06.06
Mon
以前、モノの多さでうんざりし、自分で把握、管理できるモノで暮らすために、
要らないモノは手放してきました。
そこには、自分が使いたいモノ、使える(使いこなせる)モノ、
例えば便利だと聞いても、自分の家で、お飾りのようになってしまいがちなモノには、
安易に手をださないようにしています。
めったに使わない、いえそれ以上に吊戸棚の奥に眠ってしまうようなモノは、
置かないようにし、戸棚も手がギリギリ届く段にしか置かないことで、すっきりスカスカ。
これについては過去記事にも書いていますが、ゆとりがあることで、万が一
モノが増えても収納場所を探すことがなくなりました。

モノを捨てるということは、あの大きな地震、津波の被害を受けられた方からしたら、
「なんともったいない あったら便利なモノもあるでしょうに」と思われたり、
被災経験をして「あの時捨てずに置いていれば困ることがなかった」というモノも
あったかもしれません。
実際に、不要なモノとしてされがちなモノでさえも、
役立つこともあったかもしれません。
それは否定はできないと思います。

それと、使わないならもらわないと思っていますが、
1人で暮らしているわけではないので、「断」がやっかいな時があります。

こういったコンビニでスイーツやお弁当を買った時についてくるスプーンやフォーク。
これも捨てずにとっておいて良かったと思われた方もいらっしゃるかと思います。

DSCF7914.jpg

私はもらわない派なのですが、夫ちゃんはもらう派なのです。
一緒に買い物すれば、「要らないです」と言えますが、
夫ちゃんが1人で買い物をするともらってきてお家に入ってきます。
夫ちゃんがこういったスプーンを使わないで、
お家のスプーンを使ったりすると余ってしまいます。
災害時用にワンセット☓人数分を残して、
(これもどのくらい非常用として置けばよいのか?と思うところですが、
紙で拭いたり、ラップを巻きつけて使用も可能だしと考えてこの数で)
後は捨てています。
「どうせもらえるものだから」と言って、もらい続けた結果、
どれだけあるの?というぐらいの数があることの方が、もったいないと思うので。
でも、できることなら捨てる前にもらわない方が良いのです。

ただ、「今は使わないモノだけど必要な時がくるかもしれない。だから置いておく」は、
私は基本「今、使うモノだけ置いておきたい」という考えです。
でも、非日常でもしやと思うモノの中に、最小限必要な数で置くことは、
こうして必要だと思っています。

夫婦一緒の考え方であれば良いのですが、そこは別の人間。
なんとなく景品やオマケといった類が好きな夫ちゃん、もらいたがり屋さんです(笑)
「使わないなららわない~捨てちゃうよ」とサラリと言っていますが、
なかなかどうして、我が家から完全に「断」は、難しいものです(笑)

私自身、モノを捨てる、手放す、減らすという行為に至る前に、過去に被災経験をして
使っていたモノだけでなく、使っていないモノが使う前に壊れてしまって、
別の意味でもったいないと感じた1人です。
でも色々なモノがあふれる国で育ち、モノの便利さや恩恵を受けて、
好みのモノに出会って手にし、よく考えもせずただ
「好きだから」「気に入ったから」という安易な思いから
どんどん同じようなモノが増えたりしました。
結果、使うものはめちゃくちゃ使うけれど、使わないものはほとんど使わない、
といったことにもなり、自分でも何をどれだけ持っているのか
わからなくさえなりました。
そしてその後、要らない、使わないモノは捨てて(リサイクルも含め)すっきりし、
「捨てる暮らし」から「捨てない暮らし」にシフトする考えになりました。

そのためには、モノを手にする時点で、よく考えるようになったこと。
どんなに安くても必要か必要でないか考えると、安売りに惑わされなくなったこと。
自分が気に入ったモノは大切に扱う、使うことで長く使える。
そこには、気に入っているがもったいないから使えないという考えは、
かつて通ってきたモノ捨ての頃に、その考えを捨ててきました。

気に入っているのに使わないなんて、それこそもったいない!
私の根底には、地震で経験したモノに対する使わないままなくなったモノの儚さが
あるからだと思います。

「ダンシャリ」からは、逸脱しているかもしれませんが、
時にはお家に入ってくるモノも、「断」たないで必要なモノに変えることも
一考かと思っています。




もしまだお読みでない方はこちらも・・。
モノの儚さと心の豊かさ
持たない暮らしとモノの誘惑


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 8 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/493-2a40bf75
トラックバック
コメント
ココリンさんこんにちわ。

私は

、「もったいないから使わない」生活から

「もったいないから大切に使う」生活に

切り替えられはじめたばかりなんですが、

しまいこんでいた日々より、毎日が楽しくなった気がします。


ブログのテーマからは少しそれたコメントになってしまったかもしれませんが、これからの生活、毎日少しでも家族皆が快適であるように、暮らしたいなぁとおもっています^^

usaginawatashi | 2011.06.06 18:44 | 編集
こんばんは^^

せっかくお気に入りのモノが手元にあるなら、
仕舞い込むより、使って使って使い込んだほうが
絶対にイイって思いますね~。
気持ちもうれしくなるしね♪

いえいえ、家族が快適に暮らすことが大事だと思いますよ~。
そのための努力が惜しまない・・(*^_^*)ですね。
ココリン | 2011.06.06 21:32 | 編集
ココリン様~おはようございます(^0^)
ココリン様!うちは、過去!私がそんな感じでした^^;)
つい、「お箸おつけしますか?」とか言われちゃうと、もらっちゃってました^^;)スプーンとかも!
ただ、最近、お付けしましょうか?と言われる様な物を買わなくなってしまった・・・というのが、大きいんですけど、‘必要ないならもらわない!’ってのが、ようやく意識してできるようになってきたと思います(^^)
これも、ココリン様のおかげかしら(*^o^*)
おくさまっち | 2011.06.07 09:29 | 編集
こんにちは~。

あれば便利な時もあるのですが、
「ぎょ~さんあってもしゃ~ない」モノ(笑)
でしょうか^^
ついおくさまっちさんにコメントとなると関西弁が^^
我が家の場合、使わないで置いたままにするオットが(-_-;)
使うならまだしもって感じなんですよ~w
ココリン | 2011.06.07 14:16 | 編集
ウチの夫もスプーンをもらう人です。
理由は買ったものをすぐにそれで食べられる、断るという行為が自分的にチマチマしてるように感じる、要らないと言うことが面倒くさい・なんとなくカッコ悪い気がするとか、そんなんです。
1回分の醤油とか食べるものだったら、そのとき使わなくとも後で使うのでいいんですが(私は。)、スプーンって幾つもあってもしょうがない、むしろ邪魔なので捨ててます。--;
食べるためにすぐに使えると思っても、捨てる作業やゴミの増加とワンセットになってることを夫はあまり気にしてませんが、私は内心「このしょーもない見栄っ張り野郎めが・・・」と思っていますよ。苦笑。。。
夫婦でケンカになるのが疲れるので黙ってま~す。^^;
梅松竹子 | 2011.06.07 20:56 | 編集
竹子さんのダンナ様、「男子たるもの・・・・」っていう
勇ましさを感じます^^
そうなんですよね~スプーンなんていくつもいくつもあっても、
家で使わないし(-_-;)
というか、うちのオットもそうなんですが、ゴミが増えるとか、
そういったことに関心が強くないというのか・・。
そそ、心に思うことをぶちまけると、しなくてもいい喧嘩を
するはめになっちゃいますので、私も黙ってます(笑)
ココリン | 2011.06.07 22:11 | 編集
そう、使ってなんぼですよね~。
ものは使うためにあるわけで、
もったいないから使わないとか着ないとか、
そのほうがよっぽどもったいないです。

日本は、親切なのかお節介なのか、
こういうスプーンの類、いらないと言わない限りついてきますね。
貰えるものは貰っちゃおう、見たいな考えも根強い。
だから世の中、ものがあふれかえっているのだと思います。
こういう仕組みは、これからは変えていくべきのような気もします。
ecru | 2011.06.08 22:45 | 編集
モノも洋服と一緒で着てなんぼ、使ってなんぼのものですよね。
そうして、使わないならもらわない、買わない。

そうですね。海外に比べてサービス精神が旺盛なのか、
そこのところは意識が違うのでしょうね。
必要な時だけ貰えば良いわけで・・。
でもタダだともらっとけ~みたいになるのでしょうかね^^
それこそムダですよね。
こういうところは、見直すべきだと思います。
ココリン | 2011.06.08 23:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top