03.12
Sat
一夜明けて昨日の地震の被害の大きさと、今朝の新聞を見て、
昨日の私の怖さなどどれほどちっぽけな事だったか・・・。
阪神大震災を経験した私ですが、津波の怖さを感じ、
被害状況がまた違うものだということを思い知らされました。

前もって津波警報がでても水の勢い、スピードが相当なものだった思います。
逃げるのに間に合わなかったり、ひょっとしたら避難場所さえも飲み込まれて
しまったかもしれません。
海岸から10キロくらい離れていても、町の状況があからさまになると、
本当に本当に大きな津波だったことがわかります。

仕事場から帰宅したら家がなかった、家族と離ればなれになって安否確認が
まだとれていない、色々と不安なことがあるかと思います。
また幸いにも避難することができて、眠れぬ夜を過ごされた方も、
今後の不安も大きい事だと思います。テレビで見ると状況は違えど、
涙がでてきて、映像を直視できない私がいます。
本当にお亡くなりになった方のご冥福と、お怪我をされた方のお見舞いを申し上げます。

こういった現状を近隣で見ると、どうしても「今後の為に」と思って
買いだめや浴室に水を張るといった事をされがちです。
もしもの為にと思って浴槽に水をためたくなるかと思います。
けれど本当に被災されたところを思えば、被災地に近ければ、
ムダに水を使わない方が良い
のです。水が不足してしまいます!
火災になった時に水が足らないということが無いためにも。
被災場所やライフラインの状況にも違ってきますが、水は必要になります!
避難場所でも日数が経つにつれ絶対にトイレの問題がでてきます!

今回の地震の様子を見られて、非常持ち出し袋に必要なものをと
思われた方もいらっしゃいましょう。必要なモノは人それぞれですが、
もし今回の地震で何か揃えようと思った方はぜひ、
ラップ! これは経験上、あった方が何かと便利です!

あとビニール袋 これをプラスしてくださね。
避難場所のトイレなんてあっという間にいっぱいいっぱいになりますから。

そして、どうぞ情報に惑わされず、静観することも必要だと思います。

まだまだしばらくは余震の心配もあります。
これ以上被害が甚大にならないことを願うばかりです。


deni2.jpg

 昨日は私の事をご心配してくださってありがとうございます。
 余震が続くと不安にもなりますが、今は1人ではないので落ち着きを
 取り戻しています。
 年月が経ってもどうしても地震に過敏になりがちな私で、
 傍目からみたらなんて大げさなと思われた事かもしれません。
 今回これが過呼吸になり震えが止まらず、
 パニックになることだということを実感しました。
 そんな時にご近所の方の温かさを身にしみ、
 本当に夫婦共々感謝しています。
 地震のような災害の時に、助け合いは本当に嬉しいものです。
 できることをする・・・これだけでも大きな支えになってくれます。
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top