04.25
Thu
今でこそ、温水洗浄便座って珍しくないですが、
その昔、CMで「おしりだって、洗ってほしい」なんて
キャッチコピーはセンセーショナル。

「手が汚れたら洗いますよね?紙で拭く人っていませんわよね?
おしりだっておんなじです」なんて女性歌手が語る。
それまでおしりは拭くものが一般的で、
おしりを洗うなんて~ショーゲキ的だったと思います。

理屈を考えれば、そうだよね・・汚れたら洗う。
うんうんってな感じ。
だからどんどん普及していったのでしょうね。
今では温水洗浄便座というより、ひとつのメーカーさんの商品名の方が、
わかりやすかったりして。

前置きが長くなりましたが、トイレの話しではないのですが、
「汚れたら洗う」まさしくそのとおり。

でも、やっぱり「拭く」ありき。

これは皆様もご経験ありだと思います。
シンクの水周り、拭くだけで水道水のカルキ汚れ、
白残りの付着はある程度軽減できますよね。
でもついちゃったものは、ゴシゴシしたり。

1人暮らしの友が、平日、連日連夜仕事がハードで掃除もままならない。
特にお風呂掃除が面倒くさい。平日はシャワーがほとんどだから、
浴槽も湯垢もつかないし、壁はほとんど洗わない、と。
でも、窓もない浴室で、換気扇を回していても、
たまたま湿度と温度のバランスが丁度よかったのか、
うっすらピンク色になって、ヌルヌルを発見。
まあ黒カビではなかったから、事なきを得たのですが。
その友が、やっぱり掃除はこまめにできない、時間があったら、
眠りたいし、でも、週末はきれいなお風呂につかりたいという。
どうしたら良いものか?と私に話しました。

そりゃもう、

拭くしかないっしょ!

お風呂からあがる時に掃除ができればベストかもしれない。
でも、夜遅くだと面倒だよね。
シャワー浴びた後、洗うのでなく拭く。
カランも拭いておくだけで、水滴の白残りもない。
浴槽も壁もドアも拭く。

丁寧に拭き取るのがいいけれど、
ざっと拭くだけで、全然違う。
理想は乾いたタオル。でも、水気が絞れるくらいでなければ、
体をふいたタオルで全然問題ない。
掃除の時間がなくて洗わなくとも拭く!
日々の数分、歯磨きのように習慣化で後々ラクラク♪

その後、友はお風呂掃除が苦にならなくなったと^^



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top