02.04
Sun

オキシクリーンのことは、
様々なブロガーさんが書かれているので、
今更、その効果がいかほどかなんて、
書くまでもありませんが、
私なりの方法を覚え書きとして。

+

アメリカ版 オキシクリーンを使用。

浴室の換気扇。
こちらは洗った方が手っ取り早いと思うので、
敢えて換気扇カバーはつけていません。
シロッコファンの掃除も汚れをためすぎた時は、
酸素系漂白剤のみで浸け置きしても落ちず、
セスキ炭酸スプレーしてゴシゴシ擦るのに一苦労。
なので溜めないようにすれば、
台所用石けんでも十分ですが、
羽の部分はやはりブラシ必須でした。

オキシクリーンを購入してから、
オキシ漬けをしたくてウズウズしていました。(笑)

60℃のお湯で30g溶かして、20、30分放置。

IMG_20180204-001-5576.jpg


もっと放置すれば良いかもしれませんが、
せっかちなもので。
少し汚れが残っているのは、
シャバシャバとするとスルリと汚れは落ち、

IMG_20180204-002-5580.jpg

最後はお湯で洗い流すと、
ブラシでこすらずともすっきりキレイになりました。
\(^o^)/

IMG_20180204-003-5582.jpg

+

シロッコファンをオキシ漬けしている間、
ずっとサボリ気味だったコンロの五徳掃除に取り掛かりました。

油汚れ、コゲ、ヤケ、酷い状態です。

IMG_20180204-004-5570.jpg

一般的にオキシ漬けは、
40℃~60℃のお湯に溶かし、
20分~6時間以内で浸け置き。


主成分である酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)は、
温度が高すぎたり、6時間を超えると効果がない。


以下私が個人的に行った方法です。
上記の特性を考えると効果が
薄まるかもしれないのを承知の上、
きれいになったから良しとしました。
この方法は邪道だと言われるかもしれません。
もしマネをされるならば、自己責任でお願いします。

五徳の汚れがあまりに酷いので-

鍋に五徳を入れてオキシクリーンを多めに投入。
(量は適当です)
浸け置きしている間のお湯の温度の低下を防ぐために、
弱火にかけたまま煮洗い。
(沸騰させたことが効果を失わせるのかもしれませんが)

油汚れが浮き上がってきたといいましょうか、
またたく間に白い泡が茶色の泡に。

IMG_20180204-005-5573.jpg

その後、火を止めて1時間ほど放置しました。

油汚れは落ちていましたが、
ヤケ、コゲはところどころ残っていたので、
五徳を取り出して少し擦り(この時点では落ちていません)、
水で洗い流して、先程の工程を再度繰り返しました。

今度は最初の時ほど茶色になりませんが、
汚れが浮いてくるのがわかります。
一度沸騰したらしばらく放置して洗い流すと-

IMG_20180204-006-5601.jpg


気になっていたコゲ、ヤケは落ちて、
すっかりきれいになりました。

帰宅した夫も、これまでで1番きれいになったと言うほど。

IMG_20180204-007-5607.jpg


今まで五徳掃除は重曹やセスキなど、
色々使って掃除をしてきました。
重曹で浸け置きしても、油汚れは落ちても、
完全にコゲ、ヤケは落ちません。
なのでゴシゴシは必須、サッシヘラでこそぎ落としていました。
その頃はそれで十分掃除しやすくなったと思っていましたが、
オキシクリーンの効果を知ると、いやもうあっぱれです。

今回は頑固な汚れなので、
私の自己流で煮洗いしましましたが、
油汚れぐらいなら、一番効果的な使い方の
オキシ漬けで十分だと思われ。

今までよりも手間がかからず、五徳掃除がラクになりました。

+




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
コメント
おぉ、五徳キレイになってる!
ウチも使用頻度高いので(主に母のせい(笑)
すぐ焼け焦げつくのでオキシクリーン
ますます気になります。
掃除がことさら好きな訳ではないけど、汚れがスルッと落ちるのは
気持ちよくてストレス解消になるよね。
ぎゅうすけ** | 2018.02.05 13:24 | 編集

ぎゅうちゃんへ

うん、これまで以上にきれいになったんで、
自分でも驚きなのよ~。
コゲは一晩置いても落ちなかったことあったし。
なのですっかりオキシクリーンにハマってしまいました。
ちょっとクシャクシャすることもあってね、
無心で掃除ができたのも良かったよ(笑)
HASU* | 2018.02.05 17:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top