05.16
Thu
昨日の家電の話ついでに・・。

我が家は2年前の大震災まで、電気ケトルが大活躍していました。
最初、電気ケトルを手にしてからは、ガスで沸かすより早いし、
ガス料金と比較するとお得感があり、調理する時もまずは
ケトルで沸かしたお湯を使っていました。
過去記事でもご紹介しているのですが、
働きモノのスグレモノなんて書いていました^^;

震災の計画停電を機に、魔法瓶の良さが再認識され、
白湯を飲む習慣ができ、ガスで沸かして飲む方が、
白湯がおいしいと気づき、ますます魔法瓶が活躍し、
それとは逆に、電気ケトルの使用が少なくなりました。
時短で沸かしたい時があったり、活躍している部分もあるので、
ケトルの処分には至っていません。
またやかんの買い替えがあれば、
見直しする必要性があるかなと思っています。

DSC03042.jpg

前置きが長くなりましたが、

実家では昔は保温ができる電気ポットを使っていました。
が、以前記事にも書いたとおり、実家でも保温できるポットの
必要性がなく、数年前、電気ケトルを贈りました。
その時、我が家で使っているケトルにしようかと思ったのですが、
我が家のは湯量の調整ができないので、母には使いづらいかも
しれないと思い、象印 電気ケトル CK-FE08にしました。
レバーで調整できるので少しずつお湯がでて注ぎやすい。
蓋の内部までは丸洗いできませんが、蓋が取り外せるので、
洗いやすい。転倒湯もれ防止、お湯が湧いたらお知らせブザーが
なったりと至れり尽くせり。
あれ、昨日の記事とは逆のことを言っている・・とツッコミを
入れないでくださいね^^;

そして魔法瓶もそれまで母が使っていたものが蓋をまわして
お湯をだすタイプでした。指がこわばっているので、
回しづらくなっていたので、我が家と同じものにしようか・・と
思ったりもしたのですが、転倒した時のことや、
レバーで調整できるでお湯が勢いよくでないこと、
口の広さ、手入れのしやすさを考えて、
サーモス ステンレスポット THS-1000にしました。

もちろん選ぶにあたって、母の希望を聞きながら・・ですが。
小ぶりで持ち運びしやすいもの・・・と考えると、
電気ケトルは我が家の方が重量は若干軽いのですが、
こちらは魔法瓶と違って、キッチンに置いたままなので、
問題ないと思いました。
母にとってはどちらも使いやすいものとなりました。

あくまでうちの母の場合の話しとしてですが、
見ためで選んでもちょっとしたことが、
本人には使いづらそうであったりします。
が、やはり「使いやすさ優先」が良いような気がします。

便利なものが使いやすいとも言い切れない。
昨日の記事とかぶりますが、色々便利機能が付いていても、
使いこなせなかったり、逆にむだに機能がない方が良い場合も。

使う人に必要な機能で、扱いやすいもの、
そして手入れが億劫にならず、しやすいもの。
そういうふうに考えていくと、周りがこれが良いと思うものと
本人の使いやすいものとの違いがでてきたりします。
今後も、自己満足にならないように気をつけたいと思います。

+++++

ずっとブログを読んでくださっていらっしゃる方は、
ご存知だと思いますが、私は母が歳をとってからの子供なので、
母は年老いています。なので、家電についても、
母を見ていて、使い良さを考慮しています。
なので、我が家の使っているものと比較していますが、
これがダメだとかそういうわけではありませんので、
誤解のないようお願いします。<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top