10.22
Wed

こういう窓の鍵、
最近見かけることが少なくなりました
ちょっと懐かしい感じがします。

IMG_20141023-001-7225.jpg


引き出しが気になります^^;
古い家具は味わい深いです。

IMG_20141023-002-7227.jpg


そこだけが白くなっているのを見ると、
よく開ける引き出しだったんでしょうね。
しょっちゅう使うものをいれていたのかなぁー。

IMG_20141023-003-7239.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



こんな感じの窓も最近は少ないような気がします。
子供の頃、実家も木枠の窓でしたが、
雨の降りこみが酷く、アルミに替えて親がほっと
していた様子が今でも忘れられません。

IMG_20141023-004-7264.jpg


廊下を雑巾がけする・・・子供の頃は嫌だったんですけれど、
障子と廊下・・縁のあるおうちに憧れます。

IMG_20141023-005-7268.jpg


今、LEDの恩恵を今受けていますが、
こういう灯、情緒があって好きです。
でも実際住むとなると、電気代のこととか考えると、
やっぱりLEDにしちゃうんだろうなー。

IMG_20141023-006-7247.jpg


DIYという言葉が一般的でなかった頃から、
なにかと作っていた父でした。
子供の頃、家の網戸は全て父の手作りでした。
素人がしたものなので、がたつきもありましたが、
頑丈でしたねー。
家電でも壊れたら、ドライバーで分解して
直せるところは直してしまうようなところがありました。
なので新しいものに買い替えられない、なんて
思ったことが遠い思い出(笑)
でも今から思えば、直して使う・・こと、
ごくごくありふれたことだったんだと思います。
いつの頃からか使い捨て時代になり、
修理するより新品を買う方が安く、
矛盾を感じつつも新品に手をだすことになったり。
やがて本当に好きなものを選ぶ意味を知り、
丁寧に使う、それでもモノだから傷んでくる、
好きなものなら修繕してでも使いたいと
思う気持ちになること。
でもやっぱりモノだから、新旧交代の時もでてきます。
でもたくさん使ったら処分の時、
惜しみながらも潔さも生まれてきたり。

ちょっと古民家で休憩していると、
父の思い出が溢れてきました。




comment 8
コメント
おはようございます^^
我が家の玄関の鍵は まだそのくるくる回して閉めるものなのですよ~(笑)
でもこれをしっかりかけないと 玄関戸が風でがたがたするの。
びしっと新しい玄関戸にしてほしい~
嫁いだころからずっと思ってましたが
そう思いながらいまつのにか 戸を磨いて使い続ける そういうのもいいかぁって
思える歳になりました^^

でもね、実家も まだまだ木枠の窓だらけ
でも 長年ちゃんと掃除もせず 家も古びて 隙間風やら汚れやら・・
風情ある古民家さんへの道は いつかやってくるのか??って
感じです^^;;
お父様 色々手を入れたり加えたりして モノを扱ってこられた方なのですねー
昔ながらおうちこそ そういうことが大事だったのだと思います
素敵ですね^^
らんらん | 2014.10.22 07:56 | 編集
ココリンさん、こんにちは。^^
素敵な古民家ですね~。こういう古民家を探していました(苦笑)
まぁ、無いですね。^^;
確かにね、現代に慣れてしまった身からすると、寒さや不便さと暮らす事は本当に難しく
また、安全面や金銭面とかいろいろと考えると情緒そっちのけが正直なところ。
そういう色んな不自由さを受け入れる覚悟がないとダメなんですよね~と思ってしまいます。
でもなんでしょうかね・・・こういう風景が懐かしく、「ここに居たい」と思わせられるのですよ。
せめて、たまに休憩に伺いたいので、羨ましく眺めています。
shizuku | 2014.10.22 11:10 | 編集
らんらんさん、こんばんは。

らんらんさんのおうちの玄関の鍵、
このタイプですか!
おおおお~。ちなみに玄関だと
外からかける時は別の鍵があるんでしょうか。
情緒がありますね。
らんらんさん、戸を磨いてらっしゃるんですね。
きっと木が艶々しているでしょうね。
ご実家も木の枠とのこと。
うちの実家も浴室の窓は木なんですよ。
父がね、網戸を張り替えたりしてました。
木の素材のものって、削ったりして丁寧に扱えば
長くもちますよね。古いものの良さをすごく感じます。

らんらんさんお片づけでお忙しいなか、
コメント、ありがとうございます。
ココリン | 2014.10.22 17:06 | 編集
shizukuさん、こんばんは。

いやもう古民家を見つけると入りたくなります。
できれば富士山を見ながら住みたいとか、
我が家の夢です(笑)
まぁ思いは思いとして・・。
そうなんですよね。実際にこういうおうちに
住むにはそれなりに覚悟が必要ですね。
現実を考えると、光熱費とか考えちゃう^^;
だから夢みさせてもらっているというか、
たま・・だから、良い面ばかりが浮き彫りになるんですが。
しばしの懐かしさを楽しんで、
日々の諸々を忘れさせてもらっています。

ココリン | 2014.10.22 17:13 | 編集
うわ、この素敵な古民家はどこですか?
転勤族だった私の家は普通のいまどきのマンションでしたが、
母方の祖母の家がくるくる式(勝手に命名)窓の鍵で
閉め方にコツがあったのを懐かしく思い出しました。

若いころは洋風の家にばかりあこがれてましたが、
この頃は、こういう古いお家がたまりません。

ぎゅうすけ** | 2014.10.22 22:18 | 編集
ぎゅうすけ**さん、こんばんは。

野津田公園だよ~。
北口の駐車場の前。
ぎゅうすけさんのところマンションだったっけ?
くるくる式の窓の鍵、閉め方にコツがある、、
うん、あるある。いい加減にしたらきれいに閉まらないのよね。

新しい洋風のおうちに目が行きがちでしたが、
古いおうちの造り、建具、板の間、畳、
なんだか落ち着くんですよね。
私も好みが変わってきました(*^^*)
ココリン | 2014.10.22 22:54 | 編集
こんばんは。
父方の祖父母の実家も、窓にクルクルする鍵があり、ちょうどお写真の様なタンスがありましたので、
私もなんだか凄く懐かしくなりました。
壊れたらまずは修理してみる、電気代がかかりそうな灯りだからこそ、必要以上に明るくせず、太陽と共に?時間を過ごす、そんな親世代がしてきた暮らしの中に、心の豊かさやモノ選びのヒントが、いくつもあるのかもしれないないなぁと、
つくづく感じました。
素敵な記事をありがとうございました。
キャラメル1101 | 2014.10.24 21:36 | 編集
キャラメル1101さん、こんばんは。

おとうさま方のご実家の鍵もこのタイプでしたか。
古い家具もいい味わいがでているでしょうね。
今よりは不便かもしれないけれど、
昔の時代はゆっくりと時間が流れているような、
そんな気がします。キャラメル1101さんは、靴やワイシャツも
手直しして丁寧に大事に使っていらっしゃるのが、
すごく素敵に暮らしてらっしゃるなぁと感じています。

コメントありがとうございます。
ココリン | 2014.10.24 22:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top