11.09
Tue
昨日の日記にも書いたとおり、実家の母が、
使わないモノを手放すことができたことは嬉しいのですが、
久しぶりに実家に帰って感じたことが・・・。


あれほど、きちんと家事をこなしていた母が、大儀になっているようで。
母も少し前に手術をして、思うように体が動かないということもあるのですが、
年々歳をとると、億劫になるのかもしれませんね。

相変わらず、玄関とトイレの掃除は欠かしていないのですが、
(私のトイレ掃除にこだわる理由がここにもひとつです(^^;;;・・)
過去記事(→)にも、トイレ掃除の事書いてますので、ご覧になっていない方は
そちらもどうぞお読みになってくだされば嬉しゅうございます。
今回も帰省した時、これ以外で目についたところがあったので、
できる範囲で掃除をしてきました。

実家のキッチンシンクも以前と比べて驚くほど不要なモノはなくなりました。
掃除がしやすいハズなのですが、細かなところを見逃してしまう、
それなりに掃除はできても、お手入れが行き届かないといった感じです。
ただ実家は、あまり水アカがつきにくく、蛇口のところに白残りがほとんどなかったので、
汚さは感じませんが、磨くといったところまでいかない故、全体的に曇ったシンクといった感じです。
なので、100円ショップで、クエン酸や重曹と私の必須アイテムのオリジナルスポンジを購入して、
シンクや浴室の蛇口を磨いてきました。
お陰様で、いくぶんかは以前の輝きを取り戻したかと思います。

実家は長年、住居、キッチン、浴室、トイレといった場所ごとに洗剤を使い分けています。
今更、私がしているようなナチュラルクリーニングに全て変更なんて、そう簡単にできません。
近くに居てあれこれ言うことができれば別ですが、遠く離れていて一度に変えろと言われても
年老いた母には無理があります。
ですから、とりあえず使っていてすぐに効果が見えるシンクに、
スプレーボトルに薄めて使うといったやり方を見せました。母は、喜んで、「使うわ」と言いました。

が、活用できるかどうかは正直言ってわかりません。

まして、親娘といえども、それぞれ家庭を持ってやり方など似かよっているものの、そこはやはり違います。

自分のやり方というものがあり、しやすい事が1番だと思っています。

なので母には「私はこういうやり方でしているから、掃除がラクチンになった」と言う程度です。

母が、おうちが汚れていることを気にしていましたが、

体がしんどい時には無理せず、掃除もしなくってもよろし。
埃がたまっていても死ぬことはな~い。
少々お部屋が片づいていなくっても気に病むことはなし。


私、基本こういう考え方です(^^;;;
でも、ずっと私のブログを読んでいただいている方はご存じだと思いますが、
埃のせいでアレルギーになったので、それもほどほどに( ̄▽ ̄) と。

ただ、キレイにしていると汚したくなくなりません???
できることなら、キレイなまま保っておきたいって思いません???
でも、雑然として汚かったら、少々汚しても目立たない、気にならないかも。
それが、積み重なると気にならなくなるのかもしれません。
『掃除ができていないと感じている』時は、まだキレイにしたいと言う気持ちがあり、
その時は、相手に「少々掃除ができなくっても問題な~い」と言えます。
でも、『掃除ができていないということも感じなくなった』時に、同じ事は言えません。

年をとってできないことを無理せず、できる事をすれば良いと思っています。
できなければ、できないと言って、してもらえば良いとも思います。
できる人がすれば良いことだと思っています。

でも、できるうちはしようと思っています。
年をとらずとも、家事がキツイなあと感じるときもあります。
疲れがたまって思うようにはかどらないときもありますよね。
そんなときは、何もしない。それで良いと思っています。

自分ができるときにして、時々掃除とともに、お手入れをしてやることで、
大切なモノが長持ちさせられればなあと思います^^


3-blue5.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 12 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/273-b1e7c2a7
トラックバック
コメント
私もココリンさんと全くご同様、
年に数回日本の実家を訪れると、細かい汚れ(特にお手洗いなど)が気にかかり、
以前はよくお掃除をしていました。
私の場合、父が一人暮らしをしていたため、
尚更のこと、細かい部分での汚れが目についてしまう事もありました。

現在は英国の義母を訪れる度、ココリンさんと同じような気もちになります。
夫と出会った頃は、ピカピカだったキッチンのシンクは今ではちょっぴりくもりがち。
部屋に所狭しと飾られている飾りや飾りだな棚などはいまだに綺麗に掃除されていますが、
やはり水周りは高齢になってくると重労働で、そこまで手が周らないのでしょうね・・・。
私もホコリで死ぬとは思えないので、無理をして体調をこわされるよりも無理はせず、
義母には自分のペースで快適に生活をして欲しいと思います。
Apfel | 2010.11.09 19:55 | 編集
実家で掃除してくるなんてココリンさんステキ(*´∀`)
家族思いですね♪
お母様も、モノを手放せるようになって
更に気持ち良く暮らせるのではないでしょうか^^

私は結構やる気の波が激しい方ですが
やっぱり、やる気が無く部屋が雑然としてくると
その辺にモノを置く事に抵抗なくなるんですよね。
そして、それは旦那にも伝染します(;-∀-)
逆に、モノ一つ置かないようにすると旦那も自然と置かなくなります・・・
嫁の行動は家を変えますね、良くも悪くも(。-∀-)
でもそんな時でも『掃除が出来てない』という自覚は一応あるので
ココリンさんの記事見てちょっと安心した私です^^;
ハノン | 2010.11.09 20:08 | 編集
おはようございます。
ご実家でお掃除されてくるなんて、なんてお母様思いなんでしょう。頭が下がります。わたしなんて帰省したらのんびりすることしか考えていませんでした。
確かに、年をとってくると体が思うように動かなくなったり気持ち的にもいろんなことが面倒になったりするみたいですよね。うちの母を見ているとそんな気がします。
私も今度実家に帰った際にはのんびりすることばかり考えずに少しは動かなきゃな~なんて反省しました。
奈緒 | 2010.11.10 07:08 | 編集
お掃除お疲れ様。
実家に帰られてもゆっくり・・・とは出来なかったんですね。

歳を取るということは、
今の生活が不自由になると言う事なんですね。
掃除が行き届かなくなったり、
天袋の物が降ろせなくなったり・・・。

私はもっとラクに家事が出来るように考えていますが、
時間が空いてゆっくりも出来ますが、
老後の準備にもなるんだと言う事が分かりました。
☆☆☆
rionn | 2010.11.10 12:01 | 編集
すごい!!実家で掃除してくるなんて。。。
わたしは散らかしてきましたが。。。
(反省)

私も感じるのですが、実家が昔よりも掃除をきちんとしていないんですよね。。あれは見えなくなっているのか??
それとも体がしんどいのか??
家にはさらにおじいちゃんまで生きているから、母もまだまだ隠居ができないでいます。。家のこと、介護、いろいろと苦労しているから、掃除まで届かないのかな??っておもっちゃいました!!

それよりも、姉の家に行ったら、さらに姉の家の方が汚くって唖然としました。。きちんと働いている姉。。まあ、そこまで手が回らないのはわかるが、もう少し掃除しようよ。。。
と妹は思いながら帰省致しました。。。
ちくちくHolic | 2010.11.10 13:40 | 編集
ココリンさん、実家でお掃除されるなんてエライですねぇ。
私は、実家は両親のエリアだと思っているので行っても掃除しないです。
あ、でもそれは自宅と実家との距離の違いもあるかもしれませんね。

掃除に限らず、自分のしやすいようにやるって大事ですよね。
面倒だと思うことには、どうしても腰が重くなってしまいます(´Д`;)
おこい | 2010.11.10 14:15 | 編集
Apfeさんもそうでしたか・・。
目についてしまう、そうなんです。
「しすぎ」も良くないのはわかっているので、
手のまわりにくいところをと思ってしてきました。

やはり年をとると、重労働になってくるようですね。
お義母様も手がまわらないのもわかります。
それが、年をとるってことなのかなあとつくづく
うちの母を見てそう思いました。
そうですよね、自分のペースで快適に生活をしてもらえれば
それで良いと思います。^^

ココリン | 2010.11.10 16:19 | 編集
年をとった母をみると、
ほんとキツそうだと思ったので・・。
それより、母がモノを手放せるように
なったのが何よりです^^

ハノンさんもそう思いますか?
それそれ、雑然としたところだと、
平気にモノを置きっぱなしにしても
抵抗がなくなる・・そうなんですよね。
でも、無理をして嫌になるよりは、
できるときにやれば良いと思えば
気がラクになりますもん♪って思うことに
してるんです。(^^;

ココリン | 2010.11.10 16:24 | 編集
こんにちわ^^

いえいえ、年老いた母(私 遅い子供)なので、
自分のことをすることが精一杯。
それと、独身時代は本当に世話のかけっぱなしの娘でしたから(笑)
近くだとあまり感じないのかもしれませんが、
遠く離れてたまに見ると、すごく親の老けた姿を
感じますね・・。親孝行などと言うつもりはありませんが、
私ができる事をすることで、解決するなら
それがなによりかなあと思うのですw

ココリン | 2010.11.10 16:38 | 編集
そうですねえ、お墓参りだとかで、
バタバタしてました(^^;

そうですね。歳をとると
今までできていた事ができにくくなる。
モノが多すぎると、これまた
だすことも不自由になります。
少しでもやりやすいように、モノが少なければ
まだやりやすいかもしれません。
それでも体がいうことをきかなくなることもあります。
ラクに家事ができるようにすることは、
今の時間と未来の時間も持てることかもしれませんね~。

ココリン | 2010.11.10 16:45 | 編集
こんにちわ♪

独身時代、親のスネかじりでしたから、
お詫びのつもりで~なんて(笑)

若いと思っていてもカラダは正直ですね。
全てが昔のまんまってわけには
いかないようですね。

家族が気持ちよく過ごせるおうちで
あれば、どんな状態でも良いのかもしれませんね~^^
ココリン | 2010.11.10 16:48 | 編集
こんにちわ。

私、遅いときの子供なので親は歳とってるんですよ~。
だもんで、帰省したら、できないところはして帰ってくるんですが、
これ、ホントは、私の償いかも。(^^;;;
独身の時にはほんと親に世話かけっぱなしでしたから(笑)
おそらく、近くにいれば、見守るだけですんでいるかもしれませんね~。

そうですね、自分のしやすいようにする!
それが負担にならずいいと思います^^
ココリン | 2010.11.10 16:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top