04.29
Fri
以前、キッチンのガス台の周囲にレンジパネルというのを使っていました。
おそらくこれを使っていたのは我が家だけ?って思うくらい、
色々なブロガーさんのキッチンでは見かけないモノでした。

我が家も取り外してからずいぶんと経ちますが、
油ハネをガードするものですが、これ我が家にとっては実にたいした意味を
なさなかったものかもしれない1つでした。



最初はつけていなかったんですが、我が家のガス台と壁の間にゆとりがないうえ、
壁側のコンロが強火力だったので、そそうをしてしまったことがあります(ーー;)
それで取り付けたのですが、高さがあったりして調理台からお鍋に移すときも
パネルにひっかかったりしてちょっとストレスもありました。

肝心の油ハネに関しては、確かにガードする役目はあるのかもしれませんが、
調理後すぐに「拭き」をするならば、必要ないんじゃないか?と思っていました。
一見便利グッズのようなのですが、下手したら油がハネても、
これでガードしているから、その都度、拭かなくても良い?って
錯覚しそうだったんですよ(笑)
そして、やっかいなのはこういった使い捨てパネルは、
拭くのには向いてないのですよね。
いくつか溝があってフラットではないため非常に拭きにくい。
使い捨てでないパネルならば、そのようなこともないかもしれません。

元々使用していなかったパネル。コンロの火力にさえ気をつけて、
パネルを外したら拭きやすくなるし、コンロの奥側もパネルがある時以上に
掃除がしやすくなったのは言うまでもありません。

油ハネ以外のガードということを差し引いても、
やっぱりこのレンジパネルの必要性は、今更ですが(笑)我が家にはなさそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 4
コメント
レンジパネル、これもまた日本特有のもののような気がします ^^
こちらではなぜ無いのかは不思議ですが、全く見かけた事がありません。
スイスの主婦はキッチンを汚すのが嫌いで、
揚げ物は自宅ではあまりしないと聞いた事があります!
私はからあげ等、揚げ物は時々しますが、ご同様に毎回拭いてお掃除しています♪
Apfel | 2011.04.30 20:33 | 編集
以前は台所の凹凸があって使っていましたが、
今の台所は置きにくいので使わなくなりました。

消耗品だし、買って帰る時かさ張るし、
他の所は結局掃除をしなきゃいけない訳だし、
使う人は減るんですかね。

五徳下のアルミカバー同様、
懐かしい一品になる日が来るのでしょうか。(笑)

rionn | 2011.05.01 08:58 | 編集
やっぱり・・・(^^;;;
こういうモノって外国にはなさげというか、
必要ないようなキッチンなんですよね・・。
日本でもシステムキッチンならお手入れしやすかっり、
つけることでちょっと圧迫感があったりしますし・・。
いちいち汚れをふきとらないなら、とりつけた方が
便利ですし^^
使うモノだと固定観念があったので(笑)
なくても問題なかったってことですね~。
ココリン | 2011.05.08 11:32 | 編集
油はねで周囲の汚れからシャットするために使うものだと
思っていて使うのが当たり前的に思っていたのですが、
使わなくても問題がないとわかれば、
すごくラクになった気がします^^
消耗品だけれど、定期的に購入となるとお金もかかるし、
どうせ「拭く」なら、拭きやすい方がいいですしね。
我が家のようなガス台にはまだまだ五徳下のカバーは
必要なものかもしれませんが、キッチンが新しいタイプになると、
本当に懐かしい一品になる日がくるのかも( ̄▽ ̄)
ココリン | 2011.05.08 11:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top