09.26
Tue

今は音楽も本もネットでDLできたりして、
お手軽に手に入るようになり、
スマホで読んだり聞いたり便利な世の中だなぁと思います。
昔も、借りるというスタイルもありましたが、
とくに好きなものは購入して、揃えたいという気持ちが強かったかも。
シリーズは全種類持っておきたいとか・・ね。
で、欲しい本やCD、手に入れてはどんどん増えていきました。
その頃は、手に入れたものを手放すという感覚は
持ち合わせていませんでした。
雑誌はともかく、本は財産というような
そんな意識があったのかもしれません。
中学や高校の時に読んだ小説でさえ、
捨てられないからすごい量になっていました。
それも、結婚と同時に私の手元からは離れましたが、
もし、今の住まいで収納可能だったとしたら、
持っていったかもしれません(笑)
実家に帰ればそこに本があるし。(って、今はないですが)
ってな感じで、いつでも読めるからまぁいいやってね。
大人になって買った本は、持ち帰ったりしたものもありますが。
でもね、実際は帰省してもほとんど読むことは皆無。

その後、モノとの付き合い方が変わって、
買うという選択肢以外に、
借りて読めるなら、借りて読めばいいし、
何度も繰り返して読みたいと思うものは購入すればいいし、
と思えるようになりました。
所有欲がそれほどなくなってきたのかもしれません。
全くなくなったわけではありませんが、
所有することにこだわらなくなったのかもしれません。
だから持ち数が少なくても、よりすぐって選んだものという意識が
あるせいか、満足度は高くなっているのかも。
それと、不要なモノをどうするかの判断が、
つきやすくなったのかもしれません。




lp.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 2
コメント
うん、わかるわかる。
私も本好きだったせいもあって、本は特に手放させなかったもの。
でも、昔感銘を受けた本もじゃあ読むかって言うとそうでもなく。
10年以上読んでない、と気付いた時にやっと踏ん切りがつきました。
いざとなれば図書館で借りる手もあるし
読み返しはしなくても、当時の感動は今の私の一部になってる
と思えたから手放せたんだと思う。
ぎゅうすけ** | 2017.09.26 16:59 | 編集
ぎゅうちゃんへ

ぎゅうちゃんは本当に本好きだし、
たくさん読んでいるから、
本に対しても愛着はもっていただろうね。
踏ん切りがついたから、今があるんだろうね。

当時の感動が一部になってると思えたって
素晴らしいことだよ。
だからまたどんどん読んでまた一部となって増えていくね~。
HASU* | 2017.09.26 21:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top