04.09
Sat
今回の地震で、それまでモノのためすぎを改め、『捨て』に転じた方も
ストックがあった方が良かったって思われた方もいらっしゃるかと思います。
ストックを持つことについても以前の記事にも書きました(その時の記事はコチラ

モノを持たない暮らしというのも人それぞれに定義があると思います。
シンプル生活のあり方もそれぞれだと思います。
なので、私が言う「モノを持たない暮らし」も私流の価値観で、私が今まで経験し、
感じ、モノが多すぎることで災害時のマイナスだったこと、
モノに対する思いが変わった事などがあります。
しばらくは全てのことが空虚感で、その後の暮らし方さえも、
モノを飾ることができなかったり、何事も儚さが全面にでてしまうこともありました。
(そのことについては、過去記事にも時折ふれています)
でも、時間の経過とともに、環境が変わったり、
決して忘れることがないであろう事でも、
少しずつ少しずつ記憶が薄れていくこともあります。
心のどこかに残っていながらも、前に進むことですこしずつ自分の気持ちの
変化もでてきます。

だいぶ話しがそれてしまいましたが、
災害時において輸送ルートが確保されず、
モノ不足になったときや買いに行くことができないといった場合、
余分なモノを持たない暮らしでは、厳しい状況になるかもしれません。
「買っておいてよかった」って思ったかもしれないですね。
ひょっとしたら、今回の震災で「もう少し余分にストックを持って置こう」って
考えた方が増えたかもしれません。

前回、ストックを持つことで安心できるなら、
それは保険として考えれば良いと書きました。

非常食も期限があるので、幸いにも使うことがなければ、
期限間際になると食べて新しいものを買ったりしなければなりません。
ならば、非常食といった枠組みで考えるのでなく、
普通の食品を非常用として持つという方法もありますね。
これならば、定期的に消費して「いざ、という時のための買い置き=ストック」
と考えもあるかもしれませんね。

私は、余分なモノと災害時に必要なモノは一緒ではなく、別物と思っています。
なので、ずっと私が思っているシンプルに暮らすとは、
必要なモノを必要なだけ持つことだと思っています。


ただ、日頃から余分なモノを持たない暮らしをしていると、
モノに依存しすぎなければ、モノがないことへの不安は少ないかもしれません。
ないならないで別のもので代用できる、
不安に陥りにくいということはあるかもしれません。
もちろんいつまでも長くといったような状況では、
いつまでも楽観的にはいられませんが、
今回のような被災地以外で一時的にモノが不足するといった状況でも、
慌てて買いに行くといったことでもなく、
比較的、なんとかなるさで足らずのものは足らずで過ごしました。

けれど、部屋にモノが多くありすぎて散乱して危うくなる。
モノを積み重ねて、落下したり倒れたりして、
それがもとで逃げ場がなくなったりすることもあるかもしれない。
床にモノを置かない。高いところに重いモノは置かない。
それが、私が経験したうえで実感したことです。
なので、災害時にモノを持たない暮らしがマイナスだとも思いません。

できるだけモノは持たない、不要なモノは捨てる。
その不要なモノの基準も人それぞれで、モノを捨てることよりも、
モノがあった方が何かあった時には使えるかもしれないと思う人も
いらっしゃるでしょう。
自分の暮らしが快適だと思えばそれはそれで良いのだと思います。

でもずっと思っていること、過去記事にも書いたとおり(コチラ
私は、闇雲にモノを持たず、モノを選び、捨てなくても良い暮らしをする、
それが、私のシンプルライフです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 8
コメント
私もココリンさんと同意見です!!
地震の後、いろんな方のブログを拝見していてその中には
ストックをもっとたくさん持っておくべきだったと書かれている方もいれば
家の中に物が溢れていて壊れたりして危険だったので断捨離を始めたという記事も拝見しました。
人それぞれだなって思いながらそれぞれの記事を拝見していました。
我が家の場合は、家具が少ない、物が少ないせいか
何かが倒れたり壊れたりすることもまったくなく
やっぱりシンプル生活をしてきてよかった!と思いました。
食料品のストックも もともと1、2週間程度はしのげるくらい
缶詰や乾物なども所持していたので
さほど焦ったり困ったりすることもなく過ごせました。
こんな悪い状態は長くは続かないだろうという楽観的な考えもありました。
実際、2,3週間のうちには落ち着いてきましたよね。

>闇雲にモノを持たず、モノを選び、捨てなくても良い暮らしをする
私も同じく、今までもこれからもそんな暮らしをしていくつもりです。
奈緒 | 2011.04.09 16:30 | 編集
こんにちは~。
持っててよかった・持たないほうがよかったかは、
そのときになってわかりそうな気がしますが(^^;)
とりあえず生き残らないことにはストックをどれほど持とうが無意味なので
私は持ちすぎないでいたいです。
命が無事でも被害や支援の状況によっては
ストックがそこそこあっても足りないかもしれませんし
ストックそのものが使える状態でなかったりするかもしれませんし、
考え出したらキリがないかも・・・?
ストックの有無は悩ましいですが
強い精神力や体力を養う暮らしを普段に続けることがいちばん大事なような気がします。
その生き方をするために持つか持たないかを選択だと思いますが
私は持ちすぎないことで精神を強くする道を選びます。
というか沢山持つ暮らしを望むとデメリットが多すぎて
持ちすぎない道が私にはいちばんマシなのでした。。。
これでもしダメな結果になってもしょうがないかな~と思ってます。 ̄▽ ̄;
梅松竹子 | 2011.04.09 17:35 | 編集
こんばんわ^^

災害時の状況での経験がそれぞれに違うと、
全く真逆のことを思ったりします。
そしてここ数年「捨て」ブームの拍車がかかり、
捨てたがために、困った、慌てたという人が
多かったかもしれませんね。
モノを持つことで安心する人が一気に捨ててしまうと
パニックになるかもしれませんが、
最小限しのげるモノを用意することでパニックにもならないって
ことがありますもんね。
自分を知るということが1番重要な気がします^^
常にココロがいっぱいいっぱいだとキツイですよね。
ゆとりがあれば、事が起きたときに融通が利くということでしょうか。
ココリン | 2011.04.09 20:41 | 編集
こんばんわ~。

災害なんて同じ状況なんてありえないですから、
そのときにならないとわからない事は多々ありますよね。
モノに頼りすぎると落とし穴みたいなのがありそうです。
竹子さんのおっしゃるとおり、ストックがあっても使えない、
足らない、色々な状況があるし、あれもこれもというと
ほんとキリがないと思います。
私もモノを持たないことで、いざなくてもコレで使えるというように
ないときにも対処しやすい体質を持っておきたいと思っています。
まあ、狭い我が家ですから、もともとそんなにモノが置けないって
いうのもあるんですがね~(笑) ( ̄▽ ̄)

ココリン | 2011.04.09 20:46 | 編集
モノを選び、捨てなくても良い暮らしをする、
まさに理想ですよね!
物欲の強い私は、今すぐに必要のないものでも、
見るとすぐに欲しくなってしまい、自重するのに一苦労(苦笑)

おっしゃるように必要なもの(特に災害時に必要なもの)は
また話も別ですよね・・・。
私は直接災害の被害に遭った事はありませんが、
今回の災害で、ペットボトルの水、トイレットペーパー、
それにココリンさんも災害時の綺麗なお皿を保つための対策としてご紹介されている、
サランラップはある程度常備が必要だなと感じました。
今回の事で私も、余分に持たなくてもよいもの、
在庫として保持していれば必ず必要となりそうなもの、
また災害でなくても持っていれば必ず使用できるもを
頭の中で、少しは仕分けが出来たのかな・・・という気がしています。
Apfel | 2011.04.09 22:33 | 編集
こんばんわ^^

いえいえ私も本当にすぐ手にいれたくなって、
挙げ句使わないものがたくさんでした(;´▽`A``
モノが多すぎてどうにかしたい、捨てるに忍びない、
でも使わないならもったいない。
そのジレンマを解消するには、捨てなくてもよい暮らしを
していきたいと・・。

災害時にあれもこれも全てを揃えるなんて持ち出しも
難しい場合もあるので、これまた難しいですね。
本当に非常用として備えるのであれば、厳選して・・ですね。
ラップははずせないモノとして実感しております。ハイ!(^^;;;
ココリン | 2011.04.09 23:12 | 編集
ココリンちゃん、こんばんは!

『持たない暮らし』はその人それぞれですよね。
でも私も基本ココリンちゃんの考えと一緒です(*^_^*)
私は震災の影響が少ない地域に住んでいますが、
捨てようと思っていてやっぱり捨てなくてよかったって思ったのが、カセットコンロでした。
普段は卓上IHで事足りるので捨てようって思っていた矢先の震災でした。
こういった有事があって気付いた事もあります。
観点が変わって要・不要がわかりました。
ちょっと話が逸脱しますが、昨年着ていない洋服を処分したことを忘れていて(笑)
今日衣替えしなくちゃと思ってしまいました(^_^;)
『習慣』って怖いわぁ~~~。
衣替えの時間がなくなったので他の家事に時間を割り当てられることも
持たない暮らしのメリットですよね♪

8787☆
のほほん | 2011.04.09 23:50 | 編集
こんばんわ~^^

そうですね、本当に人それぞれですね。
有事があって気づくことや、思い直すことってありますね。
いくら頭の中でいざというときのためにと思っていても、
実際は遠い話しと思ってしまって、目先のモノだけの事を
考えてしまいがちですし。なので、今回のような事が起きて、
改めて考えがかわったりするんですね。

衣替えの時間がなくなったのって、すごく大きいですよね。
時間がずっとずっと有効に使えると思います。
我が家もあと一歩の工夫が足らずで、若干の衣替えの時間が必要です(^^;;; 
持たない暮らしをもっと有効にしなくっちゃ^^

ココリン | 2011.04.10 21:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top