11.10
Wed
またまた、実家ネタなのですが・・・。

先日帰省して父を見て感じたのですが
人間、食に対する執着心がなくなれば、生きる意欲がなくなるのかなと感じました。

常日頃、私はモノに対して執着せず、使わなくなったモノは手放して、
使いたいモノをとことん使う、あれもこれもより、これが好きだから、これが使いたいから、
という思いで暮らしています。

『食』については?と言えば、
食べることが好きな我が家ですが、モノに対する思いよりも、食に対しては貪欲です(;^_^A
食べてみたい、食べたい、食べることが好きです。


ところが今回、父が脱水症状を起こし一応食べられるところまで回復はしたものの、
父は本当に、食に対する欲がなくなっていました。
といっても食に対しての欲がなくなったというのは今回からということではなく、
おそらくここ数年、徐々にだと思います。

あれほど好きな鰻や牛肉さえも、欲しがらない。
父は、お肉(と言えば牛肉)が大好物で、(関西人は、肉=牛肉を指しています)
歯が悪くても、にく、ニク、肉料理
お魚といえば鰻が好きでした。お寿司も鰻、丼も鰻、鰻づくしで大満足していました。

けれど病気が進行して、ここ1年ほどは特に食が細くなったようで、
何が食べたい?と聞いても「なにもない」と言っていたらしいのです。


同じ部屋のお年寄りの方は、もりもり食事をされていて、
「人間、食べないとアカン。動かれへん」と。
その十分の一でも良いから、父にもその意欲があればなあと思いました。

今回も食事の時に、食べさせようとしましたが、ほとんど口にすることはなく、
やがて怒り出す始末です(ーー;)
少しは食べなきゃいけないのは重々承知。でも本人が食べたくないと言えば、
無理に食べさせることもできません。
そうすることで、また今回のように脱水症状を起こすかもしれない、そう考えると痛しかゆしです。
看護士さんにもずいぶんご迷惑をかけました。
少し元気がでれば点滴をはずしたりして、やりずらかったことと思います。

父を見て、食に執着がなくなると、こうも活気がなくなるものかしらと感じました。
そして、健康で食べ物をおいしくいただけること。本当にこれが1番だと思いました。

聞いた話ですが、山で遭難した時に、「助かったらあれが食べたい」と食に対して執着心を
持った人間が生き残る確率が高いということを聞いたことがあります。


人それぞれ価値観や生活に於いて何に比重を置いているかが違うので、
いちがいに言えませんが、『食べる』ということがどれほど大事か考えさせられました。
モノに対して興味を抱き、好きなモノを収集することも心の糧かもしれません。
モノに執着しないで手放そうなんて言っている私ですが、
自分にとって必要なモノをほどほどに持つことも、暮らしていくはりあいになるのかもしれません。

でも、不要なモノは手放す、これは変わりません。

ただモノへの執着と、食への執着は、大きな違いがあるように思います。

モノは手にして手放さない限り、増え続けます。でも、
食べるモノは、おなかにいれちゃえば、増えることはないですもんね。体重は増えるか・・(ーー;)

っていうだけではなく、『食べること』に興味もなくなれば、
暮らしに色がなくなってしまう気がします。
父を見ていてそう思いました。少しだけ、色をいれてあげたいなと思うのですが・・。




で、我が家は帰省の道すがらも『食』に走る~
地元 神戸で見つけたラスク。
高速道路のSAやJRのキヨスクで販売されています。

morry mama

お土産用に買い求めましたが、我が家にもひとつヾ(´ε`*)ゝ
サクサクしてと~っても美味しかったですよ。
いつのまにこんなラスクができたのかい?ってちょっと浦島太郎気分でした(笑)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 8 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/274-345982aa
トラックバック
コメント
お父様、食欲が落ちてしまったのね。
というようりも食に対しての意欲が落ちたのかしら・・・。

私も実はそうなんです・・・(^_^;)
以前よりも食に対してのこだわりがなくなりました。
あれが食べたい・これが食べたいが少なくなりましたね。
食べられればなんでもいいや!になってます(-_-;)
以前テレビで美輪明宏さんが同じようなことをおっしゃっていました。

私の場合は興味の対象というと語弊があるかもしれませんが、
食から暮らし・・・とりわけ住に移ったのかもしれません。
だから不要な物を無くそうって思い始めたのかも。

のほほん | 2010.11.10 23:55 | 編集
ココリンさん、
お父様、ご心配ですね。
食が細くなったお父様をご覧になるのは、
さぞかしお辛かったであろうとお察しします。
それでも、少しでも口からお腹に入れれば、体の底から力が湧いてくるし、、
人間の生命力とは、本当にすごいと思います。
お父様、少しずつでも食欲がご回復されて、お元気になられるとよいですね。

山で遭難された場合の例、なんだかとても興味深いですねー。
やはり食に対する執着心って、
生き残るためには絶対必要なのですよね・・・。
疲れた時には、ご紹介の甘いラスクで元気がでそうですね~!
アールグレイのお味も、魅力的です♪
Apfel | 2010.11.11 06:02 | 編集
お父様、心配でしょう。
「食」に対するお気持ちが持ち直して、1日も早くお元気になられることをお祈りしています。

わたしは一度『鬱』になったことがあります。
このとき、今までが嘘のように食べられなくなり、食べれることのありがたさを身に染みて感じました。
食べる気がしないという自覚が、すごく不安になって、無理にでも食べようとすると胸がつかえる感じで、『食べなきゃ・食べられない・食べたい・食べたくない』という感情がぐるぐるぐるぐる回るような感じでした(@_@;)

もう10年くらい前の話で、今はすっかり治って過食の域で食べすぎ傾向ですが・・・。(^_^;)

物と食どちらも生活するうえで付いて回るもの。
改めて考えました(^_^)
ハニハピ | 2010.11.11 10:23 | 編集
こんにちわ!

おそらく、食欲もわかないし、
食に対する意欲も失ってしまったのかもしれないです。

のほほんさんの言われること、
わかりますよ~。
昔の私が食べ物にこだわりがなく、
興味のあるものは洋服でしたから(笑)
若いうちはともかく、本当に老いてくると、
食べることの楽しみをなくすことが
怖い気がしました(ーー;)
のほほんさんの「住」に移ったというのは、
ブログを拝見しても、スゴク感じます^^
丁寧な暮らしだなあと思います♪
最近、お忙しそうですね。
Arabiaのお皿でのパスタがとっても
おいしそうでした^^



ココリン | 2010.11.11 11:25 | 編集
こんにちわ~。

本当にやせ細った体を見ると、
もう少し、そばに居てやれたらなと
思うのと、何かしら「気力」を持って
欲しいなあと切実に願いました。

ありがとうございますm(__)m

きっと、何事においても「前向き」でなければ
そこで終わってしまうってことなんでしょうか・・・。
って、ついつい甘いモノに走って、
カラダが重く感じている今日このごろです(笑)
ココリン | 2010.11.11 11:30 | 編集
ありがとうございます、
なにぶん、年寄りなので頑固さもあり、
思うようにはいきませんが・・。

そうだったのですか・・。
食べられることのありがたさを感じられましたか。
そうですよね。食べなきゃと思うと、
食べられない、そんなことが繰り返すと
身も心もへとへとになってしまいますね。
でも今は治られて良かったです^^
過食の域・・私と一緒ですね(笑)

暮らしていくなかでのバランスが
大事なのかもしれませんね(^ー^)


ココリン | 2010.11.11 11:36 | 編集
周りにも食に興味がなくなってきているという方がおられます。ココリンさんのお父様は気持ちと体力の両方の問題で食べる気力がないのかもしれませんね。もともと美味しいものが好きだったのでしたら病院食は食欲が増す味でないのかもしれません。(食への欲は、おなかを満たすため・栄養を摂るためにただ食べられればいいのと、美味しいものを食べたいのとでは違いますので。)
さしでがましいですが、辰巳芳子さんという料理家の「あなたのために」というスープの本をご覧になってみてはどうでしょうか。アマゾンのレビューを参考にしてみてください。知り合いが試しに一品作ってみたところ、生きることができそうな気がする味だと言っていました。手間がかかるので作り手は決してラクではありませんが、家族の一員として病気の苦労を同じように味わうことはできないけれど、手間をかけてスープを作ることで、ラクではない気持ちの共有もできるそうです。食べてくれないことに頭を悩ます時間を病人でも食べたいと思う美味しいものを作る時間にあててみるのも良いかもしれません。完全に本の通りにせず自分で簡素化してもそこそこ美味しく作ることもできるかもと思います。
病院に持ち込めるか、お母様に作る余裕があるかなどご都合もあるでしょうから本当にさしでがましいと思いましたが、もしや少々参考になりはしないかとコメントさせていただきました。失礼致しました。^^;
梅松竹子 | 2010.11.11 12:32 | 編集
こんにちわ^^

おっしゃるとおりだと思います。
父の気持ちも体力の両方の問題で、
食べる気力がないのかもしれないです。

恥ずかしながら、辰巳芳子さんを存知あげなくて
ググってしまいました。
ご紹介してくださって本のレビューも見ました。
どうも一般に売られている料理本とは、
一線を画しているような感じですね。
ありがとうございます^^
早速私が試してみてみようと思いました^^
さしでがましいだなんて、とんでもないです。
参考になります。
本当にありがとうございましたm(__)m

ココリン | 2010.11.11 14:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top