05.15
Wed
P1110268.jpg

大きな家電が壊れたり故障したりすると慌てますね。
少し前、実家の冷蔵庫が壊れて買い替えをしました。
以前の冷蔵庫はかなり年数も経っていて、
容量も大きなものでした。
けれど、1人暮らしの母にとっては、大きな容量のものも必要ない、
ということで、多機能つきではないシンプルなものになりました。

冷蔵庫は今まで使っていたものと使い方が大幅に変わることは
ないですが、新しい家電の多くは多機能のものが多いですね。
歳をとってくると、本来便利な機能でも、
なまじそういった機能がない方が、本人には使いやすいということが
あります。使い慣れた家電と違って、進化した家電を使いこなすのは、
説明書とにらめっこしながら、時間もかかります。

テレビの録画だって、ワンタッチでできる時代ですが、
それでも、録画が重なったりすると録画モードの変更をしたりせねばならず。
ややこしい~ってこれは私のことですが^^;

もちろん、お歳を召された方でも、色々な機能を駆使されている方も
いらっしゃると思います。また、多種多様な機能付きの家電は、
今までなかったものができたり、逆に使いやすくなったり重宝します。
けれど、もともと機械モノが苦手だったり、歳をとってくると、
付いていても使わぬ機能があったり。
付いている機能が必要ない場合もありますが、
設定の仕方がわからなかったとか、難しいことが億劫になるとか、
そんな理由もあるのかもしれません。

複雑な機能が増えると、それだけメンテナンスも必要になってきます。
冷蔵庫の自動製氷機も、勝手に氷が作られるから便利ですが、
製氷機の掃除をしっかりしないと雑菌がついたり。
昔ながらの自分でひっくり返して作る製氷皿なら、
ちゃちゃーと洗っておしまいなのが、案外使いやすかったりして(笑)
・・とこれも実家の母曰くなんですけどね。
ずっとやっていたやり方に慣れてしまうと、新たなことを覚えることは
だんだんしんどくなってくるのでしょう。

とはいえ、昔のやり方がベストだとも限らない。
便利になって使いやすく楽になったということもあるので、
一概には言えませんが・・。

ガスコンロでも、安全装置機能や自動消火機能、湯沸しタイマーや、
揚げ物温度設定など多機能のものが多いです。
もちろん、安全機能がついていると万が一の時にも安心ですが、
揚げ物温度設定も・・お家で揚げ物をする機会がなくなると、
必要ないものだなーと思ったりします。
付いていて使わないなら使わなければいいじゃない・・って話にも
なるんですけれど・・。

最近は、取扱説明書もずいぶん薄くになってはいますが、
それでもテレビなどは結構分厚い。
機能が増えればそれだけ説明書の内容もいっぱいになるので、
しょうがないと思いますが、アレは読みこなすだけでも大変。

携帯だってスマホじゃないけれど、ちょっと手がさわって、
設定がおかしくなったと言われ、説明書を見てごらんと言っても、
やはりいまひとつわからなかったようで・・。
帰省したとき、横で説明して問題も解決したのですが。
図入りの手書きで、ピンポイントで必要な手順を書いてきました^^;
これの方がわかりやすいと言ってもらえてよかった・・ε-(´∀`*)ホッ。

歳をとってくると、最小限の機能限定であっても、
シンプル機能で十分かな・なんて思ったりもします。

+++++

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top