09.05
Tue

今年の夏は-
カラっとしたいかにも「夏」って感じではなかったけれど、
蒸し暑かったと思います。
9月にはいって、急に肌寒かったり。

こういう曖昧な時は、
衣替えスタイルをなくして良かったと思っています。
かつて奥行きのある押入れに、夏、冬とわけていれていた押入れケース。
衣替えがとても億劫でした。
ま、押入れケースにはいっていたそのほとんどは、
着ていないものも含まれていたので、
それらを処分したら、奥行きのないケースで十分になりました。
それ故、いつでも取り出せるようになって、
通年いつでも自分の感じる温度で選べることは、
さっと対応できるようになり衣替えの億劫さから解放。

一枚一枚、衣替えを行い、
衣類の確認をする暮らしも、
丁寧な暮らしだなぁと思います。
丁寧な暮らしに憧れた時期もありましたが、
どこに、なにに、自分が力をいれたいのか-
暮らすスタイルは人それぞれ違うので、
嫌にならない家事の仕方をする方がいいなと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 6
コメント
季節に合わせた服や、その日の温度で
すぐ取り出せると本当に便利ですよね~♪
私もそうしています。
確かに衣替えって、ほんと億劫だし(-_-;)
私もゴミ箱の数を減らしたり・笑
嫌にならない家事方法を今後も見つけていきたいワ。
家事って、一生続くものね~(-_-;)
年々、体力が徐々に下がるし
ほんの少しでもラクな方法を見つけたいわ~(;^ω^)

yuririn | 2017.09.05 13:46 | 編集
yuririnさんへ

yuririnさんも衣替えなしなのですね。
すぐに取り出せるっていうのは、
やっぱり便利だし、衣替え、ね~、億劫ですよね。
ゴミ箱、偶然にも同じだったんですよね^^
家事って終わりがなくて一生続く仕事ですしね、
ほんと、体力は下がっていくし、ということで、
やっぱりラクに長続きできる方法がいいなと思います。

HASU* | 2017.09.05 19:46 | 編集
四季がはっきりしてれば衣替えの習慣も背筋が伸びる感じで
いいなと思うけど、ほんと今年みたいに寒かったり暑かったりすると
うっかり夏物もしまえないし、羽織る物も欲しいし…ってなるよね。
ウチは、ワンピとか一部だけ夏物と冬物を入れ替えますが
カットソーとかインナー類、パンツはそのまんま。
もう少し手持ちが減れば、一部入れ替えもいらなくなるだろうけど
そこまでは減らせないかな、というのもあって
これがワタシ流なんだね。
ぎゅうすけ** | 2017.09.05 20:58 | 編集
ぎゅうちゃんへ

うん、急な気温の変化があると、
前はさっとだせなくて困ったりしたからねぇ。
そそ、夏物がまだ仕舞えないけど、長袖が欲しいってときがあるからね。
うちは以前からワンピはずっと吊り下げていたから、
入れ替えとかはなかったけど、それ以外がね(-_-;)
大事なのは自分流なのよ!
うんうん。持ち数は人それぞれだしね。
私はあの入れ替え作業がほんと億劫だったから、
今は暮らしやすくなったけど。
ぎゅうちゃんのように一部入れ替えでも、
全部の入れ替えに比べるとずっとラクなんではないかなと思うよ。


HASU* | 2017.09.05 21:21 | 編集
>どこに、なにに、自分が力をいれたいのか
暮らすスタイルは人それぞれ違う

今日のエッセイのこの一言。
とてもパンチが効いていますね!
まさしくそうだなぁって思います。
そして、家事などのしんどさが年齢と共に変わるようにも感じてきているので、模索はこれからも続きそうな気配でいます。

HASUさんの衣替えスタイルをなくした事は、近年の季節感のズレのような過ごしにくさには本当に良いアイディアだと思います。
私も、真夏着と冬着の入れ替えのみにしてみると、それだけでもラクになりました。
きこ | 2017.09.06 15:02 | 編集
きこさんへ

こんばんは。

ずっと母がしていた衣替えスタイルが
当たり前だと思っていて結婚後も同じようにしていました。
時々母が重たい衣装缶(プラではなく)を押入れから出す時、
重たいと言っていたことを思い出します。
年を重ねるにつれてしんどくなるということ、
苦手な衣替えをなくすということが一石二鳥というわけで。
きこさんもきこさんの暮らしにあった衣替えスタイルなのですね。
自分がしやすいことが1番なのだと思います♪

HASU* | 2017.09.06 20:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top