12.05
Thu
以前ご紹介したことがある知人の話し。
(その時の話しはコチラ

その知人のお父さんとまたばったり。
「昨晩は子供たちとご飯を食べたんだ」と
満面の笑みを浮かべながら私にそう話しました。
その時の笑顔はこのうえなく幸せそうで、
本当に嬉しそうで、今まで見たことのない顔でした。

子供も大きくなると、それぞれ仕事や用事があったりして、
なかなか揃わない食卓。
知人のお母さんは他界していて、家族3人。
子供たちが外で食事をすると、おじさんはひとりで食事。
一緒の仕事をしている知人は、家で食べないことも多々あるそうで。

「1人で食べるより、皆で食べる方が美味しいんだ」とぽつり。
勤めていたらリタイアしてもおかしくない年齢のおじさん、
その声が妙に実感こもっていて、
やっぱり淋しいんだろうな・・と思いました。

思わず実家の母と重ねてしまいました。

1人だと黙々と食事をするので、
あっという間に食べ終わってしまいます。
同じものを食べても、誰かと一緒に食べるというのは、
舌で感じる味覚だけでなく、「美味しいね」とか「これはちょっと」とか、
言葉にだすことでなにかが加味されるのではないかと思うのです。

孤食・・・家族がいながら1人で食事をすること。
子供も大人も時間に追われて、食事時間が家族と合わない。
これも仕方がない部分もあるのですが、
やっぱり1人っきりだと淋しい・・。
一方的に流れてくるテレビの音より、
会話しながら人と一緒に食べる方が美味しいだよね。

おじさんの嬉しそうな顔が今も目に浮かびます。


3_2013120500010077d.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 2
コメント
そうだよね。
たとえテレビをみながらでもいいの。
相手があってのご飯タイムは
味わいも楽しさも何倍も違うよね。

私も家族の存在がなかったら、
きっと朝はシリアル昼はカップめん、
夕飯もハムエッグなんかで済ませてそのうち体壊すんだわ。おそろし。

私の健康は家族があってこそだと思ってます。


なるべくそのお父さんが家族とご飯がたべられますように~~
おきょうさん | 2013.12.05 23:12 | 編集
おきょうさんへ

そう、同じ空間に一緒に居て食べる、
それだけでも違う気がします。

私も夫がいないと、ぜったいシリアル、カップめん、
お茶漬けさらさら~ですませそう(笑)
私もおきょうさんと同感。家族のうえになりたっているような気がします。

今度おじさんに会ったら、毎日食べてるよ~の声が
聞けたらいいな~。
ココリン | 2013.12.05 23:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top