01.21
Tue

めったにバスに乗ることはないのですが、
所用で乗った時のこと-

交通事情などでバスは時間どおりに来ない、というのを耳にします。
朝夕の時間帯なら尚更のことでしょう。
たとえ昼間であっても、五十日とかだと交通量も多い。
最近は、遅延情報がわかるアプリがあるから、
遅れている時間を考慮して、
バス停に向かうことができるのでよいのかな。
ただこれも鵜呑みにすると、
遅れているからと思って油断すると、
途中で早くなったりすることもあるので、
まぁ、早めに待っているほうが安心なのでしょうけれど。

バスの遅延となる原因は交通渋滞ばかりでなく、
車内で両替やSuikaやPASMOにチャージ。
停車している時にしかできないので、
手間取ったり間違えたりするとそれも遅延の原因になります。
運転手さんの苛立った口調で、
間違えた人はすごく恐縮したり。
まぁ、運転手さんにすればできるだけ定時運行に
つとめたいと思っているからでしょうけれど、
ずっとブツクサ文句を言っているのも聞くに忍びない。
そこは人によるってことですかね。

さて、めったに乗ることがないので、
その光景を初めて見たのですが-
とあるバス停に着いて、運転手さんが乗客の1人に、
別の座席に移動を願いでたのか、
その方が別の座席に移ったかと思うと、
素早く座席シートをなにやらしてます(私の位置から見えず)
そして運転手さんはバス停に降りて、
乗車口のところのスロープを引き出しました。
車椅子の方が乗って来られるのだとわかりました。
かなりのご高齢者で手先も不自由だったようで、
運転手さんが介添えし、電子マネーのカードを翳し、
座席に車椅子を固定。
降りる時は、またスロープを引き出し介添えし降ろし、
待ってもらっている間、運転手さんが前の降車口まで走っていき、
電子マネーを翳し手渡すという、
その一連の動作の手際の良さに驚いたのですが、
それ以上に運転手さんの細やかさと
丁寧な物腰に和みました。
昨年、どこかの県で車椅子対応バスなのに、
乗車拒否というニュースを耳にしたり、
ものの言い方がぞんざいな人がいたりするので、
ちょっと不安がよぎったりもしました。
また、たとえ数分のこととはいえ、
こういうことでバスの遅れもあるのだなと
恥ずかしながら知った次第。

誰一人としてバスの遅れに不満げなことを
言う人もいなくてほっ。

バスの中は温かい雰囲気に
包まれた感じがしました。


line11.gif




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top