11.17
Wed
結婚して関東に来て、ひとつ残念だなあと思うことは、
スーパーで『生きたタコ』が売られていないこと。(T.T)
海がない県でもないのですが、近くのスーパーでは、茹でたタコしかお目にかかれません。
もちろん、百貨店の食品売り場の鮮魚コーナーには、『生きたタコ』が
売られている場面にでくわすこともありますが、大手のスーパーでも見たことがなく、
一度尋ねましたが、扱っていないとのこと。

なぜに、私が『生のタコ』にこだわるかというと、
私は結婚するまで、一般的にスーパーで売られている『茹でタコ』は、
買って食べたことがありませんでした。
もちろん、外で食べるものにそういったタコが使われているのは当然のことなですが、
家で調理をする場合に限ってという話です。
なので、家でタコの料理をすると言った時、生きたタコ、もしくは生きてはなくても、
『生のタコ』を買って、家で茹でて食べていました。
なので結婚後、正直言って、茹でたタコを食べた時は、少しショックでした。
タコの弾力といい、味といい、何か物足りなさがありました。
これは、茹でたタコしか食べたことがない方は、機会があればぜひ、ぜひ、
『生のタコ』を家で茹でて、その違いを食べ比べしてもらいたいと思うくらい、味が違うのです^^

先日、帰省した時、小さめですが『生きた明石タコ』が手にはいったので、
冷凍して持って帰りました。そして、我が家で調理をしました。
本当は、冷凍などせずそのまま調理していただくのが、最も美味しいのですが、
こればっかりはいたしかたありません。

タコの茹で方を。

今回はタコのスミと内臓はお魚屋さんでとってくれていましたので、ラクチンでした。

1. 解凍したタコです。ちょっとグロテスクで、さわれないと言う方もいらっしゃるかもしれませんね。
  でも思うより慣れちゃいますよ^^

2. タコのヌメリをとるために塩を用意します。

tako1.jpg

3. 画像では、塩が少な目ですがテキトーです(^^;;; 多めにいれると言われたり、
  多めにいれると固くなると言われたり色々諸説様々ですが、目分量です。

4. 20分くらいしっかり揉み込み、ヌメリを取り出します。

5. このような状態になったら次は水洗いです。

6. とくに吸盤や足の付け根にもヌメリがなければ、水でよく洗い流します。


さて次は、いよいよタコを茹でます。

一般的に塩茹ですると言われますが、実家の母が、お魚屋さんに教わったのは、
塩と酢と、少しお醤油を入れて茹でると美味しいよと言われたらしく、ずっとそうしています。
きっと小さい頃から、その味で慣れ親しんだから、
これが美味しいと思っているだけかもしれませんが、
この味に優るものはないと思っています。

塩と酢と醤油の分量は、少々というか、目分量です(すみません、わかりづらくって)

7. 沸騰している湯の中(酢も塩も醤油もいれています)に、足の先からいれていきます。
  足が丸まるようになったら、頭まで入れます。

8. 5分ほど茹でると色が変わってきます。

tako2.jpg

9. ひっくり返してまた5分ほど茹でます。
  茹で時間も、だいたいテキトーなんです。
  正確に計ったことがなく、タコの色を見ながら・・・です(笑)

10. このような色になると出来上がりの目安かしら。


11. 茹であがりました!

12. 蛸の足の先は、昔からお腹が痛くなるからと言われ(たぶん迷信だと思われ)カットします。

tako3.jpg


13. 茹で上がった蛸をスライスして、熱々をそのままいただくのがまた絶 品!なのです。
    道産子の夫ちゃんも、料理をする前のこのタコを食べて、旨い!と絶賛していました~。

茹でるときに、酢と塩、醤油がはいっているので、ほんのり薄味がついていて、
これほど贅沢な食べ方はないくらいだと思っているくらいなのです^^

14. この日はタコの天ぷらにしていただきました。


本当にこのお味を知ってしまったら、病みつきになります・・・が、
こちらで明石の『生のタコ』を手にいれる方が難しいのが、ちょっぴり残念です。

明石の蛸はなぜ美味しいか?お知りになりたい方は、コチラをご覧になってくださいね→


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 20 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/280-00b72f93
トラックバック
コメント
な、な、なんて美しくておいしそうな色のタコ!!!
もうめっちゃ口の中にじょわって唾わきました(笑)
いいなーいいなー、生ダコをおうちで茹でて天ぷらなんて素晴らしすぎる^^
おいしいにきまってますよね~♪
おいしいタコ・・・食べたいなー^^☆
ヒツジ | 2010.11.17 17:14 | 編集
明石のタコは有名ですよね~!
そういえば東京に住んでいた頃、
スーパーの鮮魚コーナーに生のタコは売られていませんでした。
故郷の福岡は美味しいお魚が食べられるのですが、
生タコはあっただろうか?と考えると、よく思い出せません。

それにしても茹でた新鮮なタコ、美味しそうですね~♪
歯ごたえが違うのが解るような気がしますよー。
タコの天ぷらがとっても美味しそうです!
いつか食べてみたいな~v-238
Apfel | 2010.11.17 18:18 | 編集
ココリンさんこんばんは☆

動いてるタコとかホント美味しいですよね♪
私もタコ大好きです☆

お店で食べる分には生きた物を口にするの大好きなのですが、
生きたタコを自分で調理するのはちょっと怖いーw
お魚も生きてる物をさばくのも怖くて出来ない…
まだまだ主婦出来てませんね…私(;゜;∀;゜;)

生タコのお刺身、天ぷら、おでんの中のタコ、etc...
久しぶりに食べたくなってきました☆

TOMMY | 2010.11.17 19:52 | 編集
私も生タコを家で茹でたの大好物です!!!!!!
実家は比較的海が近いので、時々母が茹でてくれて、
それが大好物でした!!
実家もココリンさんところと同じく、醤油をちょろっと入れてました!!色が綺麗になるとかなんとか。。。
でも、足の先は食べていたな。。。
あの味はたまりませんよね~。
どんな刺身よりも、この茹でタコが大好きです!!
ちくちくHolic | 2010.11.17 20:13 | 編集
こんばんわ^^

もうね、コレがたまらんのですよぉ(^^;
ほ~んと、タコをモミモミしているときから、
出来上がりを想像してるので、
ち~っとも苦じゃなくて(笑)
添加物なし、着色料なし、保存料なしの
茹でタコ!で~す^^
おすそ分け・・・画像ですが・・・スンマセン('-'*)

ココリン | 2010.11.17 21:39 | 編集
有名ですね。鯛と蛸。
福岡も海が近いので新鮮なお魚が
たくさんですよね~。
蛸は、きっと瀬戸内海の方がとれやすかったりして??

歯ごたえはプリプリです^^
甘みもあって、本当に家で塩もみして
茹でるとどこかが違うのですよ~。
ほんと、生のタコを手に入れられたら、
ぜひぜひお試しして欲しいです~i-185
ココリン | 2010.11.17 21:47 | 編集
こんばんわ~^^

TOMMYさんは、生のは食べられるのですね。
うん、特に生きているタコは、手にまとわりつくから
気持ちが悪いかも(^^;
私も、蛸は平気だけれど、魚がまだピチピチ生きて背びれでも
動こうものなら、ちょっと引いてしまいます(笑)
まあ、食いしん坊なので、食べるため!と思って
やれているのかもしれません( ̄▽ ̄)ハハハ



ココリン | 2010.11.17 21:51 | 編集
ちくちくさんも好きですか!!
おお~、ご実家のお母様も茹でてましたか。
それもそれもお醤油をちょろっと入れて!
なんということでしょう^^
一緒だなんて、なんだか嬉しいです^^
あの、味はたまらんとですよ~♪
もうもう、何本でもパクついちゃいますねe-413
ココリン | 2010.11.17 21:58 | 編集
私は生まれも育ちも海無し県なので、生きたタコが売っていること自体知りませんでした~(゜Д ゜;)
生タコもそんなに食べたことが無いですね。
美味しい海産物の話を聞くと、本当に海が近くにあるのを羨ましく思います。
父の実家が秋田港の近くなんですが、市場で買ってきた物は、
子供でも違いが分かるくらい美味しかったですもんね。
西のほうはなかなか行く機会もないので、こういう記事はとっても興味深いです(´∀`*)
おこい | 2010.11.18 09:22 | 編集
私の家の近くの魚屋には
時々刺身用の生たこが売られています。
生きてはいませんが。

関東には無いんですか!
運送が発達しているので普通の事だと思っていました・・・。

我が家は生たこの刺身が好きなので
茹でずに食べてしまいます。
てんぷらですか~美味しそう♪
今度試してみます。
rionn | 2010.11.18 12:44 | 編集
なかなか生だこをスーパーでは見かけません。
たまに、足だけ売ってることをみかけますが。

やはり、下処理が手間だからかもしれないですねぇ。
居酒屋さんに行くと、「たこわさび」とかは頼んじゃうんですが。
ときどきぷろぐらま。 | 2010.11.18 13:35 | 編集
こんにちわ^^

そうなのですか~。
地域によって違ってきますよね。
まして、生きたままのタコなんて、
漁場が近くにない限りは手にはいらないし(^^;;;
市場ではやはり新鮮なモノが
手にはいりますもんね。食べ物って
子供でも大人でもおいしもんはおいしいって思います♪

そういっていただけると、また西の方に行った時の
記事を書きたくなります^^
ありがとうございます★
ココリン | 2010.11.18 13:37 | 編集
こんにちわ^^

スーパーで刺身用のタコ、売ってなくはないんですが、
刺身用と書いてあっても、軽くボイルしたようなものがあったり、
北海道の水ダコだったり、マダコの1匹まんま頭からついているものって
見たことがないんですよ。
デパ近でたま~に見かけるけれど、どえらい高いので、
手がでません(ーー;)

タコの天ぷら、おいしいですよ~^^
ぜひぜひお試しを♪

ココリン | 2010.11.18 13:48 | 編集
こんにちわ。

ときどきぷろぐらま。さん、大阪でしたね。
スーパーだとやはり、あの1匹まんまは
売れないから置かないのかもしれませんね(ーー;)
切り売りしている方が、手がでやすいし、
ちょっと欲しいとき便利だから。
でも「たこわさび」これおいしいですよね~。
私も、必ず注文します^^
ココリン | 2010.11.18 13:51 | 編集
我が家の前が海なので(笑)
旦那さんがかごを仕掛けたり
釣り糸に疑似餌をつけて垂らしたりして
捕獲(笑)

そうそう・・
ココリンさんのような感じで茹でて
スライス(刺身)して酢醤油で頂きます。
お店で買う茹でタコとは全然味が違いますよねー^^

サトイモとかと一緒に煮ものにするのも好き♪

でもね、 塩もみもひっくりかえして茹でるのも
旦那さまにやってもらいます(笑)
タコと格闘できない私(^_^;)

ココリンさん尊敬です(#^.^#)
らんらん | 2010.11.18 20:09 | 編集
わ、いいですね~。
海が見えるのですね^^
ダンナ様、釣りを楽しまれるのですね。
い~な~、おかずGETですね(笑)

そうですよね、なんかお店で買う茹でタコと
家で茹でたタコと味が違いますよね。
なんでかなあと思うのですが。
あ、実家では、里芋と煮たりしていました。

タコとの格闘は、へっちゃらなんですが、
魚は、いまいちです(ーー;)
私がさばくと、身がもったいなすぎるのです(T.T)
なので、尊敬なんてと~んでもないです(/ω\)

ココリン | 2010.11.18 22:06 | 編集
なんか、今すぐタコ食べたい!!気分になる
写真ですね!

私も、今年中にナマダコデビューを果たしたいです!!
詳しい作り方ウレシイ♪参考にさせていただきます♪

ちなみに、余った場合は、冷凍保存はアリなのでしょうか??

我が家は、なにかとタコ焼きをする機会が多いので
1匹分あったら、贅沢なタコ焼きができそう♪♪
☆☆!
よゆみみ | 2010.11.28 17:14 | 編集
こんばんわ~^^

うわ~嬉しいです。
生タコ仲間ができました~^^
ぜひぜひデビューして、そのお味の違いを
実感してください~!!

はい、茹でて、余ったら冷凍保存できます。
もしくは、タコをもんでからきれいにゆすいで
それを冷凍保存も可能です。料理する前に茹でてもOKです。
今回は、実家から冷凍保存して解凍したものなので、
茹でてからでないと再び冷凍保存できないので、こうしました。

我が家もたこ焼き用に保存して、重宝してます^^

ココリン | 2010.11.28 18:16 | 編集
ランキングからきました。片付けの記事がきにいって、お気に入り登録したので、ときどきよませていただきますね。
(^ω^)
タコおいしそうですねー♪自分で調理するのは、ゆでタコをかってきてましたが、生タコをゆでた味比べてみたくなりました。一度は是非やってみたいと思います。

迷信かも?とかかれていた足の先は料理教室でもすてるようにいわれましたよ。エサを捕食するときに使う手先が一番雑菌がひそんでいるからだとおそわりました。
きくりん | 2011.01.13 10:46 | 編集
初めまして^^
遊びに来てくださってありがとうございます。

タコ、生の真ダコを食べたことがないなら、
騙されたと思って一度は是非是非、食べてみてください!と
自信を持ってオススメします♪
コツはよく揉むことです( ̄▽ ̄)

タコの足先は雑菌がひそんでいるからですか~。
なんか迷信かなあと思いながら切っていたのですが、
良かった(*^。^*)ありがとうございまs。
これで夫にも堂々と切る理由が言えちゃいます(笑)
ぜひぜひ、また遊びにお越し下さいね。
私も後ほどお伺いしますね~^^
ココリン | 2011.01.13 12:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top