11.23
Tue
暮らしの中で、全て自分のお気に入りのモノばかりで生活できれば、
最高ですが、なかなかそうはいかないところもあります。

「断」ということについて少し考えてみました。

おうちの外から入ってきたモノが、自分の好みで、丁度使うモノなら大歓迎ですが、
そうでなかった場合さて、どうしましょ。

先日の新聞の勧誘の時の粗品のように(不覚にも私はいただいちゃいましたが)
即座にことわることも可能です。そういった粗品の類ならたやすく処分しやすいかもしれません。
入ってきたモノを置き続けないで、処分すればモノは増えることはありません。

けれど身内、特に義理がはいる間柄からの贈り物で、好みのモノでない場合
困ってしまうことありますよね。

相手方が「それぞれ好みがあるから、好きなものを買いなさい~」なんて
思ってくれれば問題ないのですが、それでも大なり小なり、
義両親からの贈り物で、悩むことってありますよね。

いただいて、からが問題なのですよね。

ずうっともらい続けますか?
今後も好みのモノでなくてもとりあえず頂いて、
不要なモノとレッテルを貼って押入にしまって、挙げ句フリマかバザーか。
たまの贈り物なら目をつぶることもできなくはないです。
そこらへんは、個人の感じ方次第といったところでしょうか。

実の親なら、気を遣うこともなく言えても、
義両親の贈り物であれば、言いにくいですよね。

ダンナ様にそれとなく言ってもらうのが1番良いと思います。
もちろん実の親子であっても、感謝の気持ちは忘れてはなりません。
でも少なくとも、嫁が言うよりはギクシャクしないのではないかと思います。
やはり、義理がはいると本当の本音というものが見えてきません。
それはお互い様だと思いますが。
なので、実の子供が親に言うのが当たり障りがないと思っています。

もちろん、相手の気持ちをおもんばかって、好みのモノでなくても受け入れ、
後からそれらの処分に費やす時間をもろともしない人ならば、
波風をたつようなこと(たつかどうかはわかりませんが)を言わなくてもと
思われるかもしれませんね。

でも、不要なモノだと思いながらもらい続け、「困るのよね~」と思い続けるより、
自分たちの気持ちを伝えた方が、長いおつきあいをしていく上で、

ずっとずっとラクだと思うのですが。



我が家は義母から、海の幸を頂くことが多いので、本当にありがたいと思っています。
なにかにつけて送ってくださるので、大助かりです^^

DSCF4874.jpg
 冷凍庫の残りものです・・・

蟹は好きなのですが、蟹ミソや外子、内子が苦手です。
夫ちゃんが好きでリクエストしているのでこれはしかたがありません。
なので、好きないくらの醤油漬けや秋刀魚などはしっかりアピールしているので、
そこはかとなく、余り好きでないものは伝わっているような気がします(* ̄▽ ̄*)

以前、義父から「河豚の卵巣の糠漬け」というものを頂きました。
好き嫌いのない夫ちゃんも私も、これにはお手上げでした。
で、夫ちゃんには絶対「おいしかった」と言わないで~と懇願しましたよ(;^_^A
いえいえ、流石に夫ちゃんも食べられなかったので、同意見でしたが(笑)
へたに「おいしかった」などと言おうならば、また届いたら大変です。
味がどうだった?と聞かれたら「お酒呑みでないから、我が家には・・・」って
やんわりと伝えるつもりでした。

他人や、そう親しくない間柄の関係であれば、頂いたモノが好みでなくても、
気持ちとうらはらに、偽った気持ちを伝えることもあるかもしれません。
長いおつきあいをしていく間柄、ずっとそれをしていたら、しんどいと思うのですよね。
嘘も方便ですが、嘘がわかったときに、嫌な気持ちになる嘘はつきたくないなと思っています。
ひとつ嘘をついたら、ずっとつき続けなければならなくなるような気がします。
なら、最初のうちに本当の思いを伝えた方が、心底、心のこもったつきあいが
できるような気がします・・・・が、相手がある話なので難しいかもしれませんね。



花咲カニは美味しいです♪




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 16 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/282-cd785b21
トラックバック
コメント
はじめまして^^
訪問者履歴から足跡をたどって参りました。

今日の記事、まるで私に向けて書いてくださったかのように感じてしまって(ちょうど昨日義母からの頂き物を「断」できなかったという記事を書いたので)、スルーできなかったのでコメント残させてください。

義理を挟んだ間柄からの好みでない贈り物、気持ちはありがたいのですが本当に困ってしまいますね(^^;

私は最近断捨離を通じて物を減らすことに目覚めたばかりなので、今までは義母からの色々な贈り物もありがたいと思うことはあっても困ると思ったことはあまりなかったのですが…。
断捨離をし始めて初めて「困ったな」と感じるようになってしまいました。
ココリンさんのおっしゃるように、これから先ずっと我慢するより、夫を通じてそれとなく伝えられたら一番いいのでしょうね。これにはまったくもって同感です。

でも、贈り物の対象が明らかに「嫁」の場合はどうでしょう?(^^;
食べ物などで「家族みんなでどうぞ」というような贈り物の場合、夫に言ってもらうというのは大変有効なように思いますが、「○○さん(嫁)、良かったら使ってね」という贈り物だと、夫に言ってもらっても、影でそれを言わせている嫁を感じてしまうのでは・・・。
うちの場合もそうなのですが、「嫁が言わせている」という感じになりそうだな…と思うと、やはり波風が立ちそうな気がして中々踏み切れません(苦笑)。

ココリンさんは、そういう種類の贈り物の場合どうなさっていますか?
参考までに聞かせて頂けたら嬉しいです(*^▽^*)
最初のうちに本当の思いを伝えた方が、心底、心のこもったつきあいができる…というのもその通りだなぁ、と心に響きました。
義父母とも本音でお付き合いできるようになれたらステキですね。
nagi | 2010.11.23 18:10 | 編集
日本人は贈り物大好きだし、いろいろ考えさせられますよね。
もうすぐお歳暮の時期、そして、クリスマス・・・
我が家、まだ、お中元の残り物が居座っています・・・
里子に出すことを検討中・・・
冷凍庫に義母から頂いた佃煮などが、長いこと入っていますしね^^

私も贈り物の授受について考えたいと思います。
ぽけっと | 2010.11.23 18:42 | 編集
わおーっ!!
なんてタイムリーな!!
まるで私のために書いてくださった記事?!なんて思っちゃいました(すみません((^^))。)
夫を通して気持ちを伝えるっていうのはアリですよね!!嫁からだとやはりどうしてもカドが立ちますものね。
ただ、ウチの今回のコストコの場合、子供は喜んでいて・・・・喜んでいないのは私たち夫婦だけで・・・・そのプレゼントは子供の為の物で・・・・子供が喜んでいるならそれでいいのかなという気持ちも片隅にはあったりして、でもやっぱりインテリアにこだわりたい私たち夫婦にはどうしても納得できない品物で・・・・やっぱり難しいです。
でも、今後は 夫を通して、インテリアに関する考え方とか趣味とかをきちんと伝えた方がいいなと思いました。
>心底、心のこもったつきあい
一生続く付き合いですから、本音を言い合える仲の良い関係を築けたら最高ですよね♪
奈緒 | 2010.11.23 19:28 | 編集
昨夜 義母から宅急便が届いたばかりの
ゆるまま家^^

結婚16年目ともなれば~
コレは要るだの要らないだのとハッキリ言えるような
関係になっております^^
でも最初は大変でしたわ(汗)
黙って戴いておりましたもん。でもおっしゃる通り
偽りの気持ちが相手に分かる方が辛いかと。
でもいつから・・・?思い出せない。
色々とぶつかり合ってきましたからね~。シミジミ・・・。
気が付いたら言える仲になってました 笑。

年月の経った姑と嫁の関係でしょうか!? 笑
ゆるまま | 2010.11.23 20:22 | 編集
こんばんわ。初めまして^^
ごめんなさいね、読み逃げです(;^_^A

参考になるかどうかはわかりませんが・・・。

私ね、以前は本当にことわることができなかったのです。
ストライクゾーンが広かったというのもあるのですが、とりあえず頂いてって
いう感じだったのですよ。でも、自分の暮らしというものを考えると、
モノは使うためにあるもので、使わないならもったいない。
使わないモノを持つよりも、使いたいモノ、お気に入りのモノを持って
暮らしたいと思うようになって、頂いても使わないだろうなと思うものは、
お断りしようと思ったのです。

nagiさんのおっしゃるとおり、特に自分(嫁)にどうぞと言われたものを
夫に断ってもらうのは、陰で言わせているととられかねないと思います。
それは仕方のないことだと思っています。
私は自分にどうぞといわれたものは、きっと自分で言っちゃうかも^^
良い嫁になることをやめたんで(笑)いえいえ、サラ~っと
「今、おうちのスリム化をしてるんで~」って感じで(笑)
ただ、どこまでいっても嫁姑の関係上、姑からみれば、息子(夫)がどんな風に言ったところで、
嫁に言われて言いにきたんじゃないの~?って思うのではないかなと思っています。
そこまで気を遣っていたら、身が持たないのとずっとこの先も、そう思うことがしんどいのです。
案ずるより産むがやすしだと思います。
断ったからと言って、こちらが心配するほど、あちらはそう思ってないかもしれませんよ^^
気持ちを持っておつきあいできることが1番です♪
長々と失礼しましたm(__)m
もしまた宜しければ遊びに来てくださいね^^

ココリン | 2010.11.23 22:03 | 編集
本当におつきあいって大変ですよね。
とくにそうそう、お歳暮だとか事あるたびごとの
贈り物・・・もうこれやめたいくらいです^^
ただ、こういうものもお互いの関係を
スムーズにいかせるための潤滑油なのかなと
思うと・・・難しいですね。

なので、消耗品がベストかなと思ったりもしますが・・。
難しいですね・・・。
ココリン | 2010.11.23 22:08 | 編集
こんばんわ~^^

ふふふ~この手の問題って悩むとこですよね。
奈緒さんのその話だと、ダンナ様も喜んでないなら、
言ってもらいやすいですよ~。
でも子供ちゃんが喜んでいるなら、やっぱり子供の意志も
尊重してあげねばと思う気持ちもでますよね。
難しいですね。
ただ今後もこういう問題が起きそうだと思えば、
ダンナ様に自分たちの考えを伝えた方が、絶対に良いと
思いますよ~。ずっとおつきあいするんですもん、
良い関係を築く上で必要だと思います(^ー^)

ココリン | 2010.11.23 22:17 | 編集
こんばんわ~^^

おお~流石です~。
そういうふうにハッキリ言えるような関係だと
ラクチンですよね。
やはり最初は、アカの他人、考え方も違うし、
色々大変だったのでしょうね。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン、 
でもずっとずとこらえたままでおつきあいするのって、
よそよそしい関係ですよね。
ぶつかり合って仲良くできる関係って、
理想的です!!
私も、良い嫁を演じるのをやめて、すごく
気がはらなくなっちゃいました(笑)


ココリン | 2010.11.23 22:21 | 編集
義理付き合いって大変ですよね(^_^;)
勿論良いこともあるので全部が大変というわけではありませんが、
好みが違うとか趣味が合わないって絶対ありますもの(T_T)
特殊なものでない限り『食品』はいただいて嬉しい(笑)
でも食べ方が???だったり嫌いな食べ物だとそれだけでストレスだもん(-_-;)
昨日義両親から『最近梅干欲しいって言わないけれど食べてないの?』って聞かれました。
好きですけれど、塩分過多なので控えてますっていえなかったわ(T_T)
外面の良い嫁を演じる悪嫁とは私のことです・・・ハイ(苦笑)
8787☆
のほほん | 2010.11.23 23:29 | 編集
ウチは食品をもらうことが多いですが、とりあえず頂きます。モノを捨てて、食材を置いて長めに保存するスペースを拡張しました。それで人間関係が良好に保てるので自分的に意義を感じます。
佃煮や梅などはそのまま食べるだけでは余ることが多いので、自分で具と味を足したものを料理に使い、けっこう助かっています。どうしても口に合わない場合はコッソリ処分( ̄Д ̄)していますが、夫にしろ自分にしろ断っても良い関係を保てるにはまだまだ時間がかかりそうです。まあ今は断れる関係を築くよりも頂いたものを有効利用する手段を考えています。(消えモノでなかったら断るかもしれませんが。。)
どういう断り方がベストかは相手によるでしょうけれど、記事に書かれているということは、ココリンさんのところはご主人が断ったら大丈夫そうなかんじなんでしょうね。感謝もしっかりなさってるようだし、頂いたもののほんの少しがたまたま好みでなかっただけなので、ダイジョーブなんでないでしょうか♪ ^^
「酒飲みでないから」という断り方はイイですね~。「酒飲みでないから美味しさがいまひとつ判らなかった。酒好きだったら絶対に気に入っていたのに悔しい」とかだと悪い気がされないかも?
梅松竹子 | 2010.11.24 04:23 | 編集
引越しを機に、ブームになっていた断捨離が、徐々に「捨てる快感」だけになってない?と思ってたときにビンゴでこちらのブログを発見し、以来日課のように読ませてもらってます☆

頂き物について、わたしは義母からは特に何ももらうものはないv-356のですが、飾り&ストック大好き母からよくもらいます。
父が「好みがあるから」と自制してくれますが、「おとうさんったらそんなこというのよ、失礼よね~!私のセンスがひどいってことじゃない?どう思う?」と言うので、
「ホント、お父さんの言うとおり!」ととどめを刺すことは言えず・・・。

インテリアは素敵なものをくれるんですが、服やバッグは微妙なものが着ます。
「似合うと思って買っておいた」
「高かったけど着て欲しくって」
そういわれると断れず。(断るとどうせ母さんのセンスなんてと相当グレてしまう)

お母さんにバンバン言えちゃうココリンさん羨ましいです。
ハナヲ | 2010.11.24 09:30 | 編集
こん^^

大変ですね・・そこが義理って感じが
つくづくしますね。
食品と残るモノにも違ってきますし、
全てがいらないモノ、合わないモノでもないので、
難しいですよね。
いただいて嬉しいものは、嬉しいと言って、
これはちょっと・・・と言うものは、
なかなか言いにくいものです(^^;
我が家なんて、痩せさせなきゃなんないんで~って
コレが効き目あります(笑)

ココリン | 2010.11.24 11:33 | 編集
こんにちわ^^

食べるモノなら、我が家も頂いています(記事のフグだけは避けたい)
食べモノ以外で、「これ使いなさいな~」とか言われる場合(我が家もほとんどないのですが)
一般的に、嫁の立場からことわりづらい状況ではなかろうかと思いました。
うんうん、竹子さんのいっしゃることわかります。
断って良い関係が保てなくなるなら、黙っていただいて
自分なりの工夫でそれを使うことも良い秘訣だと思います^^
人間関係、色々ありますね。
壊さないようにでも気を遣いすぎて疲れないように、
適度な距離を保って良い関係を作っていけたらよいなと思います。

ココリン | 2010.11.24 11:44 | 編集
こんにちわ。初めまして。

コメント、とっても嬉しいです♪

「モノを捨てる」てひとつ間違えるとおっしゃるとおり
「捨てる快感」だけに走りがちになりそうですね。
その線引きがとっても難しい気がします^^

頂き物、これ本当に食べるものとそれ以外のモノとでは
大きく違ってきたりします。
ハナヲさんのお義母様のお心遣い、お嫁さんの立場なら
そうやってかわいがってもらえるのって幸せなことだと思います^^
でも、そこに食べ物以外のモノで、使わないであろうものなら、困りますよね。
気持ちがわかっているだけに言いにくい。スゴクわかります。
それをずっと続けていけるか、いけないかだと思います。
意外にもサラッと受け止めちゃってくれたりして(笑)
でも、難しいです・・ね。

ココリン | 2010.11.24 11:53 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2010.11.25 09:02 | 編集
こちらこそ、きちんと読み切れずに、
ごめんなさいねm(__)m

相手を傷つけず、やんわりとお断りする、
コレというベストな方法が見つかれば良いですが・・。
言わないことも思いやり。
唯一言えるのは身内だから、言ってやるのも優しさかも。
なんて^^
鍵コメさんはとっても優しい方なんだなあと思います。
私も、もう少し思いやりを持たねばと、
自分を振り返ることができました♪
ココリン | 2010.11.25 11:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top