01.24
Thu
非常食のこと。

日常生活で使う食材を多めに常備して、
古いものから消費して、半分になったら補充していくという
「ローリングストック法」
食材が多めにある状態をキープしながら循環させるのは
消費期限のムダがなくなる・・・確かに理にかなっています。

我が家はストック品は持たず、備蓄品は分けて考えていました。
一昨年の震災までは、長期保存できるごはんと、
ビスケットの類と水だけでした。
その後、少しレトルトのごはんやインスタントラーメンも
備えた方が良いのかしら・・と思って買ってみました。

ただ、インスタントラーメンやレトルト食品はほとんど
日頃食べないので、つい消費期限近くになってしまい、
「食べなくちゃ」って迫られる感じで、必死で消費しました^^;
これじゃあ長期保存食品と大差ない・・(;´д`)
結局インスタントラーメンやレトルト食品 気になりつつも、
ストックしていないという状態になってしまいました。

その後どんな方法が我が家にベストなのか、
あれこれ試して思ったこと・・・。
「水」はいうまでもありませんが。

レトルトのごはんも長くは置けないけれど、
まだ1番消費しやすいしものです。

P1050627.jpg

我が家の場合、干し野菜や、野菜の保存法の工夫したり、
乾うどんや佃煮やスープ。ゼリーや飴などのお菓子とか、
比較的食べるであろうと思う缶詰等を心持ち多めに選んで、
消費して補充して循環することにしました。

あまりストック品を持たぬ暮らしなので、長期保存できるお菓子缶や
長期保存食もやっぱり欠かせないと思いました。

P1050631.jpg

もちろん消費期限が間近になると、消費して新しいものを
補充しなくてはいけませんが、「非常食もミックス法」が
我が家にはあっている気がします。
今年の夏には期限が切れるものが次々でてくるのですが、
お家でふだんの食事としていただけることを祈ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top