09.11
Fri

実家の母は、好きなものはなかなか使えない人です。
とくに器、ふだんは割れてもかまわぬものや、
景品のものを使っていました。
しかも意外と景品のお皿って、ものすごーく丈夫なんですよね。
さほど器に拘りがなかったのかもしれません。
以前実家の整理をした時、まだあったの?というくらい、
古いものがたくさんありました。
で、気に入ったものはしっかり箱にはいったまま。
数があれども、そのほとんどは使われず。
結局使わずじまいに、おうちのリフォームとともに、
処分となりました。

+

私自身も結婚当初は、
好きな器もありましたが、
夫が独身時代から使っていたものを
そのまま使ったり、とりあえず‥‥的に、
安易に選んだものを使っていました。
なので、特別な思いれがあるものでもなく、
正直どうでもいいものでした。
どうでもいいものは、ついつい雑に扱ってしまったり、
そこには、割れても心が傷まぬ・・
そんな思いが私の心にあったのかもしれません。


IMG_20150911-5276.jpg


ひとつ、ひとつ好きな器を持つようになって、
ふだん使いしていても、意識の違いが変わってきました。
好きな器だからこそ、食器を拭くにしても、
丁寧に扱うようになったり、テーブルに置く時、
コトンではなくそっと置くようになりました。
もともとガサツなワタシ ^^;

でも使う頻度が高いと、
うっかり欠けたりするものもでてきます。
残念な気持ちはもちろん沸いてでてきますが、
ふだんたくさん使っているので、
後をひきずることはありません。


器に限らず、
好きなものと暮らすことは、
大事に使ふ、ということなのかなと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 4
コメント
こんにちは~~!
分かります!分かります!
私も同じだなあ~。大切なものを、貯金貯めて買う。。。
社会人になってそんな経験を重ねていくうちに、やっと昔より物を大切にする意識が身についてきたのかもしれません^^;
でも、一方で、やっぱり日常で活躍する器って丈夫なものがいいなあと思ったりもします。洗いにくいものや傷つきやすいものは不思議と手が伸びなくって・・・機能性とデザイン性。両立したものが見つかると嬉しいです^^♪
引き出物でもらったあまり好みじゃない食器があったのですが、大きさがちょうどよくって大活躍していたりもします(笑)
写真の食器もとっても素敵ですね。和洋どちらにも使えそうです(^▽^)
ひよこまめ | 2015.09.11 13:11 | 編集
ひよこまめさんへ

ひよこまめさんも!?
モノを大切にするって、ほんと昔は、
ほとんど意識しなかったんですよね。
ひよこまめさんのおっしゃるとおり、
経験を重ねていくうちに意識が
身についてきたのかもしれません。
ふだん使いは機能的であることは重要ですねー。
デザインと両方金揃ったものが最高ですね。
北欧食器が好きなんです。。このプレートは、
和でも洋でも使えるので重宝しています。
コメントくださってありがとうございます。

HASU* | 2015.09.11 20:39 | 編集
うん、自分で選んで買った器は大事に扱うよね。
パトリスジュリアンさんだったかな、
お皿を割ってしまうのは、その時お皿から気がそれていたからだ、と言っていました。
無意識に考え事したり、ちょっとおろそかになってた?っていうのかな、でも好きな器は、やっぱりきちんと向き合って使うから割ることも少ないのかもね。

…それにしても、割れたら処分できるのに、と思ってる景品の器、どうして割れないんだろ?不思議です(^^ゞ
ぎゅうすけ** | 2015.09.11 20:42 | 編集
ぎゅうちゃんへ

器に限らずだけどそうだよね。
そっか、他所事考えたりして、
一瞬の気の緩みがでた時なのかもね。
確かに、うっかり・・っていうのは、
そういう時なのかもね。
ちゃんと向き合う・・人もモノも同じかもね。

そそ、なぜに景品の器って、頑丈にできてるのかしらと不思議。
割れたら処分できる、きっかけがなかなかこないように
できていたりして^^;
HASU* | 2015.09.11 21:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top