01.13
Sat

IMG_20180113-5293.jpg

人間、得手不得手あるもので。
センスの問題はさておき、
どんなに一生懸命しても、
上手くできなかったりすることもあります。

上手くできない、が続くと、嫌いになり、
苦手意識が高まります。
努力の積み重ねで、
なんとかなることもあります。
でも、なんとかなったとしても、
できることならしたくない、苦手なものとなったり。

また、そこそこできることでも、
積極的にしたくないものだってあります。
自分の得意とすること、不得意とすること、
そりゃありますよね。

おうちしごとも然り。
料理や掃除や洗濯といった家事。
苦手だからといってしないわけいきません。
避けては通れない、一生続くしごと。

苦手なものを努力することは大切だと思うけれど、
嫌いなものを無理して好きになろうとする必要もなく。
でも同じするなら、少しでも楽しくできればいい。
することが億劫にならない工夫をしてみたり。
周りに合わせる必要ないし、
目標を高く掲げることもいいけれど、
ハードル高すぎ、と思ったら、ハードル低くして、
とっつきやすくした方がいい。
もう少しできそう・・でも今日はやめておこうか、また今度。
そんなくらいがちょうどいい。
細く長く続けられる方がいいと思うから。

lp.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 4
コメント
うん、わかる私の苦手部門はやっぱり料理。
進んでめんどくさいメニューは作りたくないし
三度のご飯で充分なので、お菓子は絶対作らないし。

できる主婦はオール手作り、子供のお菓子も、みたいなイメージがあって
コンプレックスだったけど、嫌々やってもしょうがないし
私なりにでいいや、ってようやくいい意味で開き直れた気がするよ。
ぎゅうすけ** | 2018.01.13 20:55 | 編集
ぎゅうちゃんへ

私も苦手部門は料理だなぁ。
気分にムラがあるし(笑)
そうそう、同じやるにしても嫌々やるより、
ちょっとでも嫌にならずに手抜きもOKよ、くらいの気持ちで
自分ができる方が投げ出さないでいいもんね、って思うと、
ま、いっか~って気持ちは楽になれる気がするもん。
HASU* | 2018.01.13 20:59 | 編集
苦手な事。私もお料理(⌒-⌒; )
我が家のお出汁は鰹節を実家の親が出入りする業者から買ってくれていたのですが、最近取引先を変えたので手に入らず。
だしパックをいただたり、サンプルで実家がもらったものを使ってましたがそれもなくなり。
昆布だしのだしの素をスーパーで何年かぶりに購入したら、ハードルが下がったのか、お料理作るようになりました。
メンタル下がってたので、お惣菜ばかりの毎日でしたが、だしの素でお料理のやる気が戻りました(笑)

気力がない時は、うまく〇〇の素を使うのも手だなぁ。と思いました。

苦手なものは苦手。それは仕方ないので、その苦手な自分を少しでも楽に手抜きできるように、苦手なんです(^^)って笑顔で言える方が自分も楽だなぁ。と思いました。
くろくろ | 2018.01.25 00:48 | 編集
くろくろさんへ

苦手仲間~(笑)
そりゃね、理想というか「体」のことを思うと、
自分で出汁をとったりするのが1番だと思うけれど、
何が何でもそうしなきゃだめ、子供の体のことを思うと手作りしなきゃ、と
課せることで、苦手意識が克服できるならいいと思います。
が、できない人もいるんです。(私も気分が向いた時でしかやっぱり無理)
それよりも、作らないより作れるように、そしてそれを続けやすくするために、
市販のだしの素を使うのもアリだと思うんです。
悲壮な顔で苦手なんです、より、笑顔で苦手といえる方がいいと思います。
苦手だけどちょっとづつできることをしていく方が、
無理なことを積み重ねてもっと苦手になるよりいいと思うんですよね。


HASU* | 2018.01.25 09:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top