01.23
Sun
先日の記事『「捨てる」と老後の暮らしをセットで考える!?』の追記ですが・・・。

先日の記事でご紹介した老前整理や整理整頓をする片付け術などが
書かれた本などを未だ読んではいないのですが、(いつも貸出中なんですよね・・)
どちらも不要なモノは手放して、すっきり暮らしましょうということを
言われているのだと思います。

今、入ってくるモノを断つ、不要なモノを捨てる、モノに執着しないことと
老後を暮らしやすくするために自分でできる体力も気力も判断力もあるうちに、
不要なモノを整理しましょうということも、モノを手放すことがキーワードです。

でも、色々な生き方があり考え方もありますね。

モノがあってもすっきりと片付けて暮らしていらっしゃる方。
モノを手にし所有することで幸せな気持ちになって、
生き生きと暮らせる方もいらっしゃいます。

モノが多くて片付けに途方に暮れたら、モノの数を減らしてすっきりする人。
モノが多くても、分類し整頓できるヒントを得たら片付けられる人。

モノに対する価値観が違ったり、もったいないという感じ方も様々です。

モノを捨てる事がもったいないと思う人。
捨てることはもったいないから捨てられない、でも使えなかったり。
また、使わないならもったいない、ならば処分しましょうといったり。

十人十色 なんですよね。

片付けができなくて散らかった部屋をなんとかしたいと思った時、
一足飛びに片付けせずとも、自分でしやすいところ、
得意分野から始めれば良いと思っています。
かつての私は、そうでした。
今も性格的にはまとめてできないので、掃除も片付けもこまめに少しずつ。
私はモノが多すぎてモノを大事にできなかったところがありました。
なので、モノを少なくして使いこなせる分だけを大事にしようと思いました。
モノが多すぎてモノを粗末に扱い、大事にできないなら持つことよりも、
手放してリセットしてから、モノに対して向き合えば良い
と思っています。
そこには、住まいとモノの関係もありました。
雑誌や人の言動に影響されたりしたりして、自分が見えなくなる時もありました。
自分に合うところだけイイトコ取りして、背伸びすることのない暮らしになりました。

誰かに委ねるにしても、自分でモノの始末をつけられるなら、
モノをどう持とうが人それぞれ。
自分がどういう暮らし方、生き方をしたいかで選択をすればよいのかもしれませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/353-a550b2ac
トラックバック
コメント
最後の1行、まったくその通りですね!!

自分が納得・満足なくらしがいちばんですね♪

新婚時代に住んだ小さな賃貸くらしでは、
偶然にも、同世代の新婚世帯の入居者さんばかりで、
交流をつうじて皆さんの暮らしを拝見しましたが、

同じ間取りでも、らしさ・・があって
住人十色・・ですね~。

いいな~と思ったところは、無理のない範囲で
自分流に取り入れるのが、新鮮ですよね☆

私も、ココリンさんのブログからいいとこ取りして
楽しんでます☆☆!
よゆみみ | 2011.01.23 13:25 | 編集
老前整理をするにはまだ早いけれど、気がつくと整理したほうがいい時期がきてしまう方々を見て思うんですが。
身動きしにくいことや死ぬことに向かって持ち物の縮小をされている方、いままでの持ち物をやはり持ったままでいられる方、、、さまざまいらっしゃいますが、これまで必死でやってきた自分に、いままでガマンしていたからご褒美、、、てなかんじで、モノを増やされる方を見ます。
雑誌や人(知人や尊敬する著名人)の言動に影響されてモノを増やす若者とは違う増やし方です。
努力が実を結んで財力がある場合だと、高額の品であってもハイスピードで大量に購入されるので見ていてビックリします。(ビックリするのはあくまで私の価値感ですが、ストレスを物欲を満たして補うタイプの人って、お金を持つとこうなるのだな、、、と思いました。)
そこそこの年齢の方というのは好みが確立していて、機能も自分に合ったものを的確に選んでいるし、買ったものは上質だったりするので、処分が難しそうです。^^;
それはその方には合った買い物の仕方なんでしょうかれど、縮小したほうがいい時期が近づいてくるときに物欲がパワーアップするパターンには自分はならないようにしたいです。
ココリンさんがイイトコ取りして背伸びしない暮らし方を、、と仰られていますが、そうですね。
自分は物欲の強いタイプなので、持ちすぎずに豊かに暮らすことを無理矢理にでも意識しないと、後々怖いと思いました。
梅松竹子 | 2011.01.23 15:50 | 編集
まさにそのリセット中なので物を処分することが多いのですが、
>手放してリセットしてから、モノに対して向き合えば良い
と聞くと処分する罪悪感から少し開放され、とっても気持ちが楽になります。

私もイイトコ取りで自分に合った片付け中です。
一人の人が言ったり書いたものが全て自分に合うわけないと思って。
自分が心地よいと思える暮らしにするのが一番ですよね。
okatazuke-sale | 2011.01.23 16:17 | 編集
私はモノがどうしても捨てられない人のひとりです。
幼い頃、祖母と過ごす時間が多かった事もあり、
「もったいない」の言葉がどうしても頭から離れなくて・・・(苦笑)
でもアラフォーとなった今、親族の不幸などにも直面すると、
必要の無いもの(本人にとっては必要だったのでしょうが・・・)
を保管しておく事が、
残されたものには整理するのに本当に大変だという事を実感して、
自分の身辺も見回しているところです・・・。
モノの処分は容易い事ではありませんが、それも必要な事なのですよね~。
いつもココリンさんのブログは、
私のモノの整理に大きく参考にさせていただいています!
今年はまず、衣類の処分からスタートしましたが、
少しずつ身の回りで本当に必要なものと、そうでないものを、
きちんと見極めて整理してゆきたいと思います。
Apfel | 2011.01.23 19:37 | 編集
モノとの関わり方ってほんと人それぞれですよね~

最近、雑誌とかで収納とか 片付けとか 興味を持って
読むようになり
またブログで 色んな方のインテリアや 整理整頓の 様子をみせて
もらったりして
自分の中で 自分はどうゆう方向でいこうかなぁ~って
考える良い機会をもらってる気がします。

今の我が家は まだまだ モノが多すぎて
必要 不要の 見分けが難しいところが多いです。
姑もいるし 来客も まぁまぁある 田舎のなので
なかなか自分はいらないけど・・では、 すまないのが
難しいところです^^;
らんらん | 2011.01.23 20:07 | 編集
こんばんわ~。

自分が(家族が)どうしたいか、
今の許せる範囲で暮らしたい形をとることが、
良いような気がします^^

よそでいいなあと思ってとりいれたくても
物理的にムリだったりして、
自分に合う形で取り入れて
心地よい暮らしにすれば良いんですよね~♪
色々な人のインテリアや考え方など、
すごく刺激を受けますね★★
ココリン | 2011.01.23 20:36 | 編集
okatazuke-saleさんは欲張らずに、
モノを手放していらっしゃるなあと思います。
「捨て」最中でもちょっと収納モノに目が
いきがちになったりして、捨てているのやら、
増やしているのやらだったりもしがち。

よそのおうちを見て刺激を受けたりして、
影響を受けて、自分にとりいれて、
暮らしやすいようにする、これも一つの方法ですもんね^^

ココリン | 2011.01.23 21:12 | 編集
Apfelさんのおっしゃることすごくわかります。
私も「もったいない」って言われて育ってきました。
ここへきて、モノを持つことも暮らしのうえで必要。
でもモノの多さで周りが迷惑する場合もあるということを
間近で見たりすると、老後になってからのモノの整理は
大変だと思いました。

いえ、(/ω\) ハズカシイです。そういっていただくと、
嬉しいです。
モノを大事にしつつも、必要でなくなれば手放して、
ちょっと身軽にしておきたいですね^^
ココリン | 2011.01.23 21:24 | 編集
竹子さんと一緒のこと思ったことあります!
「ストレスを物欲を満たして補うタイプの人が、
お金を持つとこうなる・・」ってこと。
年齢を重ねると色々なことが、「変える」ことが難しくなっていくと
思うのです。だからさてモノ減らしをしようとしても、
それは難しいと思います。
持ち物に対する思いや執着の仕方は人それぞれですが、
自分の身の丈を考えると、自分にあった暮らし方をして、
ムリがない生き方をしたいなあと思います^^
ココリン | 2011.01.23 21:33 | 編集
そうですね、モノとの関わり方って
ほんと人それぞれですよね。

らんらんさんのおっしゃるとおり、
自分はいらないけれど、そうもいかないってこと、
暮らしの中でありますよね。
こうしたいけれど、実際は難しい。
できる範囲で自分らしさが見つかればいいですね^^

ココリン | 2011.01.23 21:40 | 編集
本などを見て、刺激を受ける方は
物を少なくすっきり暮らしてる方です。

日本人は外国の方に比べ、物を多く持つ傾向が多いようです。だから、断捨離等の本が売れるのかしら。(笑)

1つ1つを愛情を持って大切に出来れば、
物の数は関係ありませんよね☆☆☆
rionn | 2011.01.24 08:50 | 編集
おはようございます^^

どうなんでしょう・・きっと
戦後のモノのない時代から高度成長期を経て、
モノを持つことが豊かな象徴とされた部分が
ありその後引き続いてきたからではないでしょうか?
モノを持ってもケアできれば良いんだと思います。
ケアできないということは、その人にとって
モノが多すぎるから・・私でした(笑)
非常に反省すべき点でした(ーー;)
自分らしく^^がいいですね。
ココリン | 2011.01.24 11:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top