03.23
Wed
通常のブログを再開していこうと思います。
ただ、通常のカテゴリから逸脱することもありますが、
『今』思うことを書きとめたいと思っています。
こんな時に・・と思われるかもしれませんが、
このような思いもあるからです。
色々な考え方もあるかと思います。
不快だと思われる方は、どうぞこれよりは、
読み進めないようにお願いいたします。<(_ _)>

deni2.jpg


私は被災経験があるとはいえ、だんだんと防災意識が
薄くなっていたのが本音です。
実家では元々ストック品が多く、ちょっとした小さな商店か?と言うぐらい
食品でも日用品でもストックがありました。まあこれには、
モノのない時代に育った母が、2度のオイルショックを経験したり、
「あって困らない」というのが口癖でもあったからでした。
そして神戸の震災を契機に、常に水をボトルにくみ入れ定期的に交換して
保管をし、リュックに数日分の着替えと非常食、懐中電灯、電池の予備など
所謂防災グッズを常備していました。
更に、寝るときには、靴をそばにおいたり、靴下を履いて寝るといった
(これは、ガラスが割れたりして、足の踏み場もない状態で怪我を防ぐためでもありました)
習慣が長く続いていました。
それでも、いつしか水の保管も少しずつ数が減り、
リュックの置き場所さえも、おざなりになったりしました。
そういった防災グッズは、もちろん地震の状況にもよるのですが、
地震でかろうじて家が残ると、ライフラインが止まっても、
役にたつことはもちろん、家が残っていてもその後に続く余震で
いつ倒壊してもおかしくない状態で不安もあり、
外で過ごすといった時にも役立つと思います。
しかし倒壊の具合が酷かったり火災が起きたり、
今回のような津波がきた場合、持ち出すもなにも家ごと失った場合、
正直言って非常袋が役に立つのだろうかという思いがどこかにありました。
なので結婚してからは、以前にもご紹介したことがありますが、
最小限の非常食やラップと不十分な量の水(非常時に必要だと言われる量ではない)を、
袋にいれているといった程度でした。

それと関東に来て体に感じる地震がしょっちゅうあるので、
最初の頃は、忘れかかっていた怖さが蘇り、すぐに反応する私を、
その頃勤めていた職場の人も呆れて、
「そんな大げさな」と言われたこともしばしばでした。
会社の通路や部屋の入り口にモノが積み上げられたりして、
危機管理のない会社には驚きさえも覚えました。そんな私でさえ、
住んでいるうちにちょっとした揺れには慣れてきたのも事実でした。

そんな中今回の地震が起きて、大きな揺れを経験したものの
我が家の被害はなく、先日からの計画停電が始まるということで、
さて我が家の電気対策は?と慌てて見る始末。ランプといったものもなく、
家にあるものといえば、ろうそくと下記の懐中電灯。

DSCF6993.jpg

しかし大きな懐中電灯は、単1の電池が4個必要で
それも入ったきりで予備はなくLEDではないので、
すぐに役に立たなくなりそうでした。
小さいのはLEDなので、時間も少しは長く持つであろうと思われるのと、
やはりスポット的な光しか望めないので、工夫が必要です。

light1jpg.jpg
左側の手前のLEDライトは、上記画像のように、
このままだとほんのりとした明るさですが、
(黄色く写っていますが、そのままでも白い光です)
白いレジ袋を覆って、上から吊せば上記の画像より明るくなります。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
1番上の画像の左側の奥の2本のライトは、
小さいですがシャンプーなどの詰め替えの容器の口に
入る大きさのもの、または小さければ画像の様にすきまテープを巻いて差し込むと、
口のところで止まります。
light.jpg
ライト単体で使うより、こういった容器に入れる方が明るくなります。
トイレや洗面所などに1つだけでも置いて使うには、
十分な明るさになります。懐中電灯を持ち歩く必要もなく、
意外と使えるモノになりました。

今回の地震で被害に遭われ、避難所で生活をされている方々、
ライフラインが通っておらず、不自由な生活をされていらっしゃる方が多く、
被災地以外でも今どこのお店も懐中電灯、電池といったものが品薄状態で、
手に入らない状況のなかで、こういった記事をUPするのは少し迷いました。
ただ、今はどうもなかったところでも,
明日はどうなるかわからないのが自然災害です。
ご存知ない方でまた落ち着いた時にでもこんな方法もあるという程度で
心にとめていただければなと思いました。

ただ、だから予備を持たなくちゃと思い、
あれもこれもたくさん買い込んだところで、本当にそれで万全でしょうか?
今回の被災地以外の地域での、食料品をはじめ色々な買い占めの様子を見て、
我が家のない状況を見て、ストックはもっと必要だったのか?と自問自答したりしました。
でも、私はやはり「必要以上にモノを持たず」で良いと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top