05.09
Mon
あの大きな震災で大きな被害に遭われた方に比べれば、
被害があったというわけではない我が家でしたが、
ほんのちょっぴりの余震でさえもビクつく日々でした。
過去に大きな直下型地震を経験した私は、本当にかすかな揺れさえも
敏感になり、今回の地震以後少しずつ余震は減ってきつつも、
なかなかぐっすり眠れることもありませんでした。
なので、今回の帰省で余震をいう2文字を考えることなく、
心の落ち着きを取り戻せたような気がします。

それでも今なお避難所生活を余儀なくされている方、東北地方の方々の事を思うと、
のんびり過ごせたということは恵まれすぎていると思っています。
正直言って、関西に戻るとテレビに流れる地震のテロップさえ、
「東北地方」という文字が遠くに感じ、まず、自宅に居るときのように、
身構えることがなく慌てる自分がいません。
それだけでも私自身、心の落ち着き具合が違いました。
そうはいっても現在まだ東北では、かなりの頻度で余震があって、
心落ち着けないことと思います。

ずっとずっと気になっていること・・・。
震災直後にずっと流れていたCMが減ってきて、テレビ番組も日常に戻り、
震災後のばかげた買い占め騒動もなくなり、品薄だったモノも震災前のように
店頭に並びだしてきています。
震災直後は、自粛ムードがあったり、不謹慎というコトバが一人歩きして、
あちこちで非難があったり、色々なイベントが中止されたりしました。
もちろん、被災された方の心情を慮っての配慮もあったり、
被災地以外でも、自分の心の安定がはかれなかったり、罪悪感にさいなまれたり・・。
一人一人受け止め方も違います。
震災後もつとめてふだんの暮らしをすることがいいと判断して
ブログも書いてきました。
これについては過去記事に私の思いを書いていますが、
やはり本当にそれで良かったのだろうか?って今でさえも思うことがあります。
食べたり、遊びに行ったり、 買ったり、日常のたわいないことを書く。
こういったふつうの事ができなくなった人がいるんだと思うと、
複雑な気持ちになります。
でも、やはり、元気な人、できる人はできることを。一緒に悲しむことも大事だけれど、
悲しむだけでは前には進めないということを身を持って経験した私なので、
これは変わることはありません。
そしてふだんの暮らしができるということに感謝しつつ、
それさえできない人がまだまだたくさんいらっしゃることは
心に留めておかねばなりません。

けれど、どうしても月日が経ってくると人々の記憶から忘れ去られます。
忘れるというよりなかったかのように話題にされることがなくなったりして、
当事者にとっては、ちょっぴり淋しいというか・・・。
どう表現してよいのでしょうか・・。
そして「ああ、あんな地震あったね」ってよそ事のように言われたりして、
被災地以外ではこんな程度のものだったのかなあって感じたことがあります。
だから、いつまでも「大変だったでしょう」が良いかどうかはわかりません。
人それぞれ感じ方が違いますから。
でも、日本に住んでいる以上、本当に対岸の火事ではないということ。
「××断層がまた活発化しているらしい・・」という話しはめずらしくもなく、
いつ自分の身に起こってもおかしくない話し。
引きずって生きていってはいけないけれど、忘れてもいけないことだと思っています。
そのへんのバランスが難しいと感じていますが・・。

ただ、日々の暮らし、後悔のないように暮らすこと。
些細な事ですが、私、お皿にのったおいしいもの、好きなものは後で食べないで、
先に食べるようになりました(笑)
食べている最中に、何が起こるかわりませんしね( ̄▽ ̄)
できることはできる時にして、先延ばしにしない。
できないことやできない時は、ムリにすることはない。って
逆の発想もできるわけですから、これは家事をするに於いてもすごく
気持ちがラクです。

1日1日、丁寧に大事にして過ごしたいと思います。



018l.gif


話しは余談になりますが、帰省中に時折皆様のブログをのぞかせていただいたりしましたが、
なんせipadでは不具合があったり、実家では慌ただしくコメントを残すことができませんでした。
ゆっくりと読ませていただきたいと思っています^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 14
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.05.09 15:48 | 編集
帰省されたことで心の落ち着きを取り戻せたとのこと、よかったです。
お気持ち すごくよくわかります!
私も春休みに神戸に帰省した時は余震にビクビクしなくてもいい生活で心底ホッとしました。
帰ってきて、またビクビクしていましたが(*^^)v数日間でも心底のんびりできて落ち着きました。
ふだんの暮らしができること、本当にありがたい事ですよね。
日々の生活に感謝し、出来る事は先にやる、後悔することのない暮らしをしていきたいなと思います。
奈緒 | 2011.05.09 16:22 | 編集
コメントありがとうございましたm(_ _)m
はい、帰省して気持ちの持ち方がずいぶんとラクになりました。
帰って良かったです^^
実際は揺れてしまうと、オロオロして動揺するとは思いますが、
それはもう遠い記憶でもぬぐいされないので・・(^^;;;
それでもほんのひとときでも熟睡できほっとしています。
そうですね、みんなが元気になれればなあと思います^^
ココリン | 2011.05.09 16:30 | 編集
つい先日もご同様に阪神淡路の震災をご経験された方が、
地震のあった事を忘れないで欲しい
1年後にも被災地を訪れて欲しい・・・とおっしゃっていました。
ゴールデンウィークの間は各地からのボランティアの方々もあふれていたそうですが、
それが終わった後のボランティアの方々の激変もご心配されていると聞きました。
被災地の方々へあこれからもずっと手紙を書き続けたり、定期的に訪問したりする事で、
「私達は決して忘れていませんよー」という気持ちを表すのも大切なのですよね。
離れていても長期で何か出来る事は必ずあると、強く感じます・・・。
これからも出来る事をずっと続けてゆきたいですよね。
Apfel | 2011.05.09 19:25 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.05.09 23:28 | 編集
こんばんわ~
コメント欄が閉じてたので
かけなかtったんですが・・
クレープの機械!
わたしの欲しい物リストにはいってるのと
同じやつだったよ~~~
どんな感じにできるかおしえてくださいね^ー^
リーアン | 2011.05.10 00:32 | 編集
ココリン様!お帰りなさい♪
ゆっくり、心の休養をとられたようで、本当に、よかったです!
ココリン様!私も、同じ想いをかかえております。
テレビを見ても、ほとんど日常。。。あんなに、毎日、地震の事や原発の事なんかを、どの番組もやってたのに・・・
あれから、約2ヶ月。日常に戻らなければいけない!と思うけど・・・こんなに早く戻っていいの?とか思ってしまいます。
私自身、ブログも書いてていいのか、日々迷っています。
書くべきではない!と思ったり、書かなきゃ!って思ったり。。。
色々考えて、やっぱり、私も、一日一日を大切に生きるしかない!っと思うんです(^^)
おくさまっち | 2011.05.10 08:38 | 編集
おかえりなさ~い!!
ホッとした日々が少しでも過ごせてよかったです。
元気をあげる人が元気が無かったらいけませんよ。(笑)

地震で何度津波が起きて家が流されても、またそこに住みたいといって頑張ってる人の「力強さ」感じます。

私が被災したらきっと引っ越してしまうに違いない・・・。
潰されても潰されても起き上がるタンポポの様に
力強く生きたいですね。
rionn | 2011.05.10 09:30 | 編集
こんにちわ^^ 

ありがとうございます。
奈緒さんもそうでしたか! 少しの間でも
ビクビクしない暮らしは本当に気持ちの上でも落ち着くものですね。
まだそうやってできるということがマシなのですよね・・。
本当にこうして普通に暮らせている一方で、暮らせない現実もあること、
これは決して人ごとではなく、明日は我が身と思えば、
本当に感謝しないとって感じますね。
ココリン | 2011.05.10 11:46 | 編集
GWは本当に多くの方がボランティアに行かれて、
その後人手が足りないって聞きました。
そうですよね、ボランティアには行けなくても、
やっぱりできる事をする、で良いと思うのです。
やっぱり忘れられてしまうことは悲しい気がします。
これも賛否両論あるかもしれません。忘れたいと思う
被災者の方もいらっしゃるようで・・・(ーー;)
同じ被災経験でも状況が違うと思い出したくない場合も
あるので・・。でも、周囲が心のどこかには留めておくことは
大切だと思います。Apfelさんのおっしゃるように長期で何かできること
今回のように大きな災害だと長丁場になるので絶対あると思います。
ちっぽけでも続けていきたいですよね。
ココリン | 2011.05.10 11:54 | 編集
遊びに来てくださってありがとうございます。
とても嬉しいです。

なかなか言葉を口に出して言うことは色々な状況があって難しいですね。
声にだしているから覚えている、だしていないから覚えていない、
ということではないですね。
人の心の奥底にあるものは、他人からはわからないものですが、
それぞれがそれぞれの想いを抱えて過ごしているということですね。

はい、心と体のバランスをとりながら、
今後も楽しく日々を過ごすことができればと思います。
ご心配くださってありがとうございます。
また宜しければ遊びにきてくださいね。
こちらからもお伺いさせていただきます^^。
ココリン | 2011.05.10 12:03 | 編集
こんにちわ~♪

ごめんなさいね(^^;;;
このクレープメーカー、生地が残りすくなくなると
つきにくくなるのは仕方がないのですが、
そこは、逆に生地をたらすようにしたら問題はないのです。
ただ、最初は何枚か焼き加減が上手くつかめないので、
失敗作はあります。
でも、薄くできるのでこれは買って良かったですよ。
またその後の使い心地をレポしますね^^
ココリン | 2011.05.10 12:08 | 編集
ただいまです~^^

はい、本当に朝までぐっすり眠れました(笑)
大きな災害や事件があって、その時集中して報道されて
皆の関心が高まるけれど、時間がたって報道されなくなると
潮がひいたように人々の関心が薄まるような感じがします。
でも、誰しも言わないでも心に想っていることがあるんですよね・・。
でも現在進行形でまだ普通の暮らしさえできない人もいるという現実からは、
目をそらすことはできない気がするんです。
難しいですね。そういったことって隣り合わせの現実ですね・・。
ココリン | 2011.05.10 12:16 | 編集
ただいまですぅ~!
はいお陰様で、「揺れた?」っていう言葉を
交わさず、1週間過ごせました^^

東北の方の力強さには私もすごいなあと感じます。
地震で倒壊したというのと津波でさらわれたというのとは、
若干違う気がします。地震は日本国じゅうどこにいっても
ありうることですが、津波は津波がないところというのもあるので、
私も、きっと津波のないところに引っ越してしまうかも・・って。
でも、そこにはずっと住んでいるしがらみや愛着が
あるのかなとも思います・・・。
でも、「へこたれない強さ」は持ちたいですね♪
ココリン | 2011.05.10 12:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top