03.29
Fri
先日、明け方、階下の雨戸の音で目が覚めました。
時計を見たら、朝の4時です。

朝の4時!

いったい何時や思てるのん!
って叫びたかった。

以前、階下の音について記事にしたことがあります。
とにかくドアの開け閉めがガサツ。すごく響くんです。
階下の住人からしたら、下から上に音が響かないと思っていたのか、
野中の一軒家に住んでいるような感覚で、音には無頓着でした。
掃除機の音や洗濯機の音など多少の生活音は仕方ない。
でもとにかく半端ない音でした。
裏の戸建の子供の声が五月蝿いって、話していましたが、
私にしたらアナタ(階下)のところの音の方が、
よっぽど五月蝿いよって思っていました。

他の住人たちも夜遅い帰りの方もいらっしゃいますが、
戸の開け閉めには気を遣ってらっしゃるのがよくわかります。
子供がいらしたお家もありましたが、
ふだんの暮らしででる生活音は仕方ない。
ちょっと気をつけるだけでずいぶん違うのに、
そういう心遣いが全くなかった階下。
こちらだけが気を遣うのも馬鹿らしくなるほどでした。

まだ陽も明けていないこの時間に、
いつものごとくガラガラ、ドタンバタンと、
容赦のない雨戸の開け方でした。
雨戸のみならず、窓もバタン!バシッ。
カーテンの音も豪快です。
毎度のことながら、縮み上がりそうになりますが、
この日はあまりにも非常識すぎます。

一瞬何事かと思いました。
その後、階下から何やら物音がずっと続き、かすかな話声も。
何を始めたのかわかりませんでしたが、しばらく続いていたと思います。

変な時間に起こされて、なかなか寝付けませんでした。
その日は一日中、しんどかった(;´д`)

その後、いつも洗濯物の匂いがあるのに、
匂ってこなくて、留守かなと思いきや階下で音はします。

夕方頃、外から「オーライ、オーライ」の声が聞こえてきて、
引越し業者さんのトラックがやってきました。

階下の引越しでした。
まさかの展開でした。

あぁ、だから朝っぱらから音がしたのか・・と妙に納得しましたが、
何も早朝から雨戸を開ける必要はないんじゃないの?って思いました。
開けたところでまだ暗いだろうに。
百歩譲って、朝のお引越しなら、まだわからなくもないけど、
夕方だったし、前日も家にいらっしゃった様子だったし。

そして、以前、階下の住人のお隣が引越しして行った時、
私に「◯◯号室の人、挨拶に来た?」って聞いたことがあるんです。
私が「いいえ」と答えると、
「お宅もなかったのね、挨拶もないのは、なんだかね~」と言っていたのに、

階下の住人も、挨拶なくお引越しされました。

まあ当然と言えば当然ですね。雪が積もった日でも雪かきもしないし、
外で「こんにちは」って挨拶しても挨拶はかえってこないし。
別に挨拶を期待していたわけではないのですが、
他人のことを色々言っていたのに、自分はどうよ・・って感じです。

でも、正直言ってほっとしました。
これで土日の早朝の布団叩きの音や、1日何度もする窓や戸の開け閉めで
響く大きな音、玄関が壊れそうな勢いでバタンとたてる音や
どれだけ柔軟剤をいれているのか、というくらい放っていた
洗濯物の匂いからも開放されました。

それにしても最後の最後まで迷惑千万でした。

でもまた新しい住人が越してきたら、また新たな問題が
起こるかもしれませんが、今はとりあえず静けさを取り戻しました。

とりあえず(´∇`)ホッ

house07.gif   house09.gif   house08.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top