06.24
Mon
自分の持ち物を自分でも、持っていたことを忘れていたり、
把握できず、それでいて物欲だけはしっかりあって欲しくなる。
欲しかったものが持てるようになると、それはそれで嬉しくなるし、
心も満足していたけれど、どんどん目移りしたくなる魅力的なモノは
世の中溢れているので、限りがなく。
それでいて、部屋を片付けたい、すっきりさせたい。
という気持ちはムクムクあるのに、思うほどスッキリできなかったり。
モノの数を減らしたら、当然多いよりはすっきりするのだけれど、
ついつい雑誌で片付け特集など見てしまうと、
同じ環境でないにもかかわらず、これ揃えたらスッキリするとか、
ハコモノに目がいきがちになったり。
で、減らしているのか増やしているのか本末転倒になったり。

またモノを減らす過程で、自分の気持ちに納得できていないのに、
捨ててしまったりして、後悔やその反動でリバウンドしたり。
時には奮い立たせることも必要だけど、
どこか「捨てなきゃ、捨てなきゃ」「やらなきゃ、やらなきゃ」と
自分の気持ちが動いていないのに、周りに流されたり、
突かれるように片付けしても、元の木阿弥になったりすることも。
していることがしんどかったら意味がない。
自分のココロもカラダも自然にその気になることの方が大きいと思う。

時には、いろんな本を読んでこんなふうに、あんなふうにと思うことが
増えても実際はなかなか難しかったり。

DSC05525.jpg

心地良い暮らしなんて100通りも1000通りもある。
自分(家族)が心地良いと思える暮らしで良いんじゃないかなと。
多少の生活感があって、家族の息づかいが聞こえてくるぐらいの
散らかりも含めて心地良いと思える部屋であれば、
良いんじゃないかなーと思う。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top