04.26
Thu

洗濯物を畳みながら、
夫のワイシャツやTシャツ、枕カバーの臭いを嗅ぐ。
(決して臭いフェチではありません)

30~40代のミドル臭い。
加齢臭(50代以降)とはまた違う成分の臭い。
どちらにしても気になる臭いです。

これまでは、漂白する目的もありましたが、
やっぱり臭い防止の意味もあって、
酸素系漂白剤を使用してきました。

でも今は洗濯マグちゃんがお試し期間中なので、
洗剤半分の量と併用中ですが、
部屋干しの臭い同様、
乾いてからの洗濯物に染み付く臭いもなく、
気になりません。

私がお洗濯に1番に望むのは「臭い」
汚れ落ちも気になるところですが、
部屋干し、洗い上がりの臭いは気になるところです。

部屋干しの時の臭い対策も
これまで洗剤ジプシーを繰り返した結果、
お湯で洗って、洗剤+酸素系漂白剤を使用し、
臭いも解消されて安定していました。

mono33.gif


その後-
気になっていた半信半疑のマグちゃんを使用開始。
お湯洗いをしていませんが、効果は感じられています。

手持ちの洗剤がもうなくなるので、
マグちゃん追加で、1本化になりそうです。


+


私の考えですが-

我が家流 洗濯のコツ。

・洗濯物を溜めない。

・脱いだ衣類はカゴにいれて、
 洗濯槽にいれっぱなしにしない。
 
・洗濯物の量は入れすぎない。
 つい手っ取り早く1度に洗いたくなるものですが、
 汚れも落ちにくいし臭いの原因に。

・洗剤だろうがマグちゃんだろうが、
 洗濯に於いて下処理は重要
 首周りの汚れ、皮脂などの汚れは、
 下処理しないと汚れが積み重なってから洗うより、
 日々面倒でもウタマロなり、セスキ炭酸ソーダなどで、
 洗ってから洗濯機にいれる。
 シミの場合もつけた時点で、水洗いでもいいから、
 先に落としておく。その後、しみ抜きしてから洗濯機にいれる。

・洗い上がったら、すばやく洗濯槽から出す。

・洗濯物をフリフリする。 
 この回数が多いほど、繊維が膨らみフワフワになる。
 かつてはゴワゴワを心配し、柔軟剤必須の私が、
 柔軟剤がなくても大丈夫と思えたのはこの方法。

・部屋干しでタオル等々の嫌な臭いを消したいがために、
 柔軟剤の香りでごまかすのは無理。
 臭いは匂いでは消せない。

・部屋干しする時は、
 扇風機、サーキュレーターなどで、
 風を通しながら洗濯物をできるだけすばやく乾かす。
 
・今までについてしまったタオルなどの嫌な臭いは、
 煮洗いするとすっきりします。


これから部屋干しが増える梅雨がやってきます。
どんよりしたアノ臭いとはおさらばして、
快適空間にしたいものです^^


     





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top