07.03
Sat
以前の日記で「捨てられないモノ」にも登場した
マーロウのプリンの容器(記事はコチラ→☆1、 ☆2

今朝、うっかり割ってしまいました。
パイレックスですが飲み口のあたりは、薄いので
扱いには気をつけているつもりでしたが、またやっちゃいました。(ーー;)




この容器を初めて手にした頃の私は、本当にこの容器でさえ、
割れるのが怖くて(今に思えば馬鹿らしいのですが)
なかなか使うことさえありませんでした。

それはひとつに、まだ神戸に住んでいてしょっちゅう買いに行けるものではなかったこと。
勿論ネット販売はしていたと思いますが、それには気づかずもあり、
なぜだかもったいなくて食器棚に飾っている状態だったのです。
だからその当時は、モロゾフのプリンの容器の方が出番が多く、
まあ、そちらの方はわりと頑丈な作りではありましたが、
お店に行けばすぐ手にはいるという感覚があったからだったと思いますが。

では、今こちらに居るから割れても買いに行けるから、
おざなりになっているかと言えばそうではありません。
形あるものは壊れるのであって、この容器、ちょっとした保存用としても
使ってましたし、レンジもOKなので便利モノでした。
なので、食べ終わってお店に返さず(返すと200円バックです)
家で使っていたお気に入りで、捨てられないモノだったわけです。

で、昨日の日記と少し重なるのですが、
キッチンの収納の見直しをしていると、2人暮らしの狭い我が家でも
本当に使っていない食器が結構ありました。
ビールの景品のコップから、開店記念のコップ、結婚式の引き出物のお皿。
つい可愛いから買ってしまったマグカップ。
清水の舞台から飛び降りたつもりで買ったカップ&ソーサーなど。

シンプルな暮らしをするうえで、
「割れたらもったいないから使わない」という考えは捨てました。
「いただいたものだからとりあえず置いておく」のもやめました。

気に入ったものなら、使おう
今、好みが変わったり、使わないものなら、処分しよう

昨日も書きましたが、
本来、使うモノとして造られたモノは使わなきゃ意味がないと思うので、
本当は使ってあげられればそれに越したことはないと思います。

でも、2人暮らしで、どれだけの食器を使うのか考えたときに、
極端な話ですが、2人暮らしの我が家。2セットずつ数種類あれば事が足ります。

勿論そこには、来客が多い家、家族の多い家、器に対してこだわりのある家によって、
種類や枚数も違ってきます。年に1回しか使わなくても必然性があるならば、
それは無駄なものではないでしょう。ちゃんと役目があるものなので。

でも、全く出番のない器ほど哀しいものはないのです。
食器棚の奥に眠って人の目にふれることもない器。
自分の家に必要がないなら、よそにお嫁に行ってもらって
必要とされてる家で使ってもらったほうが、器にとって嬉しいことだと思います。

自分の家において、使い道のない器は必要ありません。
後生大事に置いておくスペースの無駄を考えると、
そこに使わない器を置いておく意味がどれほどのものか。

でも決して「捨て」だけをすすめているわけではありません。
できれば「捨てる」ことなく、
大切にずっと使い続けて、壊れるまで使うことのほうがいいなあと思うのです。

なのでそう考えると、不必要にたくさんの器はいらないと。
自分が使いこなせるだけで十分かなと思うわけです。

けれどすっきり暮らすには、「捨て」も必要。
「もったいない」ではなく、もったいないをなくするためのプロセスです。
いずれ、「捨てない」、「増やさない」にするために。

かといって、そぎ落としすぎて殺風景になりすぎるのもなんとも味気ない。
なので、そこは、自分がしっかり吟味したものだけを手元に置いて、
最後まで使ってやることがモノを大切にすることだと思っています。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 8 trackback 0
トラックバックURL
https://hyanry.blog.fc2.com/tb.php/153-6325db95
トラックバック
コメント
事が『食器』になると俄然弱虫になります(^^ゞ
以前使わない食器達を処分してスペースを確保したのに、
またもや満杯状態(-_-;)
ココリンちゃん、私って飽きっぽいのよ(滝汗)
だから今まで素敵だなと思っていた食器が好みが変わって
色あせて見えてしまう・・・。
勿論まだまだ使えるけれど使いたいと思わない。
これでは着なくなった洋服と一緒ですね。

ココリンちゃんは私みたいに『食器に対する好みが変わった』って経験ありますか?
勿体無いと思うならシンプルで流行りのない食器を選ぶべきなのでしょうかね(苦笑)
のほほん | 2010.07.03 23:28 | 編集
マーロウのプリンの容器は薄いのですねー。

わかります!
出番の無い食器、結婚式の引き出物はなかなか普段には使用しないし、かといって、相手の気持ちがこもっていると思うと、捨てるのも・・・ですよね。
あと、私も気に入った食器ほど、出番が少ないです!
やっぱり壊れるのが怖くて。
形あるものは壊れるのですけどねー。
食器棚の奥にしまわれている食器たちも
なかなか出番が無くて、かわいそうなものです。

いつも大切に普段にでも使えるのが、一番ですね ♪



Apfel | 2010.07.03 23:47 | 編集
イタタタタ~。

捨てれない・・・。

いろんな容器を残しています・・・。

プラの容器は要らないだろうと思いつつ、ついつい・・・。

もはや、容器コレクターです。。
捨てたい・・・。捨てれない、毎日葛藤してます。
反省しました。
決めた!プラは捨てます!
ちくちくHolic | 2010.07.04 02:53 | 編集
こんにちは^^
のほほんさんは、「食器」には
弱虫になるのですか。
のほほんさんの言う「使えるけど使いたいと思わない」って
いうのはすっごくわかります。
私の洋服に対する思いがそうだったかも。

私、食器に対する好みというか、それほど好みがなく、
使えればいいや~的なところで選んだり、いただいたものでも
抵抗無く使っていたので、
気に入った食器を買うと、以前持っていたものは
ばっさりと捨てられたのかもしれないです。
あ、これまたブログのネタにしていいですか?
でも色あせてみえるのって、使えなくなっちゃいますよね。
(ーー;)
ココリン | 2010.07.04 14:41 | 編集
なかなか捨てられない食器って
ありますね。だから、引き出物って
年々、モノじゃなくなってきたのかな、
カタログでご自由にっていうのが
増えたのかなあとも思います(^^;

気に入った器、生きているうちに
使っていったほうが絶対に良いのです。
使わないうちに、地震が来て壊れたら
元も子もないです~(笑)
なんて、大切に使い込んであげられれば
一番良いですよね^^

ココリン | 2010.07.04 14:47 | 編集
やはり、捨てられないモノありますぅ??
ありますよね、誰しもひとゆやふたつ。

あ、プラ容器、私もかなりためこんで
いましたね(ーー;)かなり捨てました。
いや、捨ててすっきり。
これで、好きな容器だけ揃えられるって
ことで!!(笑)
ココリン | 2010.07.04 14:50 | 編集
物を増やすのは簡単なのに、
物を減らすのは大変。

「大切にずっと使い続けて、壊れるまで使うことのほうがいいなあと思うのです」
・・・ほんとそうありたい。(しみじみ)
rionn | 2010.07.04 20:05 | 編集
こんにちわ^^

ね、ほんとそうです。
手にいれた限りは、使ってあげたいと
思います。
それで壊れてもあきらめもつく・・かな。
(^^ゞ
ココリン | 2010.07.05 11:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top