12.14
Tue
どうでもイイ話なのですが、(^^; 少し気になることを・・・。
粉せっけんを使われていたり、柔軟剤などを使われていない方は、無縁な話だと思いますが・・・。

先日夫ちゃんが、「洗剤をキャップにいれて上から分量が確認できれば便利なのにね」と言います。
キャップを持った手が下の方でも目盛が確認できれば便利ということです。(我が家だけ?)

そう言われて「はて?」今まで意識せずになにげに使っているボトルタイプの洗濯洗剤や柔軟剤、
衣類の漂白剤などのキャップをまじまじと見ました。
そういえば、お洗濯をするとき、
無意識にキャップを目の高さ近くまで持っていって洗剤を入れます。
もしくは、下の位置の方でいれても、
目視するために、少し上まで持ち確認しています。

洗剤と柔軟剤や漂白剤とでは若干違いがあるものの、検証してみました。
我が家で使用したことのある洗剤のキャップのみなので、他はわからないので、
もし、親切設計の洗剤ボトルキャップがあれば、ご一報を(笑)
もちろんどのボトル本体にも詳しく、水量に対しての使用量は明記されていますが、
最近ボトルのラベルを剥がして使用されている方をよくお見かけするので、
ボトルキャップにご自分で細工をされているのかな?と思ってみたりしているのですが・・。


これは洗剤のキャップ。
なぜだか水量は55Lと30Lの目盛しかなく、
と、ここでいつも私が感じているのは、我が家はなぜだか水の量が45Lが多いのですよ。
なのでいつも目盛のないところ、真ん中の一段大きな輪の真ん中あたり(赤いラインあたり)だと検討つけて
入れているのですが、少し不便だなあと感じたもののたいして不満にも思わず、
目の高さくらいに持ってきて確認していたのです。
cap1.jpg



この洗剤のキャップは、水量60Lオンリーですw
ちょっと不親切なような気がしていました。
cap2.jpg



こちらは漂白剤です。洗剤と違い目盛も違うのですが、
この漂白剤の場合水量が45Lだと、目盛が赤いラインのとこあたりなのです。
cap4jpg.jpg



柔軟剤ですが、これは海外製の柔軟剤なので、ただ目盛のラインがついているだけで、
まあ、外国製は日本製と違って大雑把というか日本が至れり尽くせりなのかわかりませんが、
文化の違いなのでこんなものでしょうね。
cap5.jpg



これも柔軟剤ですが、こちらは新しい製品とあっていくぶん親切なような気がします。
ただ、日本製の他メーカーの柔軟剤はどうなのかわかりませんが・・・。
(いつも上記のメーカーのを使っていますが、自分では匂いがわからなくなるのに他人からは、
コレを使っていると指摘されることが多く、少し香りの違うものを使い出しました)
cap3.jpg




ところが、我が家が使うのをやめてまた我が家にやってきた洗剤(その時の記事はコチラ→)の
キャップは・・・・・・。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

め、目盛が記載されているではないですか~。
真ん中あたりのラインの45L!画像では見にくいですが、正面からでも45Lと見えるし、
上からでも確認できるではないですか!
いちいち目の高さまでキャップを持ってこなくても、洗剤の量が確認できますね。
cap6.jpg

あれ~、この洗剤前に使っていた時、私どうしてたんだろう(・_・?)
習慣で目の高さまでもっていって確認していたようないないような・・・
なんとも曖昧なのですが、今更ながら新発見、いえ大発見です(笑)

「えええ~この洗剤、意外にも使いやすいように設計されてるではないの?」なんて
思ってしまいました。
ということは、これと同じようなニュータイプの洗剤のキャップが気になるところです^^


けれどよくよく考えてみると、目盛が書かれた方を向こう向きにしたら、
キャップの種類によってはやはり見にくいものもありますが、
キャップの中裏側から見えなくはないのですよね(;´▽`A``

え?これってフツーにどなた様も当たり前にそうやって使ってらっしゃるのでしょうか?

45Lラインは書いていないものはどちらにしても確認できませんが、
ただ、こういう目盛が付いていたら、そこが正面でその位置で確認するという
思い込みや習慣だったのかなとあらためて思いました。

それとやはりキッチン洗剤同様、なぜにこういった洗剤モノのボトル本体は
色つきボトルなのでしょうか。本体が白でもキャップが色つきであったり、
非常に残念なところが多い気がします。
でもラベルを剥がしたら、真っ白け~なんていうのは消費者の声が届いたのでしょうか?
なんて思ってみたり。きっと企業も統計をとった上で色つきボトルにしていたり、
なにか理由があるのでしょうが、
「白いこのボトル、白のままでも良し、あなた好みで染めてちょ~だいな」みたいな感じには
いきませんでしょ~か( ̄∇ ̄;)
ラベルを剥がさずとも『使えるボトル』できませんかね~
我が家では、色々なカラーのボトルが主張しすぎで、
収納場所で協調性をなくしているんですが・・。(笑)

ボトルキャップから話がそれちゃいましたが、
本当に、本当にどうでもいいような、非常にくだらない話に
最後までおつきあいくださりありがとうございました(;´Д`A ```


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 14 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/304-43767242
トラックバック
コメント
なかなかおもしろい検証でしたw
うちでは液体洗剤がエマールくらいしかないんですが
やっぱり目盛を見るために持ち上げてますね~。
見えにくい角度だとイラっとしながら
腕をひねったり^^;

洗剤のボトルやらラベルって
間違うと大変なのもあったりするから
目立つように派手な色が使われてるのかなと思います。
同じ色ばっかりだったら
今度は洗剤と漂白剤とかを取り間違えて
イラっとしちゃいそうです(笑)
ぶれす | 2010.12.14 18:01 | 編集
我が家の洗濯機は、洗濯ものの量を細かく計ってくれます。(いまどき どこでもそうかしら?)23 とか 43 とか・・・この寮に適した洗剤を入れるよう、指示されているよう…
洗剤のキャップにしるしがあっても、大体このへんと適当に済ますので、勘頼みなのです。結局、適当にとか気分次第。
私はほんとに、大雑把です。

上からメモリが分かるのは、便利だと思います。

洗濯機が、昔 2層式のころ水量指定もそんなにこまかくなくて、計量スプーンの線も水量に合わせやすかった頃が、家事はしやすかったように思います。細やかになって、不便にもなったこともあると思っています。
洗剤の容れ物の色や大きさの違いは 整理収納教室でも話題になります。
ドイツでしたか、ヨーロッパだと思いますが、いろいろな製品もボトルを会社の垣根を越えて揃えていますよね。ラベルだけは、違うようですが。
家事がしやすいように、手数が減るように、収納しやすいように、製造者には考慮してほしいです。
ぽけっと | 2010.12.14 18:38 | 編集
そういやそうだな~。
最近洗濯を自分でしていないからいまいち
ぴ~んとこなかったのですが、
そういえばそうだ!!
(洗濯機は下の義両親と共同なので、旦那が洗いに行く人にいつのまにかなりました。。)
なぜ量じゃないのか??
ふしぎだな~。
ちくちくHolic | 2010.12.14 19:06 | 編集
なるほど面白いですね。
私 相当な大雑把人間なのでメモリなど全く気にせず
適当に入れてました(^^♪
ボトルの色は本当にそうですね、私も同感です。
シンプルな真っ白な容器って少ないですよね。
量販店でも無印みたいにシンプルな容器で
販売してくれたら売上もきっと伸びるだろうな、などと
思ってしまいます。
奈緒 | 2010.12.14 19:48 | 編集
日本のものは本当に丁寧ですよねー!
こちらの柔軟剤のキャップには、目盛りなどほとんどついていません。
いつも大体の目分量です(苦笑)
日本に帰省すると、必ずエマールを購入してくるのですが、
このエマールのキャップを見るたびに、細かい目盛りにいつも感心しています♪
意外なところで日本を感じてしまう瞬間です!^^
Apfel | 2010.12.14 21:10 | 編集
コンバンワ(^ー^)

笑っていただけましたか~?
日頃気にもとめてなかったので、
こんなにじっくり見ることもなかったのですが・・。
私も、見えにくくてイラっとしたこと
あります(笑)

あ~そっか間違わず使うためにも
目立つ色か・・なるほど・・。
そういう側面から考えていなかったです(^^;
漂白剤と間違えたらエライことですもんねぇ。
それこそブチ切れそうになったりして( ̄∇ ̄;)

ココリン | 2010.12.14 21:49 | 編集
こん^^

あ~ちくちくさんのところは、
そうでしたね、同居されているので、
お洗濯ご一緒なんでしたね~。
大雑把な目盛しかついていないのが、
びっくりでした(笑)
でも深く考えたことなかったんですがね~。
ココリン | 2010.12.14 21:56 | 編集
こんばんわ~。

ヒマ人ですね~わたし(笑)
同じ洗濯物の量でもメーカーが違うと
洗剤の量が違っていたり・・・。
覚えられないんですよ私(;´▽`A``
ボトルね・・・。ほんと
カラフルすぎるのですが、誤使用防止だったり、
色々理由があるのかもしれませんね。
企業の思惑に興味ありますw

ココリン | 2010.12.14 22:09 | 編集
Apfelさんはやはりそう思われますよね。
日本と違って、絶対に目盛なんてないですよね。
日本が親切すぎるのでしょうか・・・。
でもでも細やかなところが日本なんでしょうね。
それでも、我が家では自分のところの
都合で不十分だと言ってますが(笑)
エマールのキャップってそんなに細かい目盛が
ついているのでしょうか!?
ちょっと気になります^^ またまた発見です♪


ココリン | 2010.12.14 22:18 | 編集
目盛があってもよく見ていなかったといえば
そうなんですが、それでも目で確認するには
ちょっと持ってって感じなのが・・・。
おおよその検討でいれていても、
45Lってあったら嬉しいな~なんて^^

そうですね。細かくなると色々と影響がでたり。
日本も会社の垣根を越えてくれたら、
もう少しいいなあと思いますね。
規格サイズで統一されたら、それだけでも
使いやすいなあと思いますね。

ココリン | 2010.12.14 22:23 | 編集
油性ペンで線を見やすく書き込むというのはどうでしょうか・・・。友達が米びつにプラスチックのカップを入れていて、カップの内側の一合の分量のところにマジックで線を書き込んでいて、とても見やすかったです。別にわざわざ計量のためのカップを買う必要はないんだな~と思いましたです。
梅松竹子 | 2010.12.15 03:38 | 編集
こんにちわ~。

お~油性ペン!!そういう手がありましたか!
なんで頭が働かないんだろ~とつくづく自分でも
思ってしまいます(ーー;)
これいただきますw
なんだかな~なんだかな~私にも知恵がわいてこないかしらん^^


ココリン | 2010.12.15 13:09 | 編集
ズボラ&てきと~な私も珍しく
ちらっとだけ、気にしたことがありました。。

でも、我が家の洗濯機は、
投入した選択物の重さ(あるいは量)で
水の量を判断するらしく、
一体水が何リットル使われているかは
表示されないのです!!謎めいた洗濯機。。。

だから、どれだけ洗剤を使うかは、
自分のカンに頼るしかなく。。。
頼りない日々ですね。。

それでも、目盛はなぜか気になってしまうのが
自分でも不思議!濃縮タイプだと少量でも
違いが大きそうですよね~☆☆!
よゆみみ | 2010.12.15 15:25 | 編集
こんにちわ~といいながら、
陽が落ちるのが早い・・(^^;

うちも水量は洗濯機が判断するのですが、
洗濯物を入れたとき何Lか表示されるので、
それをみて洗剤をいれているのです。
で、結局目安としてキャップに
頼らざるを得ないんですが、
書いてない目盛の水量ときてる(笑)
洗剤も今めちゃくちゃ使ってみたいのがあるのに、
キャップのことも気になっちゃってヾ(´▽`;)ゝ
なんだかどうでもいいことなんですがね~o(〃^▽^〃)o

ココリン | 2010.12.15 16:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top