06.07
Fri
ずっとひそかに木製のレードルを探していました。
ひそかに・・というのは、我が家にはこれまたずっと迷って決めた、
ステンレスのレードルがあるので、買い替えでなく追加。

できるだけモノを増やさずに・・と思いながら暮らしているのに、
木製のものが必要不可欠となり、購入に至りました。

大きいサイズのレードルを決めたきっかけとなったレードルも、
とても使えるレードルで、本当に手に入れるまで時間はかかりましたが、
買って良かった台所道具です。
本当ならこれで増やすことなく・・落ち着くはずでした。
先を見越して、レードルの素材を考え購入することも
頭をよぎりました。が、その時点で我が家に使いやすい、
手入れのしやすさを考えじっくり選んだものなのでそれはそれとし・・。

DSC04706.jpg

で、新しく木製のレードルをお迎えしました。
WOOD&I/キッチンツール

DSC04712.jpg

最初、柄の部分は我が家の大きなレードルくらい欲しいかな?なんて
思ったのですが、案ずるより産むが易しで、
柄の長さも問題なく、小さなレードルより掬う部分も大きく、
カーブした柄が使いやすそうなのと、美しさに惚れてしまいました。

++

気に入ったモノをじっくり選ぶ。
思いつきでモノは買わない。
間に合わせ的な考えで、手に入れない。
妥協する時は、妥協点を上回る点をみつけてから。
どんなものも、手にいれたら大事に使いながらも、
「モノはいつかは壊れるもの」と思うこと。
使うために作られたモノは使ってこそ。もったいがらずに使う。
惹かれる気持ちは強くても、執着しない。

私のモノへの向き合い方です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top