12.21
Fri
キッチンのシンクを洗う時、どんなふうに洗っていますか?

a くるくる円を描くように洗っていく。

P1040872.jpg

b 上から下へ磨いていく。

c ステンレスの目に沿って一定方向に磨いていく。

P1040873.jpg

以前はシンクの側面(縦の部分)は、上から下へ洗った方が、
水が流れやすいと思っていました。
でもプラスティック製のバスタブ同様、
ステンレスにも「目」があるんですよね。
力任せにクレンザーをつけてガシガシ洗うと傷もついてしまうので、
ステンレスの目に沿って洗うことで、よりシンクもピカピカになります。

cのようにステンレスシンクは、目に沿って一定方向に向かって洗っていく。
これ重要ですよ(*^^*)

P1040874.jpg


シンクの縁部分、白いうろこ状のものが点々とつきやすいので、
ここもシンクの目に沿って洗うことで、
水がたまりにくく、流れていくので水垢もつきにくいです。

あと四隅の部分も磨き残しが多くなり水垢も残りやすいところ。

P1040875.jpg

我が家は以前にもご紹介しましたが、日常はふきんソープで
シンクを洗っています。が、今回はコレを使いました。

合成洗剤から切り替える時に活躍したこのオリブキッチンソープは、
クレンザーの役目もしてくれます。石けんで油汚れを落とす時、
洗浄成分が足りなくなって起こる、ネチネチした汚れが気になる時も
これですっきりきれいになります。

曇ったシンクやお鍋もすっきりきれいになります。

P1040882.jpg
(3個パックになっているのでこのような状態でお見苦しくてすみません)

研磨剤として珪藻土がはいっています。

P1040891.jpg

しっかり洗い流した後は、水分をしっかり拭き取ります。

P1040885.jpg

固くしぼったふきんよりも、乾いたふきんで拭く方がベストです。

水栓やシンク内に残った水滴を放っておくと白残りがでて、
放っておくと取れづらくなるので、その時はクエン酸パックをしたり。
でも、毎回きちんと拭き取るだけでも、汚れの付き具合が違います^^

+++++
12/21 コメントくださった はおはおさんへ

「大根飴」だんだんとシナシナになっていきます。
汁を飲みきった後で、その大根を食べられる方もいらっしゃるようです。
でも、我が家は、十分エキスがシロップにでたと考えて、
漬けたお汁だけいただいて、大根は食べないです^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
読んでくださってありがとうございます。
ひと押しくださると嬉しいです。



back-to-top