03.01
Fri
洗濯槽の掃除については以前の洗濯機の時の掃除の模様を
過去記事で書いていますが、定期的に掃除をしないと、
酷いことになることは十分認知しました。
今は、穴なし槽の洗濯機なので、槽の内側にピロピロわかめがでることは
ないですが、槽洗浄をするときは外側までするようにしています。
穴なしステンレス槽の利点は外側の汚れが逆流しないですが、
洗濯後に水分を拭きとっても、以前の洗濯機以上に、
ステンレスの曇りと水垢が気になります。

以前使っていた洗濯槽クリーナーはもう販売されていないようですが、
今は酸素系漂白剤で槽洗浄をしています。
ですが、前から気になっていた洗濯槽クリーナーがありました。
成分に過炭酸ナトリウム、炭酸ナトリウム以外に、
純石けん分(脂肪酸ナトリウム)が入っているというもの。

洗濯機の「槽洗浄」機能にお任せすると、
お水が注水されるのでお湯のバケツリレーをして、
最高水位といいつつも、以前のように上いっぱいまで達しないので、
ギリギリいっぱいまでいれました。これだけでもシンドイ作業です。

P1070212.jpg

外側までの洗浄となると、排水ホースをたてかけて、

P1070218.jpg

つけ置き洗浄が終了したら、排水ホースにたまっている水が
でなくなるまで、バケツでうけます。
放ったらかしにできないので、手間がかかります。

P1070220.jpg

最初はこんなふうに汚れがでます。
これを数回繰り返し、最後の水もやはり汚れがでてきました。
やはり汚れが付着していますね。でも洗濯物には付着していないので、


裏側まで見ることはできないので、どれだけきれいになったかなんて、
わかりませんが、数ヶ月ごとの洗浄は必要な気がしました。
でも、一見、ステンレス槽もピカピカになったと思いきや、

P1070225.jpg

近づいてよ~く見ると、(ここが大事。ライトを照らして見ました)
白色のカスのようなものがついていました。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

P1070226.jpg

酸素系漂白剤で洗浄していた時には見られなかったような気も
するのですが、記憶が曖昧です^^;

柔らかいタオルでわりとしっかり拭いて取りました。
ほっ。なんだかな・・(-_-;)

P1070230.jpg

使用したクリーナーの成分と水道水の硬度と関係があるのかな。
我が家はキッチンでも白く残りやすいので水が硬めのような気がします。
それとも洗濯機との相性かしらん。
なぜなんだろう・・という疑問は残りましたが、
キッチンシンク同様、ステンレスの輝きが気になります^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top