11.08
Fri
必要以上にモノを持たない、ためないようにと心がけています。
たとえ1年に数回しか使わないものでも、モノに動きがあるなら、
それは必要なもの。
でも、仕舞ったことさえ忘れているモノはもちろんですが、
食器棚に仕舞っていて同じ場所で、
ずっと動いていないものは使われていないモノ。
なので収納の見直しの目安としています。

洋服も、デザインが気に入って買ったものでも、
着心地の悪いもの、着づらいものは、自然と避けて、
着やすい洋服の方が頻繁に着たり。
多少着にくくても、好きだからの理由で着る場合もあります。
その場合は、回数は減っても動きはあります。
なんらかの理由で着なくなった洋服が仕舞ったまま、
袖を通さずというのは、動きがなくなってしまった洋服。
それも見直すバロメーターのひとつとなります。

でも動きがなくても、思いいれがあって、
愛着があって大切に手元に置いている場合もありますが、
存在そのものを忘れるくらいのものは、
その程度のものだったのかもしれません。

モノの数が問題なのでなく、自分で把握できないもの、
全く動きがないものは、なくても問題なかったものでは?
お家の中を風通しよく、そこに停滞せずに潤してくれるものと共に
暮らしたいです。

IMG_9090.jpg
+だんだんと色づいて秋の深まりを感じます+


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



comment 8
コメント
綺麗な紅葉を見て気づきました。
この木、うちの近所の街路樹すべてこれと同じです!
他に、メープルとか大きな手の形をした葉もたくさんあります。
(大きなものは葉の最長部分で20センチもあり、落ち葉も見ごたえがあります)
私の住む市内の通りは 京都のような碁盤の目になっていて
主要な通りには 「栗の木通り」 「銀杏の木通り」など木の名前が採用されていて
通りごとに 名前にちなんだ街路樹が植えられていて なかなか趣があります。
とはいえ、周辺住民は落ち葉のお掃除で大忙しですし、街中に居るリスが木の実を食べ散らかすので
楽しんでばかりもいられません(笑)

日本も紅葉が美しい季節ですね。
私はやはり、日本の赤いもみじが恋しいです!


着易い服、心地のよい服ばかりになってしまう私は
本当に時々、きちんとした服装で出かけなければならない時に困ります。
仕事もプライベートもTシャツにジーンズが主ですから
何とか綺麗な服でまとめても 「あ!靴はどうしよう!!」となったりして
慌てて近所のリサイクルショップへ買い物に行ったりします。
(そのまま気に入ればキープしますし、イマイチだったら また寄付に出したりします。)

着心地がよく、急なお出かけにも恥ずかしくないような服には まだ出会えていません。
なかなか折り合いを付けるのが難しいですね。
けろ | 2013.11.09 07:10 | 編集
こんにちは。
大掃除前・・・。
ホントにそうだなぁ。って思います。
私も物を極力増やさないようにって
思ってはいますが・・・。
どうも最近。出費が増えているような。
物欲の前に、一呼吸は大切ですよね。

我が家で一番の困り者は・・・。
子どもがもらうもの。です。
使わないのに、見知らぬ方から
「お子さんがいらっしゃるから」と
もらう、キャラクターものとか。
どこそこのお土産とか。
自分にもらったものは
いらない物は処分。リサイクルに回すなどできますが、
子どもに手渡されてしまうと・・・。
子どもは(ロッタ)口が軽いので
「ママが捨てちゃった」なんて
忘れたころにいう事も(怖)
(一応、子ども自身に捨ててもいいか確認しているのに!)

我が家は、キャラクター物は
持たない主義なんです。って言いたいけれど・・・。
言えなかったり。
どこかのお寺の鈴なんてもらったら・・・。
いったい、これ、どうすればいいの?
なんて思います。(笑)

やっぱり一番うれしいのは
消え物ですね。
和菓子を食べない子供たちは
マンションの管理人さんが
和菓子が好きなので喜んでお裾分けしますし。

なんだか、愚痴になってしまいましたが
年末を前に、子供たちにも断捨離させながら・・。
ぐっちゃぐちゃになってきた
家の中の風通しを見直そうと思います(^^)/
くろくろ | 2013.11.09 15:07 | 編集
そう、少し着づらい、とわかっていても愛着がある服もありますね。
存在を忘れてる服は似たような、でももっと好きなのが他にあったり
する気がします、あ、私の場合ですが。

時々見直して断捨離もするけど、買う方も相変わらずなので
ちっとも減らないのが悩みです。

でも、服は好きだから、無理に減らさなくてもいいか、
なんても思ったりします。
ぎゅうすけ | 2013.11.09 22:12 | 編集
けろさんへ

こんばんは。
けろさんのご近所の街路樹も同じですか。
通りの名前、情緒がありますね。木の名前がつけられた通りなんて、
素敵ですね。確かに落ち葉の掃除も道路におちた実の後始末も
大変でしょうけれど、殺風景な風景よりずっといいです♪
今年は日本は秋が短いような感じです。夏が暑かったせいか、
紅葉の美しい土地でも例年と違うようなことを言われていました。

着やすい洋服ってありますよね。
私も「あ~靴が~」って慌てることがあります^^;
数を持たないので、合わせられるものが限られるのです(笑)

自分に合う洋服に出会えると良いですね♪

ココリン | 2013.11.09 22:30 | 編集
くろくろさんへ

子供さんのキャラクターもの・・は、
難しいですよね。私が親だったとしたら・・・。
自分は持ちたくないと思っていても、
子供の世界があったりしますし、好きなキャラものって
あるでしょうね。それらも成長過程で必要だったり、
思い出になったりするかもしれないし。
色々ジレンマが生じそうです。
私ももらって嬉しいものは、消えてなくなるものです。
それでも自分では買わないモノでも、
いただくと使うモノというのもあるので、
一概には言えないところもありますが。
「贈り物」ってほんと、難しい。

子供の何気ない忘れた頃にでる言葉はドキドキですね(笑)
子供ってそういうもんなのでしょうね。
オトナはハラハラ、子供は無邪気、
それはそれで微笑ましくも思えますが。

って話しがそれてしまいましたが、
モノの持ち方もそれぞれありますが、
風通しよくして片付けやすく出し入れしやすくすると、
暮らしやすいのかなと思っています。
ココリン | 2013.11.09 22:44 | 編集
ぎゅうすけさんへ

先日のぎゅうすけさんの着てみないとわからない服もそうですが、
好きなんだけど着づらいと、着やすい服の方が出番が多かったり。

私も洋服が好きでいっぱい買っていました。
ブツヨクの塊のような(笑)
それで増えすぎて狭い収納がパンパンになり、
断捨離してみて、自分が暮らしやすいスタイルが見えてきた感じです。
でも決して捨てることに一所懸命になりすぎず、
無理することはないと今でも思っています。
ただ、片付かないと悩むなら、まずは減らすことも考えなきゃと
思っていましたから^^;
少なくなってから気づいたこともありますし、
でも欲しいモノはやはり次々でてきます。
でも衝動買いがなくなりました。これだけは大きく変わったかな^^


ココリン | 2013.11.09 22:51 | 編集
こんばんは〜
風通し…衣類こそ、最近やっと判別がつくようになったけれど
他のものに関してはまだまだです(´Д` )
特に、書類とか取説とか、大変!
なんとか今年中にとは思ってるのだけれど、考えが全くまとまらなくて(´Д` )
収納グッズ買い揃えても使いづらかったらどうしようとか思うと、中々前に進めません。
お金をかけたくないので、うまいこと100均で揃えようと思ってるんだけれど…ね。

紙類も、先ずは風通し良くする事から始めようかな?
hanon | 2013.11.10 21:03 | 編集
hanonさんへ

お返事遅くなってごめんなさいね。

こんばんは。
紙類はクセモノですよね~。
片付けても処分してもやはり増えてしまいます。
取説も時々見なおさないとあっというまに膨大になって(笑)
そうですね、収納グッズも自分が使いやすいものにしないと、
無駄になってしまいますもんね。
hanonさんにとって出し入れしやすいものが見つかるといいですね♪


ココリン | 2013.11.11 17:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top