽しみに集めております。
あ、ちゃんと学習してこの食器の形は避けていましすよ~☆
今回の震災で景品交換が一時期中断、
再開された時は、震災の混乱がおさまってきたなぁと
ほっとしたものです(= ⌒ー⌒ =)

モノを処分できるタイプの私でも
億劫になってしまうモノがあるのだから
出来ない方は大変だろうなぁと、、

震災のコトも含め、
たかが景品のお皿でも色々あるんですねぇ
ならなおさら、モノを手にするときは考えないと

遅れたコメントでごめんなさい
これからもシンプルな暮らしぶり
応援していますと伝えたく、コメントいたしました
あぶみ | 2011.08.31 08:39 | 編集
初めまして!

ご訪問とコメントありがとうございまうs.
うわ~私のブログを楽しみにしてくださっているなんて、
とっても嬉しいです。(*´∀`*)テレテレ

あぶみさんもこの食器をお持ちだったのですね。
母もシールを集めて毎回楽しみにしていたようです。
きれいな白のお皿が・・なんかかわいそうなくらい色が・・・。

あぶみさんは思い切りよく大学に寄付されたのですか!
模擬店で大活躍だと思います。頑丈ですしね。少し落としても
割れないお皿ですしね。

母を見ていると、本当に自分の手にする時は本当によく
考えないと、後々苦労することになります・・(-_-;)
あぶみさんのようにモノを処分できる方なら、気づいた時に
バッサリできて良いのでしょうが、母のようになるとイケマセン。
私自身も、増えたら減らしながら管理しやすい数、使う数で・・と思っています^^

いえいえ、とんでもないです、前の記事のコメントも
大変嬉しゅうございます。
また宜しければ遊びに来てくださいね(*^_^*)
ココリン | 2011.08.31 15:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top