01.14
Mon
昨日立ち寄ったスーパーで、「明日は雪の予報ですのでぜひ」と
いう謳い文句で雪かきセットが販売されていました。
それを見て、まさか~と思っていましたが、朝起きてみるとびっくり。
雨からみぞれのようになり雪が降り、みるみるうちに積もってしまいました。

P1050501.jpg

夕方前には雪もやみま雨となりました。
皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか?


+++++

ここからは、ブログのコメントについての記事ですので、
興味のない方はそっと閉じてくださいね。
かなり長い文章になります。

以前にもブログのコメントについても書かせていただきました。
サイドバーにも「お願いとおことわり」にも記載させて
いただいております。

このブログは私の個人のブログです。
シンプルな定義も人それぞれなので、人によっては
ブログを読まれて、意に沿わないこともあるかと思います。
またプロの小説家でも写真家でもありません。
なので読まれる方によっては、見づらい、読みづらい、
写真の撮し方が悪いといったこともあるかと思います。
そして、ブログ内での夫の呼び方についても、
以前、ご説明させていただいたのでここでは重複するので、
あらためて書きませんが、変わっていると思われる方もいらっしゃるかと
思います。感じ方は千差万別。

ですが、それでも、これでもか、これでもか、と
同じようなコメントをいただくので、
サイドバーの「お願いとおことわり」に記載させていただきました。
しかしながらまた、身内にちゃんづけがおかしい、赤ちゃんならアリとかの
コメント、呼び方についてセンスがない、
料理の写真が白黒でおいしそうじゃないなど、
また立て続けにコメントをいただきました。

写真についても、カラー写真が全てでもないと思っていますし、
思ふことがあり白黒で載せている部分もあります。
確かに料理の写真が白黒かカラーかどちらがおいしそうか?と
問われるとカラーの方がおいしそうに見えるのかもしれません。
私のブログですし、表現の自由だと思っています。
写真の評価を求めているものでもありません。
私のブログを不愉快に感じられるなら、
黙って閉じてくださるという選択肢はないものでしょうか?
なにがなんでも攻撃的なコメントを残さずにはいられないものでしょうか?
読み流すということはできないものでしょうか?

私のブログが面白くない、こんなブログがランキングに登録しているのも
不愉快なのかもしれません。そう思われるなら閉じて下さいますよう
お願いします。

今回のことも記事にせず、サクッと削除しようと思いましたが、
コメント欄を閉じているにもかかわらず、
普通はしたくないであろう「拍手」の「拍手コメント欄」にまで、
名なしの権兵衛さんで、それぞれの記事に
非公開でコメントを残されました。

ブログも個人的な好みもあるかと思います。
書き方、写真、内容、様々です。
読みたいものを読めば良いと思っています。
意にそぐわないものなら読まなければ良いと思います。
でも、時間を割いてまで中傷的なコメントを残す意味が
よくわかりません。

以前、コメント欄をオープンにしていた時、あきらかに記事とは関係ない
コメント、不可解なコメント、嫌がらせとしか思えないようなコメントを
オープンに残しておくのも嫌だと思い、承認制にさせていただきました。
承認制にしても嫌なコメントを残せば、書き手である私には、
否が応でも目にふれ、面白がっているのかもしれません。

悪意に満ちたコメントも、ある程度スルーして削除したりしましたが、
ブログの一部分だけで判断されて、私の何を知っているのかわかりませんが、
家族のことまで中傷したりしつこいコメントが続いたので、
再度ブログでお願いしました。

それでもこういうことはブログを続けている以上、
「やまぬ行為」なのだと痛感しました。
それから、私自身の体調やら思うことがあったり、記事の内容などで、
その時々の状況でコメント欄を閉じさせていただいていました。

また、こういうコメントで気に病むなら、
ランキングに登録しなきゃいいんじゃないか?というコメントも頂きました。
色々考えてもみましたが、それが最善策とも思えず、
温かいコメントで応援してくださる方のお気持ちを支えに
そのままのスタイルにしました。

昨年末から新年にかけて暫く更新をお休みしていました。
これはコメントのこと云々だけで更新しなかったわけではありません。
健康のこと、家族のこと、この先の不安も重なり、
ブログについても思うことがどこか尾を引いていました。
なので、このまま閉じてもいいかな・・っていう思いがあったことも
正直なところです。
ですが、このままブログを閉じるんじゃないのかしら?って
心配してくださったり、初めてコメントくださった方からの
温かなコメントを読ませていただいて、
正直な気持ち、すごく嬉しかった。そして更新がない時も
読んでくださっていた方がいらっしゃって、応援してくださったりして、
折れそうな心が救われたりしました。

本当はコメント欄をあけて、今まで交流のある方、そうでない新たな方と
お話をしたいと思っているので、コメント欄を閉じたままというのも
複雑な思いもありました。

嫌なコメントもある程度「またか・・」と思いつつも
削除して気にしないようにもしてきました。
ですがその一方で、コメントの通知が来る度に、
恐る恐る・・という思いもずっとありました。
そして、「拍手」してまで、嫌なコメントを残すという
非常に意地の悪い方もいらっしゃるということがわかりました。

そして度々こういうことを書くことで、
ずっと好意的に読んでくださっている方に、
不愉快な気持ちにさせてしまう心配もあって、
拍手コメントのコメント欄を閉じさせていただきました。
せっかくのFC2のサービス機能、こんな形で使えなくなるのも
非常に残念でなりません。今後のことも含め考えたいと思っています。

新年早々、こういう記事を書くことになり、大変申し訳ありません。
どちらのコメント欄も閉じさせていただいておりますが、
また皆様のところにはお邪魔させていただきとうございます。
一方通行な形となりますが、宜しくお願いいたします。<(_ _)>



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top