07.14
Wed
以前ブログで「冷蔵庫は目立たぬ色にすべし」などと
書いたことがあります。我が家の冷蔵庫の色は
ネイビーなので、埃がめだって仕方がない話です。

それはさておき、

そういったわけで、テレビ台も目立たぬ色のを買うつもりだったのに、
なぜかまたこんな色なので、埃が目立ちます。
なので、テレビ台や埃がたまりやすい棚なども
柔軟剤を薄めていれた水に布を浸して、かたく絞って
拭くようにしてから、静電気防止のせいか埃がつきにくくなったようなのです。
(使う前に材質が変色しないか、目立たぬ場所で試し拭きはしたほうがよいかと思います)


tv1.jpg

テレビの上部やパネルの縁や本体裏面も、埃が付きやすいです。
よほど汚れたら別でしょうが、子供がいるわけでもなし、
手あかがつくこともないので、ハンディモップで拭いています。
万が一を考えて、水ぶきはしていません。
なのでこまめに「拭き、拭き」です(笑)
パネル部分はPC同様液晶なので、化学雑巾でこすると液晶パネルの
表面が剥がれたりするとのことで、柔らかい布で拭きます。

tv2.jpg

    ↑
とくにテレビ台の横部分が、すとーんとなってなくて、
曲線になって、凹んでいるので埃がたまりやすいのです。
この柔軟剤入り水ぶきにしてから、この部分に埃がたまりにくくなりました。


余談ですが、
以前の記事で(記事はコチラ→)掃除がしやすいように
冷蔵庫の上には何にも置いてないので、ササっと拭いている話を書きました。
ここもテレビ台と同じように、柔軟剤を薄めた水に浸けた雑巾で
拭いてやると、以前と比べて埃の付き具合が違います。
なので、雪化粧には最近お目にかからずです^^










にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 4 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/164-4d5d7a8a
トラックバック
コメント
こんにちは~、お邪魔します☆

> 柔軟剤を薄めて入れた水に布を浸して

なるほど~~~~。
柔軟剤とは。。静電気防止ですね~。
勉強になりました!

ココリンさんにひとつ質問があるのですが・・・
(過去トピにもし、記事にされていましたら。。すみません)

拭き掃除をされた後の布は、どのようにされてますか?
普通に洗って乾かしていらっしゃいますぅ?
それとも・・・?

お掃除マスターのココリンさん、お教えいただけませんか?
よろしくお願いいたします。

ココリンさんのブログにお邪魔をしては、いつもいつも、「へぇ~」「ほぉお~」と、感嘆の声をあげてしまう。。ともひろでした☆
ともひろ | 2010.07.14 20:39 | 編集
はい、以外にも埃の付き具合が
違うようなんです^^

基本、雑巾の場合は洗って乾かします。
でも捨てるつもりでいた布を使うときも
あるので、例えば、窓のサッシのレールを拭いたり
したものなどは、ボロ布で使い捨てにします。
その時々、めんどくさいと思ったら使い捨てので
拭いたりします(^^;
ちゃんとした答えになっていなかったですね。
すみません。
テキトーなところがあるもので(;^_^A

ココリン | 2010.07.14 21:59 | 編集
こんにちは!
ココリンさん、質問へのお答え、ありがとうございました^^

大変参考になりました^^
雑巾の後始末のしかたって、間違うととっても不潔になっていしまうので・・・お掃除プロのココリンさんはどうしていらっしゃるの?
ということで、質問させていただいてしまいました~。
ありがとうございました☆

別トピでのレスも、楽しく拝見させていただきました!

ご主人様は、どなたからもパン作りを習われたこと無いんですよね?。。それなのに、とってもお上手でびっくりです!!
今すぐにでも講師になれちゃうレベル!!

スクールで講師が口頭で教えている(テキストレシピには載せていません!)“こね方のコツ!”をこっそりと。。

☆ 油分の多い生地 → 
最初から力を入れすぎず、コネ始めはなるべく軽い力で全体の生地を馴染ませるかんじで。

生地に油分のムラがなくなってきたら、手早く、中程度の力でリズムよく、いっきにコネあげます。

☆ 糖分の多い生地 →
糖分が多いと、どうしても生地がべたつきます。
糖分の多い生地の場合は、途中途中で、生地が乾燥しないように気をつけながら、水分を後足ししてください。

例えば・・・レシピで50ccの水の分量指定があった場合。
コネ始めでは45cc程の水を加え、生地がまとまってきたら、2cc加えてはコネ、3cc加えてはコネ。。と後から少しづつ足していかれると、べたつきが少なく、コネることができます。

※ 油分も多く、糖分も多い(これをリッチな生地といいます)生地の場合はあまり長時間、コネていると表面がギラギラとし、油分が分離してしまうので、お気をつけください^^

☆ 水分も油分も少ない生地 →
コネ始めてから、全体が混ざりあったのを目安に、縦ごねメインで、力強くコネていただいてオーケーです!
途中にタタキも少し加えながら生地を引き締めつつコネると、時間も短縮でき、きめの細かいパンが出来上がります!
(生地の乾燥にご注意ください!。。タタキを入れすぎると乾燥してしまうんです。。)

以上、ざ~~っとですが、ご参考にしていただければ☆
ともひろ | 2010.07.15 02:57 | 編集
はい、雑巾はいらなくなったタオルで
ばんばん作るので、そんなに使い続けないですね^^
洗ってもキレイにならないですし。

はい、本人は製菓学校に行きたいようですが。
行ったことはなく、完全にレシピどうりでもなく
テキトーです。

ともひろさんの「コツ」本当にありがとうございます。
私自身はレシピで50ccとかあったら最初から全て入れてました(ーー;)
失敗するから、あまり作りたくないのもあるのです、いけませんですね。
夫にもこの「コツ」をメモして伝えます♪
もっと腕をあげていただこうと画策してます( ̄▽ ̄)
色々とありがとうございました。

ココリン | 2010.07.15 11:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top