03.13
Sun
今回の地震の津波により、命からがら逃げて来られた方、
まだ救助を待っておられる方もいらっしゃる中で、
幸いにも救助された方々は、避難所生活を余儀なくされていらっしゃいます。

ライフラインが通じていないので、避難情報が全く入ってこず、
不安なままお過ごしのことと思います。
地震から日が経つと、これからどのくらい避難生活が続くか不安な事もたくさんあり、
食料や飲料水や子供のオムツやらの日用品の不足などで、
お困りの事が多々あるかと思います。

過去の地震の教訓から、国や行政などの対応が早くはなったかと思いますが、
今回のように複数の県にまたがる地震による津波の甚大な被害等で、状況も異なる場合があります。
自衛隊の出動も早くなったとはいえ、救助をしようにもできない状況があったり、
物資の輸送もままならない状態のところもあるかと思います。
また海外からの支援もあって、生存者の救助活動が1日でも早くできることを、と思います。

阪神大震災で被災経験のある私ですが、
今回の地震後の様子をテレビの報道で見るたびに、
本当に人ごとのようには思えない、まともに見ることができず、
嗚咽もでてしまいます。
私が住んでいるところにも余震があるとどうしても慌ててしまう自分がいて、
情けないながらも緊急地震速報が鳴ると動悸がでて不安にかられてしまいます。

でも被災されて避難所にいらっしゃる方、外で暖をとって過ごされていらっしゃる方の、
余震の怖さはこんなもんじゃあない。どれだけ恐怖なことか。
避難所生活が続くとどうしても狭いなか、なかなかプライバシーもなく
ストレスもたまってくることと思います。
同じ姿勢でいるとエコノミー症候群と同じような状態になり、せっかく助かった命を
縮めることにもなってしまいます。なので、難しいかもしれませんが、
少しでも体を動かすようにして欲しいと思います。

報道記者からの「今、必要なものは?」とよく聞かれています。
これも日が経つにつれて、必要なモノが変わってきます。
おにぎりやパンでも食べるモノがあればありがたいのは勿論ですが、
それも日がたつと本当に受け付けにくくなるのも事実なんです。
本当に炊き出しなどで頂ける温かいお汁ものがお腹だけでなく、
心をホッとさせるものかわかりません。
物資の支援にしても隅々まで行き渡らないことは多々あります。
同じものが一所に集まってしまうこともあります。
善意のつもりで物資を送ったことが、アダになってしまう場合もあります。
けれど被災地以外の方の支援が大変ありがたいのは事実です。
今一度、慌てることなく状況を見ることも大事かと思います。

今回は私の住むところも明日から「輪番停電」を実施するとのこと。
今のところ節電につとめるということしかできません。

そして被災状況を見て慌てて万が一のためと思い、必要以上のモノ買いだめしたり、
不必要に浴槽に水を貯めたりすることのないよう、
行き過ぎのないようにして欲しいなと思います。
本当に食べるモノは最低3日分くらいでなんとかなるのです。
多く備蓄したからといって、持ち出せぬ状況もあります。
間違った情報に振り回されぬように・・・と思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top