03.26
Tue

この冬、着用した服(通勤時)を見てみると-

制服化しているわけではないけれど、
手にとるものが同じで、
迷うこともなくなり、
服のローテーションが定着。
そうなると着なかった服というものもでてきました。

クリーニングに出す頃-
季節の変わり目-
来シーズン着るかなぁと思うものがでてきます。
我が家は衣替え作業をしなくなったので、
整理はいつでもできるのですが、
季節の変わり目が1番わかりやすいだけでなく、
気持ちの整理もつきやすいと思います。
あきらかに着ていないのには、
何らかの理由があるから。
理由を明確にしておくと、
処分するか否か、
気持ちが固まっていなくても、
判断材料のひとつにもなります。

なかなか処分できず、
手元に置いておきたい理由は、
買ったときの価格を思い出して、
処分するには惜しいという気持ち-
傷んでいないのに、捨てるにはもったいない-
ものすごく思い入れ、思い出があるから-
色々と湧き上がってきます。

もちろん手放す決心ができて、
自分の気持ちに折り合いがついたとき、
処分すれば良いのですが-

何年も何十年も着ていない服は、
この先、絶対といっていいほど着ない確率が高い。
そのことを踏まえて、
一時置きにしても、仕舞い込んだままにせず、
区切りをつけておくことで、
モノを溜め込んでいた親の二の舞にならないかなと
思ったりします。

tree01.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top