11.22
Sat
親の家の片付けをすることを「オヤカタ」ということを
知ったのはつい最近のこと。
テレビでも実家の片付け特集をしていたり、
親の家の片付けで悩んだり、行き詰まったり、
衝突することも多いらしい。
そういう私の実家もリフォームするという名目がなければ、
埒が明かなかったと思います。
母のモノに対する考えがだいぶ柔軟になったとはいえ、
平行線のまんま・・ってこともありえたと思います。
実際、母は昔、祖母の家を片づけながら、
「新品のまんま使わないで置いたままにして・・(もったいない)」
「きれいなものはいくつもあるのに使ってないし・・」
「いくら新しいモノといっても年月がたって褪せてくるし・・」
などと言い、おまけに母は、
自分なら「置いておかないで使うわ」などと言っていました。
その母でさえ、祖母と同じことをしていたわけで・・。

母が一人では到底使い切れぬ数があるのだから、
私は母に「仕舞ったまんまにしないでシーツでも
布団でもタオルも新品を使って」
「置いていても誰も使わんよ」と言っていました。
それでも片付けをした時には、箱にはいったままのものが
でてきて「これ使う?」と尋ねました。
いやいやいや、気持ちはありがたいが、
我が家では使わないよ・・(;´д`)トホホ・・・
こんな会話が繰り返し。

親の家の片付けにはそれぞれ事情が違ってくるので、
コレというものがないと思います。
家ごと処分するのかにもよるでしょうし、
一人暮らしの親、親が亡くなったから処分するとか、
親だけでは到底片付けられそうにないから、
今のうちに少しずつお手伝いしながら片づけるだとか、
様々だと思います。

よく耳にするのは、
「いつか使うから置いておいて」
「置いていても(持っていても)困らない」
「まだ使えるのに、(捨てるのは)もったいない」
「買った時は高かったのに、二束三文の値段では売りたくない」
「誰かにあげるから」

うちの母も言ってましたねー。
「物置や天袋に置いておいたら邪魔にならない」って(笑)
いやいやいや、もうすでに物置は満杯だったにも
かかわらず、山積みにしていったい何があったかさえ
わからんかったでしょ~。

モノとして機能し使えるから捨てるのは惜しい、
もったいないということは確かにそうなんだけど、
「使える」から使うのか?といえば、ほぼ使わない。
是非とも使いたいモノでもないけれど、
処分するのはいささかもったいない・・となるのでしょう。
使えるということと、使うことは違うのだけど、
壊れていない、破れていないものは使えるものとし、
片意地なくらい手放すことに抵抗感を持つのだと思います。

親の家を片付けしていて、
親が捨てるのを渋り、今までしてきたことはなんだったんだろう、と、
心が折れそうになったり、徒労に終わったりしてがっくりきたり。
自己満足だけで、親の家を片付けているのではないだろうか、と
悩んだり。自分の家と違うからどこまで踏み込んでいいのかとか。
それでも溢れかえったモノで危険だったりすることもあるわけで。

親はモノを処分しようという子供の思いを疎ましく思ったり、
逆に子は、なんでこっちの気持ちをわかってくれないの?と
親への苛立ちが募ったりして葛藤がでてくる。

親の片付け・・と一言では片付けられない魔物かもしれない。


house07.gif   house09.gif   house10.gif   house12.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 6
コメント
ココリンさん、こんにちは。
オヤカタ…知りませんでした。^^;

私の実家も、父が亡くなり、母は ホームにいるので
誰も住んでいないのですが…
近くにいる兄と姉が、荷物を処分し 片付けて リフォームしました。
私とすぐ上の兄は、離れて暮らしているので、全く手伝わず…
きっと、大変だったろうなと、想像していますが、兄姉からは
文句の一つも言われた事は無く…感謝しています。
それぞれの家族…みんな違って、オヤカタも異なるのですね。

前記事のハンドクリーム…
記事を拝見して すぐに、購入しました。
ベタベタが苦手なので、今までは、アトリックスの
ハンドジェルを使用していましたが、
私も、アカギレが出来るので、これからは、これにしようと思います。
とても良い物をご紹介下さり、ありがとうございました。m(_ _)m


mio | 2014.11.22 15:07 | 編集
mioさんへ

こんばんは。

ね、オヤカタって「ん?」って思っちゃいますよね^^;

mioさんのご実家は、ごきょうだいが整理を
してくださったのですね。遠くにいるとできませんよね。
できる人ができることを・・私もおんなじです。
それぞれ事情が異なるので正解というのがないですねぇ。

あ、ハンドクリーム使われてるのですか。^^
どうですか?べたつかないでしょう?
家事する時には必須クリームとなりました♪
mioさんが記事を読んで、使ってくださると知って、
なんか嬉しいです(アトリックスの関係者ではありませんが)
この冬はアカギレ知らずといきたいですね。
って、私はすでに作っちゃったから今後は作らないようにできるかな~。
ココリン | 2014.11.22 19:10 | 編集
オヤカタ…っていうんですね。
我が家は同居してるし、自分の荷物で迷惑かけたくない、という意識と
自分が死んだら娘(私ね)は容赦なく捨てるだろうと思ってるようです。
それでもリビングのサイドボードには使わない食器が並んでます。
ほとんどが結婚式の引き出物なんだけどね。

ダンナの実家の2階の納戸、結婚して何年もたってからそこに
結婚する前に私が贈った夫婦茶碗が箱のまましまわれてるのを見つけて
がっかりしたことがあります。
頂き物を使わないで大事にしまっておくのって、
あの世代特有なのかもしれないですね。
モノは使ってなんぼ、なのにね。

ぎゅうすけ** | 2014.11.22 20:54 | 編集
ぎゅうすけさん、こんばんは。

・・らしいです。
ぎゅうすけさんのところは同居されているから、
お母様は娘さんであるぎゅうすけさんには
迷惑をかけたくない気持ちはお強いのでしょうね。
サイドボードの食器、やっぱり大切な時に、
使うという感じなのでしょうか。

旦那様のご両親様も、きっとぎゅうすけさんが贈った
お茶碗、きっと使うのがもったいなくて使えないんでしょうね。
仕舞われたまま・・を見ちゃうと淋しい気持ちになりますね。
やっぱり使ってなんぼですよ^^
使ってもらったら嬉しさ倍増なのにね~。
やはり世代的なものなのでしょうかね・・。

ココリン | 2014.11.22 22:18 | 編集
うちの母、片付ける、捨てる気持ちがないみたいで・・・
身辺整理なんてもうすぐ死ぬみたいなこと、なんでそんなことを言うのよ という様子。
私と考え方が違うこともあり難しく思っています。

子供が片付ければいいのよって思っているのかも。

母は実親や義理親の世話や介護を(義理親に関しては一切しなかった)そして親達の片付けもしてこなかった人なので、子供側の気持ちに疎いことがあります。

片付けるって より良く生きることでもあるのになぁ。
そこが、わからないみたいで・・・
老人は手強いわ。

ココリンさんのお母様にはリフォームという印籠があって本当によかったですね。
老人は「きっかけ」というものが無いですものね。
ケストナー | 2014.11.24 15:11 | 編集
ケストナーさんへ

身辺整理と思うとそうなっちゃいますよね・・。
生前整理と老前整理の違いをきちんと
話して見られるのもいいかもしれませんよ。
モノを捨てることがもったいない、罪悪感が
ある世代だと、片づけるということだけでも
抵抗があるのかもしれませんね。
お母様、ご実家のお片づけにもたずさわることがなかったのですね。
老後を生き生き、安全に過ごすということを
わかってもらうことは大変そうですね。
うちもリフォームという印籠のお陰もあるのと、
私が母と整理したモノ以外は、大型のものなど兄が強制的に
処分したことがかえってよかったかもしれません。
結局、なくなってしまったからといって日常生活に困るものは
ないですから・・。
子供が片づけるにしても、それが大変なのにね・・って思います。
ココリン | 2014.11.24 19:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top