04.03
Wed
片付けに於いて、どんなにゴミのように見えても
たとえ家族のものであっても勝手に捨てない。
掟とも言えることですが、昨日の記事で、
その掟を破りました。
とはいえ、使えなくなったボールペンや、
数年前のひっつかなくなった絆創膏だったり、
消耗品で使えないものだけを捨てました。
実は、画像はありませんでしたが、
いれていた紙袋も破れかかっていたので、
片付けようという理由もありました。

とりあえずこんな状態にして、書類には手をつけず、
ざっくりひとまとめにしただけ。

P1090643.jpg

夜、帰宅後、事の顛末を話しました。
勝手に片付けたことを咎められるかと内心心配もあったのですが、
笑顔でありがとうと言われ、きちんと収まったのを見て、
「おぉ~すっきりした~」と。
なので家庭内紛争は勃発せず(笑)
ケースの中の細々したものは袋にいれているけれど、
後は自分でわかりやすく整理してねと。

以前、テレビで片付けられない女性が、
「モノが溢れて落ち着いている」と言った時、
その気持ちがなんとなくわかる・・と言っていたっけ。
ただ、「片付ける気持ちがないとどうしようもない」などと、
一見相反するようなことをのたもうてました。
汚いのが良いとも思っていないけれど、
カオス化があまり気にならないようなところがあるということ。
まさしくソレなんだと思いました。


勝手にしていいのか随分迷った末のことでしたが、
・肝心なものには手をつけない。
・使い勝手というものがあるから、ざっくりとまとめても、
 後は使う本人が整理整頓する。
・あちこち分けず、ひとまとめにしていること。

それと家族であっても、どんなものも触れてもらいたくないと強く思う人と
そうでない人がいるので、そこは気をつけながら・・ですが。
我が家の場合は後者より・・です。
かといってなんでもかんでも、踏み込めるわけではありませんが。

片づけたり処分する時は、持ち主本人がしないとダメだし、
片付けてくれる人任せにしちゃいけない。
片付けのお手伝いはできても、
自分自身片付ける気持ちにならない限りダメ。

なので今回「暫定的な片付け」でしたが、
割れ窓理論のように、片付ける気持ちが芽生えればいいかなーと
そんな程度に思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top