10.16
Fri

嫌いなおうちしごとだった衣替え-
こちらも紆余曲折ありましたが、
しないですむようにコンパクトに収納することで、
解放されたことは以前記事にしたことがあります。
ですが、手持ちの洋服の見直しをします。
この時期、暑くもなく寒くもなく、
汗ばむ季節ではないので着るにはちょうどいい。

ひとりファッションショーです(笑)

処分するものがあるかどうか、
手持ちの服を着てみる-

今年もこれを着るぞ!と思えるものもあれば、
昨年まで着ていたのに、あれ?っと感じたり。
気に入った服だと、まだ着られるよね?とか、
未練もでてきて決めかねる。
日を置いて、もう一度鏡の前で再確認。

好きで手放したくない服と思っていても、
やっぱり似合わなくなった、しっくりこない、と、
如実に感じると、手放すタイミングがわかりやすい。

服は傷んでいなくて着られるものであっても、
似合わなくなったと感じる服もでてきます。
そこで、気持ちに決着がつきやすくなります。
それでも迷う人なら、別置きして、
また日を改めたら良いと思います。

処分するかどうか迷っている服、
なかなか手放せず仕舞ったままの服も、
一度着てみることをオススメします。


line19.gif




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 2
コメント
>好きで手放したくない服と思っていても、やっぱり似合わなくなった、しっくりこない、と

悲しいかな そうなんですよねぇ。
そして、50代になるとそれが加速していくように感じられて(><)
この次は60代なのかと思うと、そのうち何を着ればいいのやら・・・という時代がくるようでコワイです。
でも、装いは大切だし楽しみたいし。
私も衣替えして処分を決めた服がありました。
そして、室内で”ひとりこっそり”着ればいいよねって残した服もありました(笑い)
きこ | 2015.10.16 15:40 | 編集
きこさんへ

年齢を重ねるごとに、着られるスパンが
短くなってくるような感じがします。
おうちにいる時間が短い、長い、とか、
生活スタイルでも変わってきますが・・。

おばあちゃんになったらどんな服を着るんだろう・・って
思うことがあります。ずいぶん前に記事にしたこともありますが、
年齢で判断というより、似合う服というのが大事なような気がします。
だから、自分で似合わなくなったと感じた時、
誰に言われるわけでもなく、自分が感じた時が、
本当に処分のし時なんじゃないかと思うのです。
HASU* | 2015.10.16 16:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top